MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

川崎に関する

表示順:
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
この釣りの魅力は、沖釣り初挑戦のビギナーでも簡単に楽しむことができること。そして釣技を極めれば奥深く、数を求めたこだわりのベテランにも大人気だ。
手軽に美味しいアジが釣れる東京湾のLT(ライトタックル)アジが人気だ。都心からほど近い川崎の「つり幸」では、親子連れや女性を交えたグループ釣行者などで連日賑わいを見せている。
年間を通して釣ることができる東京湾奥のLTアジ。手軽で簡単に楽しめることから、家族や気の合う仲間とワイワイ盛り上がりながら楽しめる人気のターゲット。
夏のおいしい魚を手軽にゲットしたいなら、東京湾のライトタックルのサバ釣りがオススメだ。川崎「つり幸」では、午前船、午後船の半日釣りでLTサバ乗合に出船しており、35〜50㎝前後の大サバ主体に40匹、50匹と数釣れ、クーラー満タン早揚がりという日も少なくない。
脂が乗っていて美味しいと話題の横浜沖周辺のアジ! 平日なのに10隻以上のアジ船が集まっている人気ポイント。その美味しいアジを狙って、4月23日に川崎「つり幸」さんの午前LTアジに乗ってきた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読