南房に関する釣り記事


夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

他地区より遅れて乗っ込みマダイが好調なのが千倉沖だ。千倉港「千鯛丸」では4㎏、5㎏の良型が連日コンスタントに上がり、キロ前後のサイズも数釣れている。取材日にも6.1㎏、4.6㎏の大ダイが顔を出した、マダイファンにはぜひ注目してほしい釣り場だ。


大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

南房・江見沖は急深の地形のみならず、近くに鴨川海溝を有する。これはアカムツの生息域を決定付けるなにものでもない。しかも、アカムツ自体の生体は深海魚という理由ですべてが解明されておらず、いまだ不明な部分が多い。


連日50匹OVER! 南房イサキの絶好シーズン、キターーッ!【南房総】

連日50匹OVER! 南房イサキの絶好シーズン、キターーッ!【南房総】

南房のイサキは3月に開幕するが、初期は水温の変化に敏感なため、なかなか安定しない。5月後半になると、水温も上昇しイサキの動きも活発化。それで、安定した釣果をもたらすのだ。


良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】

良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】

「40㎝オーバーのアカムツばかり10匹釣れましたよ!」という話を聞いたのは、5月初旬。しかも、オニカサゴやヤリイカなどの中深場タックルで上げたという。この情報を確かめるべく、さっそく南房・江見太夫崎「渡辺丸」へ釣行した。


キャスティング&ジギングで狙う青物&根魚【南房・布良沖】

キャスティング&ジギングで狙う青物&根魚【南房・布良沖】

房総半島の南端に位置する南房・布良。この沖には黒潮洗う“布良瀬”と呼ばれる非常に豊な瀬が広がっており、沖釣りではマダイやイサキなどの好ポイントとして知られている。


良型数釣り高確率! 南房のイサキ、本格シーズンへ【南房・洲崎沖】

良型数釣り高確率! 南房のイサキ、本格シーズンへ【南房・洲崎沖】

3月からスタートし、好調に釣れている南房のイサキ。春のシーズンはまだ水温が低めでシケ後など食い渋るような日も見られたが、水温が上がって安定してくる初夏からはイサキの活性がさらに高まり、安定釣果が望める時期だ。つまり、これからが本番というわけだ。


入れ食いの期待大! 活発そのもの!! 南房のイサキ【南房】

入れ食いの期待大! 活発そのもの!! 南房のイサキ【南房】

4月に入り水温の上昇と共に南房のイサキが食いだした。毎年同エリアではクーラー満タンの良い釣りをさせてもらっている。乱獲は慎みたいものだが、たまにはバリバリ釣りまくってストレス解消も良いものだ。


洲崎沖のイサキはこれからが数釣り本格シーズン!【南房・洲崎沖】

洲崎沖のイサキはこれからが数釣り本格シーズン!【南房・洲崎沖】

春の訪れとともに、釣果の知らせを聞く「イサキ」。まず南房総で最初の声を聞き、徐々にそのイサキ前線は房総半島に沿って北上していく。本日お邪魔した「早川丸」が宿を構えるのは洲崎栄ノ浦港。房総半島最南端、東京湾の入り口の洲崎灯台の麓に位置し、まさに南房イサキのスタート地点。今年も3月1日に開幕を迎えた。


多点掛け連発の洲崎沖のイサキ、釣れすぎだって!【南房・洲崎沖】

多点掛け連発の洲崎沖のイサキ、釣れすぎだって!【南房・洲崎沖】

南房、洲崎沖でイサキが数釣れている。今シーズンは魚影が濃いうえ、食いも安定しているようで釣果のムラも少なく好釣続きだ。洲崎港「佐衛美丸」では、連日トップ50匹を超え。日によっては70匹、80匹、さらには束釣りに迫る日もある。


マダイ乗っ込み盛期突入! イサキもデカイぞ!【南房・千田沖】

マダイ乗っ込み盛期突入! イサキもデカイぞ!【南房・千田沖】

南房・千田沖でマダイの乗っ込みがスタートし、良型~大型マダイが連日のように釣れていたのだ。4月中旬。ところが、春は天候も海況も安定しにくいとはいえ、まさかの取材日直前水温低下…。しかし、取材後は再びマダイの釣果が上向き、トップ7枚という釣果も出ている。


良型の数釣りが楽しめる相浜沖のイサキ【南房・相浜沖】

良型の数釣りが楽しめる相浜沖のイサキ【南房・相浜沖】

南房総・相浜沖のイサキが釣れている。当エリアのイサキは3月から開幕しているが、今までは水温が低く、型も不ぞろいだった。ところが、ここにきてグッと水温が上がり、数、型ともに満足できる好釣果が続くようになった。


