MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

亘理荒浜港に関する記事

亘理荒浜港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
仙台湾はフラットフィッシュの宝庫。ヒラメ、カレイ、マゴチのポイントが豊富。亘理荒浜港「拓洋丸」&「大海丸」ではビギナーもベテランも大満足のヒラメ釣りが可能だ。ヒラメ爆釣シーズンの仙台湾・南部にぜひ!
夏が旬といわれるマゴチ。仙台湾沿岸のマゴチも最盛期を迎えている。仙台湾内で、マゴチを専門に看板に揚げる乗合船やルアー船以外はほとんどなく、亘理「拓洋丸」は、その唯一の乗合船だ。
早春の仙台湾の風物誌、クロメバル釣り。亘理「大海丸」では毎年、長さ15㎝以上のイカナゴである“メロウド”をエサにして、クロメバル釣りを行っている。
仙台湾の名物といえば、マガレイ。全国的には“大型魚礁のマガレイ”が有名だが、亘理沖の根周りや砂地で昨年から良型のマガレイが好調だ。
宮城県の仙台湾はカレイの海で全国に知られている。県内では人気№1の不動の沖釣りターゲットだが、8月はヒラメや青物などの引きが強い、または、大型の魚を看板にあげる船宿が多くなる。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読