MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

飯岡に関する記事

飯岡に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
福(フグ)を釣って、めでたい(タイ)! そんな縁起の良いリレー船がある。飯岡港「龍鳳丸」のショウサイフグ&テンヤマダイのリレー船だ。
4月5月を除き、ほぼ周年ヒラメ釣りができる飯岡沖。夏ビラメが盛り上がっていたのが記憶に新しいが、各地でヒラメが解禁するなか、飯岡沖も相変わらず絶好調だ。
竿はひとつテンヤ用の2.4〜2.7mが扱いやすいだろう。これに小型のスピニングリールを組み合わせる。リールはとにかくドラグ性能がいいものを選ぶこと。大ダイや中ダイが掛かったときは、ラインを出さないと、まず取り込むことはできない。
飯岡沖では、夏のショウサイフグが連日好調だ。狙うポイントは水深20m前後。道具もシンプルなため、ビギナーでも手軽に楽しむことができる。
飯岡沖のテンヤマダイ釣りは、他のエリア同様、春の乗っ込みや秋がハイシーズンと思われがちだが、実はいまが注目されている。
「震災の後からシロギスの姿が消えましたが、仲間の船が試し釣りを行なったところ、まずまずの釣果が出ました。6年ぶりの復活です」と話してくれたのは、飯岡港「龍鳳丸」の佐藤純基船長。
夏は水温が上昇すること、また黒潮の影響で潮が澄む日が多いことなどから、ヒラメの活性が高くなる傾向にある。そのためアタリが多くなり、そのアタリもハッキリと出やすい。また、食い込むまでの時間が速くなると言われる。さらに釣れる水深も浅いので、夏のヒラメは釣りやすく、ビギナーにもオススメだ!
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読