MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

松栄丸に関する記事

松栄丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
松栄丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
大原沖のイサキが良型主体で開幕から好調だ!7月前半の時点でもトップ50匹の定量を記録する日もある。大原沖のイサキ釣りでは仕掛けはカラーバリ仕様が主流。状況次第では高級魚のシマアジが掛かることも!
ここ最近のヤリイカは、どんどん釣れだしが遅い傾向。南房エリアも同様で、かつては秋口から釣れだしたのに、年が明けて釣れだすことも珍しくなくなった。今シーズンは12月中旬ごろから模様が良くなってきて本格化。
「おすすめのタックルセッティングは、ラインはPE1.5号、リーダーはフロロの6号です。現在のところはエサ釣りと同船なので、メインラインは細いくても太すぎてもトラブルが多くなってしまいます。とくに太いと水切れと感度が悪くなってしまうので、一番バランスがいいのが1.5号です」
「松栄丸」ではオモリ80号を使用する。そのため竿は80号オモリに対応したヒラメ専用竿がおすすめ。長さは2.4〜3mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸リール。前述したように取材当日は、水深10m台〜20m台の浅場を狙った。この水深なら手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。
ヒラメ釣り本場、外房の大原沖周辺は、広範囲に浅場の岩礁が広がり、多くのベイトフィッシュが居ついているため、フィッシュイーターであるヒラメの魚影も濃い。ここでは10月に生きイワシエサのヒラメ釣りが解禁。来年ゴールデンウイークころまで楽しめる。
オニカサゴは周年を通して狙えるターゲット。鍋にすると美味なこともあり、とくに冬場に人気がある。「冬場のターゲット」という認識を持っている人も多いのではないだろうか?しかし、オニカサゴは夏場も好シーズンだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読