MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

カワハギに関する記事

カワハギに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
相模湾佐島沖は15分も進むと水深300mを超える急深な地形。海底は起伏に富んでいて非常に多くの魚が生息している。この時期ならではの旬の魚、梅雨イサキ、アジ、ハナダイ、カワハギ、メジナなど五目釣りを楽しめるポイント多数!
更新: 2019-07-14 18:58:07
絶好調が続く各地のカワハギ。ここにきて厳寒期の定位置・深場へ落ち始めてきた。群れが固まり、さらに狙いやすくなるが、果たして状況はどうか?アツイ情熱で案内する小網代港「丸十丸」の小菅船長の元に向かった。
更新: 2019-03-08 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
例年、冬の小網代沖は潮が澄んでカワハギ釣りに最適な季節を迎えるが、今年の魚影の濃さは抜群のようだ。小網代港の「丸十丸」では、1月5日にトップ80枚の大釣りが飛び出した。
更新: 2019-01-31 07:00:00
難しい反面、手軽に挑戦できるとあって、この時期人気なのがカワハギだ。さらに、珍味のキモも大きくなって、食のほうでも楽しめるのだ。
更新: 2018-12-10 01:01:04
「今年はアベレージサイズがいいですね。これからは群れも固まってきて、より数も出やすくなると思います。まだ潮が暗いので、これが晴れてくればさらに期待できますよ!」と話すのは、湘南のシンボル・江の島の付け根に港を構える片瀬港「島きち丸」の前田信義船長。
更新: 2018-11-27 01:03:33
釣法に合わせたカワハギ専用仕掛けのご紹介!
更新: 2018-10-16 05:06:48
タックルを簡潔に紹介。竿は長さ1.8m前後の9対1または8対2といった極先調子のカワハギ専用モデルがオススメ。極先調子の竿を使うのは、仕掛けの操作性が良くアタリも分かりやすく、アワセもしっかりときくからだ。リールは小型両軸を。
更新: 2018-10-18 00:53:24
シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。
更新: 2018-09-25 07:39:41
9月に入り、これから秋の気配が深まってくる。秋は青物など大型魚が盛り上がる季節であるが、テクニカルで美味なカワハギもおもしろくなる時期。本格シーズンを前に基本をおさらいして、釣行に備えよう!
更新: 2018-09-21 01:00:37

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読