MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

新安浦に関する記事

新安浦に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
脂がたっぷり乗って、上品な甘みが非常に人気の東京湾のアジ。そのなかでも「猿アジ」と呼ばれる、横須賀沖猿島周りで釣れる体高がある幅広アジの味は別格だ。この時期は真子や白子を蓄える時期で太っているぞ!
更新: 2019-05-07 07:00:00
新年の竿初めにはアジ船がオススメ!「うちに来てくれたお客さんには、旨い金アジを釣って、食べて、喜んでもらいたいんだよね。だから型よりも金アジにこだわってるんだよ」と話す、「第一千代吉丸」の村上船長。
更新: 2019-01-16 00:54:58
この秋も猿島沖のブランド金アジが絶好調だ。新安浦「村上釣舟店」では、手軽な半日の釣りでトップ50匹オーバーも珍しくない。ポイントは、20〜40mと浅くビギナーでも飽きることなく楽しむことができるのだ。
更新: 2018-08-06 01:03:08
東京湾のタチウオは夏場から好調が続いており、どうやら今年は当たり年のようだ。半日船ではトップ20本前後の日が多く、ときには30本以上のときもある。
更新: 2018-08-06 01:02:47
残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣舟店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。
更新: 2018-10-26 04:45:20
アタリが頻繁に訪れても、なかなか掛からない。あの手この手でなんとか食わそうと努力するからアツくなる!そんなシーンが一日続く夏のタチウオ釣りが、盛り上がっている!!
更新: 2018-07-12 08:24:53
東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。
更新: 2018-07-02 01:07:38
金色に輝く体色から「金アジ」とも呼ばれる。そのなかでも、この時期に数を狙えるのが猿島周りの通称「猿アジ」だ。
更新: 2018-06-18 00:56:28

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読