ナイスサイズ連発の美味イサキ【南房・波左間沖〜平砂浦沖】

ナイスサイズ連発の美味イサキ【南房・波左間沖〜平砂浦沖】

知る人ぞ知る、激うまブランド!南房・波左間沖のジャンボイサキが今期も開幕。好調な滑り出しを見せ、ファンを楽しませている。


本番! 良型ずっしり!  南房のヤリイカ【南房】

本番! 良型ずっしり! 南房のヤリイカ【南房】

今シーズンのヤリイカは、東高西低? ってな感じで、どうも南房から相模湾にかけて元気がなかった感がある。しかし、4月に入ってからこのエリアにも活気が戻ってきた。南房ではヤリイカが大型化したと聞き、4月4日に白間津港「甚四郎丸」へ様子を確かめてきた。


イサキ好調! 他にも美味な魚種が揃うイサキ五目【南房・江見沖】

イサキ好調! 他にも美味な魚種が揃うイサキ五目【南房・江見沖】

船長の指示で投入すると、一投目から船中で竿がキュンキュン絞り込まれる。手繰る仕掛けの先には、2匹、3匹とイサキが連なった。これが「沖釣り道場」の様相を見せる「新栄丸」の真骨頂だ。


今年はどうやら初期からイイ感じ! 絶好調だ! 南房のイサキ【南房】

今年はどうやら初期からイイ感じ! 絶好調だ! 南房のイサキ【南房】

南房のイサキは3月に開幕するが、この時期は天候や水温が安定せず、釣果にもムラがあることが多い。しかし、今年は大風の日が多いものの中旬頃から釣果も安定。たびたび50匹オーバーも記録され全開宣言も。そこで3月20日、南房・相浜港「安田丸」から様子を確かめてきた。


海穏やかでじっくり楽しめる乙浜沖のオニカサゴ【南房・乙浜沖】

海穏やかでじっくり楽しめる乙浜沖のオニカサゴ【南房・乙浜沖】

オニカサゴを狙って釣行を予定していた3月26日も、前日まで吹いていた西風の影響で出船が危ぶまれていた。予報では風が収まり、凪ぎていくとのことで船宿に向かった。


本番の南房でイサキ本番! 手軽に数釣りが楽しめる!!【南房】

本番の南房でイサキ本番! 手軽に数釣りが楽しめる!!【南房】

今年の天候不順にはほとほと手を焼く。3月も中旬を過ぎたというのに真冬並みの寒さが続き、連日強風に吹きまくられる。誰かに八つ当たりしたくなるほどだが、八つ当たりで済む沖釣り師はまだいい。エリアによっては「3月になって出られた日は数日」という港も多く、船宿さんにとっては死活問題でさえあるのだ。


南房のヤリイカ最盛期突入、安定感ピカイチの白浜沖【南房・白浜沖】

南房のヤリイカ最盛期突入、安定感ピカイチの白浜沖【南房・白浜沖】

2月に入ると南房ではヤリイカの季節が始まる。相模湾より東の地区では晩秋からヤリイカ釣りがスタートするが、白浜沖を中心とする南房地区では春がヤリイカの盛期だ。立春を過ぎたあたりから5月の連休にかけて、がんこ山と呼ばれる白浜沖のイカポイントには、各地からヤリイカ船が集まってくる。


開幕イサキは日に日に上昇、ジャンボ級も狙えるぞ【南房・西川名沖】

開幕イサキは日に日に上昇、ジャンボ級も狙えるぞ【南房・西川名沖】

3月に入り南房のイサキが開幕した。「始まったばかりのときは、コマセにも慣れていないし、ポイントも定まっていないので結構難しいですよ」と、西川名港「竜一丸」の安西竜一船長は言う。取材日はまさに「どう転ぶかわからない」状態の初日で心配されたが、トップ25匹ほどと、上々のスタートを切った。


まだまだ提灯行列の期待大、南房のキンメ・アコウリレー釣り【南房】

まだまだ提灯行列の期待大、南房のキンメ・アコウリレー釣り【南房】

関東で一番早く春を迎える南房では、早くも花摘みが始まっている。しかし陸の上が春でも海の中はまだまだ真冬。ならばここは一発大好きな深場釣りで真紅の大輪を咲かせましょうと、深場釣りの花形スターであるキンメ、アコウを狙っての釣行だ。


ランキング


>>総合人気ランキング