MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

雑誌『つり丸』 休刊のお知らせ

最新釣果情報

ウスメバルに関する記事

ウスメバルに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
3点掛けや4点掛けは当たり前。アタリも明確で、数釣りモードで楽しめる!しかも、ジャンボメバルが多数!日立沖のオキメバル!お土産もバッチリだ!
3月の鹿島沖テンヤマダイ船は、ジグマダイ船になった!45~60gの小型タングステンジグが大活躍!うれしいゲストはホウボウ&メバル!ぜひ挑戦してみてほしい!
水温が上昇し、浅場で釣れ出せばいよいよ本格シーズン突入!釣って良し、食べて良し!日立久慈沖のカサゴ五目
日立久慈港「直重丸」は釣り方の自由度が高いスタイル!テンヤ&カブラにジグ、タイラバもOK!外道も多彩な魅惑のフィールドで、春の大型マダイを!
ゾロゾロ!ゾロゾロ!!多点掛けのダイゴミを味わいたいならコレ!!茨城・平潟沖のオキメバル!平潟港「第十五隆栄丸」の中深場オキメバル五目を紹介!
日立久慈沖のテンヤマダイは、昨年から中小型の数釣りが楽しめている。ハナダイ、ホウボウ、ショウサイフグ、カサゴ、アイナメ、ウスメバル、など多彩なゲストも魅力だ!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
日立久慈沖の激うまアカムツが開幕!今期は真沖の120mからスタート!日立久慈港「釣友丸」では当日、47㎝1.6㎏の大型もキャッチ!日立沖はいまがチャンスだ!
秋田県男鹿半島~山形県飛島沖のウスメバル釣り。釣り上げると脂肪の塊を吐き出すほどに、脂が乗った秋田のオキメバル。絶品です!
つり丸船宿一覧
つり丸ちゃんねる

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸定期購読