昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


早朝出船で潮止まり前後をサクッと釣ろう! 走水の絶品アジ(吉明丸)

早朝出船で潮止まり前後をサクッと釣ろう! 走水の絶品アジ(吉明丸)

手軽に釣れ、食べても旨いことから人気のアジ。中でも速潮で鳴らす東京湾走水沖の根付きアジは、サイズも含めた容姿、激旨の食味でブランド扱いだ。


片貝沖のイサキ五目釣り! ハナダイ&アジも楽しめる(二三丸)

片貝沖のイサキ五目釣り! ハナダイ&アジも楽しめる(二三丸)

真子や白子を抱えた、今が旬のイサキが連日好調だ。片貝旧港「二三丸」ではイサキとハナダイ・アジ五目の欲張りリレーで出船中だ。


夏アジの季節がやってきた! 走水の美味しいアジ釣れてます(関義丸)

夏アジの季節がやってきた! 走水の美味しいアジ釣れてます(関義丸)

クククン! と小気味よく竿先を震わすアタリが魅力のアジ釣り。ドッキリするような派手さはないが、優しくホッとするアタリは何度味わっても飽きることがない。言わずと知れた東京湾アジの名ポイント走水沖では、梅雨どきも安定釣果を継続中。クククン! を何度となく楽しめる。


東京湾・猿島周りの江戸前アジ! 金色に輝いて美味だ(長谷川丸)

東京湾・猿島周りの江戸前アジ! 金色に輝いて美味だ(長谷川丸)

金色に輝く体色から「金アジ」とも呼ばれる。そのなかでも、この時期に数を狙えるのが猿島周りの通称「猿アジ」だ。


東京湾のアジが絶好調! 30cm超の良型連発だ!(前田丸)

東京湾のアジが絶好調! 30cm超の良型連発だ!(前田丸)

関東地方は梅雨に入っているが、東京湾のアジが順調に釣れている。取材に訪れた浦賀港「前田丸」は、周年「ビシアジ」を看板に掲げている船宿。港の真沖〜観音崎冲を状況によって攻めている。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

昨年来ずぅーっと好調続きだった東京湾猿島沖のアジだが、3月に入ってペースダウン。ほぼ周年猿島沖を狙う新安浦港の「義和丸」でも、他エリアでの釣りを余儀なくされていた。ようやく4月中旬になって復活の兆しが出始め、猿島沖の30m前後の浅場で食い出したと聞き釣行した。


釣りやすくなっている東京湾の良型美味アジを釣ろう!【東京湾】

釣りやすくなっている東京湾の良型美味アジを釣ろう!【東京湾】

東京湾のアジは良型が絶好調。鴨居沖や観音崎沖、海堡周りの浅場で25㎝級が次々に食ってくる。どれも幅広のいいアジだ。


ここのアジは幅広で超超超〜オイシイ!【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

ここのアジは幅広で超超超〜オイシイ!【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

釣りたての新鮮な美味しい魚が食べたい! そう思ったら、おすすめターゲットのひとつがアジだ。


追っかけアジ&ショウサイフグのリレー釣りを堪能!【外房・飯岡沖】

追っかけアジ&ショウサイフグのリレー釣りを堪能!【外房・飯岡沖】

今シーズンも飯岡沖で「追っかけアジ」の季節がやってきた。飯岡「龍鳳丸」では、希望でアジとショウサイフグのリレー釣りで出船している。


良型多くLTだから面白い! 午後船で狙うハナダイ&アジ【片貝沖】

良型多くLTだから面白い! 午後船で狙うハナダイ&アジ【片貝沖】

片貝沖のハナダイ&アジの午後船が、4月に解禁した。12月いっぱいまでと期間限定だが、片貝旧港「勇幸丸」ではLT五目船として出船している。


春本番! 食い本番! 浦賀沖のビシアジ【東京湾・浦賀沖】

春本番! 食い本番! 浦賀沖のビシアジ【東京湾・浦賀沖】

3月も半ばを過ぎて、すっかり春めいてきた。この記事が掲載される頃、読者の方はゴールデンウィークの釣行の予定を立てておられる頃だろう。連休におすすめしたい安定度抜群の釣り、いや鉄板の釣りと言っても過言ではないのが、浦賀水道のアジ釣りだ。


プラスαがウレシイ!! 相模湾のアジ&中深場五目【相模湾】

プラスαがウレシイ!! 相模湾のアジ&中深場五目【相模湾】

今回届いた取材ミッションは片瀬江ノ島港「島きち丸」のアジ&中深場五目。聞けばビシアジ道具のままで深場も狙う釣りだとか。これなら船長に呆れられたり笑われたりしないわけで、懐かしさも手伝いいつも以上に期待に胸躍らせての釣行となった。


子供連れで楽しむならコレ!  東京湾のLTアジ【東京湾】

子供連れで楽しむならコレ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

満開の桜の花も散り始め、4月5日は子どもたちにとって最後の週末だった。金沢八景の「野毛屋」にも、お父さんに連れられて船に乗る子どもの姿が目立つ。狙いは半日釣りのアジ、港をでてすぐのポイントで、40号オモリ、水深25mで狙うLTアジは、ファミリーフィッシングにうってつけの釣り物だ。


大アジと良型ハナダイの連発でクーラー満タン高確率【外房・飯岡沖】

大アジと良型ハナダイの連発でクーラー満タン高確率【外房・飯岡沖】

飯岡沖のコマセ釣りといえば、アジとハナダイが代表ターゲット。その両魚種が4月から好調に釣れている。


半日船で楽しむ手軽なビシアジ!【東京湾・大津沖】

半日船で楽しむ手軽なビシアジ!【東京湾・大津沖】

大津港「小川丸」のビシアジ船は、午前、午後の一日二便出船している。使用ビシ130号のノーマルタックルのビシアジ船ながら、ポイントは港から至近で、釣れる水深も浅く、ビギナーやファミリーでも手軽に楽しめるのだ。


中型めちゃうまブランドアジがバンバン釣れる!【東京湾・走水沖】

中型めちゃうまブランドアジがバンバン釣れる!【東京湾・走水沖】

東京湾・走水沖のアジ釣りは、いわゆる「ビシアジ」と呼ばれる釣り方で釣る。130号のビシを用いて、コマセにはイワシのミンチを使う。イワシのミンチは匂いが強く、海中で煙幕状に広がる。これでアジをおびき寄せ、その中にある付けエサを食わせる、というのがこの釣りの要諦だ。


めちゃウマ! 金ピカ幅広アジ釣れてます! 東京湾のLTアジ【東京湾】

めちゃウマ! 金ピカ幅広アジ釣れてます! 東京湾のLTアジ【東京湾】

どうです、このアジ! 幅広でぷっくりとして、見るからにおいしそうでしょ! って実際に食べてみれば、見るからにじゃなく、本当に甘みも旨みも脂もたっぷりで、予想通り、いや予想以上のメチャうまだ!!


ランキング


>>総合人気ランキング