MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

クロムツに関する記事

クロムツに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
更新: 2019-06-19 07:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
ドン深の駿河湾最奥部に位置する由比漁港。サクラエビ漁で全国的に有名な同港だが、深海釣りではちょっとした穴場。ヒラメが解禁となる9月~12月を除く9ヶ月間、由比沖の深海に案内してくれるのが「龍神丸」だ。
更新: 2019-04-03 07:00:00
潮が濁っていればクロムツ、メダイをメイン。コマセ釣りで、付けエサにはオキアミとサバの切り身。他にアジ、シロムツ、スミヤキがまじる。潮が澄んで凪ぎであれば、カイワリ、イサキ、アカイサキ、オキメバルなど。
更新: 2019-03-31 07:00:00
相模湾の春の風物詩「濁り潮」がやって来た。水温低下の温度差がプランクトンを海に攪拌し、水温上昇とともに増やし濁りをもたらす。この濁りが視界を悪くしキンメダイ、クロムツ等の深場の魚は、明るさを求めて水深200mほどのエリアに上がってくる。
更新: 2019-03-17 07:00:00
「源泉丸」では、クロムツ、アラともに200号のオモリを使用する。そのため、竿は200号のオモリに対応した先調子がオススメだ。
更新: 2018-12-18 01:03:49
「おすすめのタックルセッティングは、ラインはPE1.5号、リーダーはフロロの6号です。現在のところはエサ釣りと同船なので、メインラインは細いくても太すぎてもトラブルが多くなってしまいます。とくに太いと水切れと感度が悪くなってしまうので、一番バランスがいいのが1.5号です」
更新: 2018-12-14 00:55:48
勝浦沖の中深場を「ディープゾーン」と称し、高級根魚を追い続ける勝浦港「初栄丸」渡辺和明船長。
更新: 2018-10-30 02:30:14
クロムツとオニカサゴ、深場釣り、中深場釣りで人気のターゲットを1日で両方狙ってやろう。そんな贅沢な仕立釣りができるのが富浦港の「酒井丸」だ。
更新: 2018-10-26 01:02:17
初秋の深海釣りで、真っ先に頭に浮かぶのが「深海のルビー」ことアカムツ。北は東北青森から西は四国の高知までの太平洋と日本海。今やほぼ本州全域、津々浦々で「最もメジャーな深海ターゲット」となったこの魚だが、2㎏超の最大級を「狙って釣れる」ポイントはそんなに多くは無いだろう。
更新: 2018-07-27 01:18:20

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読