MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

愛知に関する記事

愛知に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東海エリアのブランドイサキとして知れ渡る愛知県大山沖「脂ノリノリイサキ」が大フィーバー中!ポイントの水深は30〜40m。メリハリあるシャクリで攻めるのが効果的!今後はゲスト多彩で、さらに楽しさ倍増だ!
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
昨年、大山沖のイサキ釣りを初経験。「幅広、身厚で良型でこんな美味しいとは」と。関東周辺で釣りをしていると、なかなかイサキ釣行までたどり着かない。その時決意した。「来年こそは、真っ先釣るぞ!」と。
東海エリアでもっともホットな釣り物といえば、アカムツだ。ここ一年間、ほぼ周年大型アカムツが渥美半島でよく釣れている。道糸PE3号以下、胴付き仕掛けまたはスローピッチジャークジギングで攻略しよう!
伊勢湾口に位置する伊良湖岬。そのすぐ沖の浅場でフグ釣りが好調だ。釣り方は、アオヤギエサのカットウ釣り、または、カワハギ仕掛けでウタセエビエサの食わせ釣りの二通り。
伊勢湾周辺の釣り物の年間ターゲットのひとつ、イサキ。イサキといえば、関東東海エリアでは、ほぼ周年釣れる釣り物だが、初夏から夏が旬。その理由はマダイなどと同じく乗っ込みのため群れ固まり釣りやすくなるから。しかも、産卵前の個体は身厚で脂が乗っていることが多く、食味も抜群だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読