MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

鹿島に関する記事

鹿島に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
常磐エリア鹿島北沖のブランドタコが早くも解禁&絶好調!根掛かり少なく1kg前後良型安定釣果をキープしている。開幕初日に約10人のマダコフリークが集まり、いま流行りの2個餌木仕掛けでマダコを狙った!!
鹿島沖の夜ムラサキイカが爆乗り中!釣り方は、ブランコ仕掛け&メタルスッテ!現在は良型のムラサキイカが大半を占め、トップ200ハイ超えもあるほどだ。シーズン最盛期のこの釣りをぜひ、体感してほしい。
夏が旬といわれるマゴチが浅場で釣れている。ここ数年で確立した釣り方はテンヤにソフトワームを装着するというもの。簡単に言ってしまえばルアー釣りだが、いまやエサ釣り師たちのスタンダートな釣法なのだ。
年明けに始まった鹿島沖のヤリイカ釣り。高水温の影響でどこのエリアも小ぶりで不調のなか、身厚の大型ばかり釣れることで、一躍鹿島沖が注目されている。ノーマルタックルはオモリ120号。11cmブラヅノサビキで。
ヒラメの魚影がすこぶる濃いことで知られる鹿島沖。昨年11月のヒラメ解禁後、絶好調を継続している。鹿島「大久丸」大川久明船長によれば、年明けからは、数狙いから大型ヒラメシーズンに移行するという。
鹿島沖のショウサイフグが依然好調を維持している。寒い冬といったら鍋。身体じゅうが暖まり、家族だんらんで楽しく味わうことができる鍋のネタには最高の食材だ。「鹿島北沖のフグを狙ってます。フグの反応を見つけて釣るからね。底に仕掛けを落としたらすぐアタリが出るから、軽くシャクるだけで掛かるよ」とは、鹿島「豊丸」の出頭豊一船長。
11月1日の部分解禁からスタートした茨城海域のヒラメ釣り。今期も例年通りの好発進を見せ、各船、規定となるツ抜(10枚)けのオンパレードを記録し、現在もその勢いをキープしている。
12月1日、茨城海域のヒラメ釣りが全面解禁した。当日はあいにくの雨模様であったが、海上は凪ぎ。朝いちから次々に竿が満月になった。
乗合船でブレイクした餌木タコ釣り。フグ船なのにほぼ全員タコ釣りをしていたというほどのタコの人気ぶりだった。さて、今期はというと、鹿島「幸栄丸」では、われ先にと10月20日に試し釣りを開始。その釣れっぷりに火がつき、連日多くのタコファンが鹿島港へ押し寄せている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読