MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

鹿島旧港に関する記事

鹿島旧港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
鹿島旧港「義心丸」では、現在2便態勢でひとつテンヤマダイに出船。ハナダイ、青物、根魚、ヒラメやホウボウなどゲストも多彩。テンヤ&タイラバタックル、釣り方の基本を押さえて「紅葉鯛」を手にしよう!
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
6月に鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。ひとつテンヤのタックルで楽しめ、釣趣も食味も上々だ。型が良く、50㎝~60㎝級が多い。テンヤにセットするワームは、オレンジ系の4インチが定番。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読