MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

波崎・信栄丸に関する記事

波崎・信栄丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
高級魚釣りのブームの発端となった波崎沖カンネコ根は例年どおりアカムツが乗っ込み最盛期を迎えている。波崎の老舗「第3信栄丸」の釣行レポート&アカムツベストシーズンを制するための基本釣法を紹介する!
釣り方はオモリ60号のサビキ釣り。タックルは、11月から好調に釣れているヒラメ竿が流用可能。竿選びで迷うのが、胴調子の軟らかいものか、先調子のものだ。このメバル釣りでは胴調子の軟らかめの竿がベター。
今年も待望の茨城海域のヤリイカが開幕しました! なんといっても魅力はヤリイカにしては浅い水深でパラソル級が多点掛けできること。そのお味は、絶品。釣り方も簡単! この機会を逃さずにビギナーからベテランまで常磐ヤリイカ釣りを堪能しましょう。
不動のエース三沢氏のアカムツ仕掛けはいたってシンプル。ハリスのアピールアイテムはマシュマロボールLサイズを1ヶ付けるのみ。ハリは太字ムツ18号を使用。 中オモリは10号を必ず付けるのが、彼の仕掛けの特徴のひとつだ。
シルバーウイーク前から波崎沖でキハダやキメジの回遊情報が飛び交っていた。すこぶる沖での回遊かと思いきや、なんと利根川河口沖7〜10マイル沖でイワシを捕食しているというのだ。
波崎沖約9マイル沖に広がる水深100〜150mの岩礁帯が“カンネコ根”だ。周囲は起伏が少ないなだらかな砂泥帯で、毎年9月10月にアカムツが産卵のためにこの根周辺に集結するピークを迎える。
波崎沖カンネコ根のアカムツは、今期6月に例年より1ヵ月ほど早く始まったがこれまではいつも通りの釣れ方をしていた。毎年、9月と10月がカンネコ根のアカムツの乗っ込み期。その本格化の合図は、40㎝前後の大型まじりで数釣りができること。1匹釣れれば御の字の激うま高級魚がなんとツ抜けしてしまうのだから、贅沢きわまりない。
いま、犬吠埼沖のキハダ(キメジ)&カツオがウルトラスーパー激アツだ。とくにキハダ! 波崎港「信栄丸」では、なんと18〜31㎏が船中12本!! という日もあったほど。
「カツオを狙うのは久しぶりだよ。東日本大震災以来かな。出船し始めたのは5月のGWから。今年のカツオは昇りなのに脂がのっていてすごく美味しいよ」 弾んだ声で答えてくれたのは、波崎港「信栄丸」の浮島和雄船長。
常磐沖にスプリンター集結中! ジギングで狙うワラサ、ブリ、ヒラマサが好気配だという。ガツンッと大物を釣り上げるべく、取材地に向かった。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読