MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

フラッシャーサビキに関する記事

フラッシャーサビキに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
出船が早い! 帰りも早い!!暑さと渋滞を避けてクーラーいっぱい!! 南房太海「聡丸」のフラッシャーサビキ~イカのリレー釣りを紹介!
外房小湊沖のイサキが好調!浅場で、30㎝前後のイサキが多点掛けで釣れ上がり、定数50匹達成も頻繁。好調イサキに加え、フラッシャーサビキ釣りのリレーも可能なのが、小湊港の「大栄丸」だ。
1月からオキメバル狙いで出船の銚子犬若港「孝進丸」。このところ25~40㎝前後をトップ20~35匹前後上げている。群れが固まり最盛期となる今後は、ひと流しで何回もこの多点掛けが続くというからタマラナイ!
外房・勝浦港「初栄丸」は、オニカサゴメインで絶好調!今期は魚影濃く安定釣果継続!本命オニカサゴとともに、大型のカンコ(ウッカリカサゴ)も熱い!勝浦沖はこの冬のイチオシだ!
房総では周年狙えるオニカサゴ。潮の流れがキーポイントとなり、適度に流れれば季節に関係なく好釣果が期待できるターゲットだ。そのオニカサゴを柱に、フラッシャーサビキやシーズン真っ盛りのヤリイカとのリレー釣りを楽しませてくれるのだ。
いよいよ梅雨明け夏本番!! カラッと晴れた夏の空はウレシイけれど、暑いのがたまにきず…。そんな暑がりなアナタには、涼しい時間に釣りをして、さっさと沖揚がりしちゃう『サマータイムフィッシング』がオススメ! 早めに揚がれど、釣果はタップリ、クーラー満タン、いいことずくめ。さぁ、「勝丸編」いってみよう。
午前3時20分、早朝とも呼べぬ真っ暗闇の中で出船。日中はうだるような暑さが続いているが、さすがにこの時間帯ならば、猛暑にやられることもない。早出・早帰りのサマータイム乗合、夏の避暑釣りやってみました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読