MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

走水に関する記事

走水に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者やファミリーにもオススメだ。
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
走水のアジが好調だ!! 走水港「政信丸」では、トップの釣果が30〜40匹と好釣果が続いている。この釣果は数としても好調だが、型もいい。アベレージサイズで33㎝。40㎝クラスが釣れることも珍しくない。この良型アジが30匹も釣れれば、十分なお土産になる。
秋はマダイが数釣りできる。これはタイラバでも同様だ。走水港から大潮回り限定で、月に10日程度をタイラバ乗合で出船する「政信丸」では周年走水沖を狙い、船を流しながらマダイを狙い撃ちする。
走水の激旨アジが堅調だ! 9月13日に走水港の「政信丸」を取材したが、竿頭の釣果が41匹、次頭が34匹だった。
昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!
東京湾のアジ釣りが夏の好シーズンを迎えている。6月26日に取材した、走水港「吉明丸」の釣果をさかのぼって見てみると、トップの釣果が、39匹、55匹、43匹…。この数を多くないと思った人がもしいるとしたら、ぜひ走水のビシアジ釣りを体験してみてほしい。
「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。
美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読