沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

走水沖に関する釣り記事


美味しいアジが好調に釣れている! 走水沖のビシアジ(関義丸)

美味しいアジが好調に釣れている! 走水沖のビシアジ(関義丸)

大アジが名物の走水沖は、秋の深まりとともにさらなる賑わいを見せている。水温の低下につれて脂が乗り始め、丸々太ったマサバもまじるうえ、アジも平均で30㎝級。何よりポイントが港の目の前なので、より長時間釣ることができる。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


35cmオーバーの大型連発! 潮の速い走水沖で釣るアジ(吉明丸)

35cmオーバーの大型連発! 潮の速い走水沖で釣るアジ(吉明丸)

「吉明丸」の船上では、35㎝越えの大アジが次々と抜き上げられていた。普段は大事にタモ取りをする型だが、活発な食いでがっちりと上アゴにハリが刺さっている。大アジがこんなに気前よく抜き上げられるシーンは珍しい。


ゲーム感覚で楽しむ! 東京湾タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(義和丸)

ゲーム感覚で楽しむ! 東京湾タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(義和丸)

東京湾の夏タチウオが好調さをキープして、ファンを大いに楽しませてくれている。「今年も安定していますね。多少の上下はありますが、全体的に反応も多くて釣りやすいですよ」とは、横須賀・新安浦港「義和丸」の村上義人船長。


カカリ釣りで楽しめる! ビシアジ釣りの仕掛け&応用編(広川丸)

カカリ釣りで楽しめる! ビシアジ釣りの仕掛け&応用編(広川丸)

東京湾のビシアジは、かれこれ盛んになって40年以上を経過している。イワシのミンチを使用するこの釣りは、コマセ釣りの原点であり、いまもなお盛んに行われている。タックルの進化でつり丸が推奨してきたLTアジ(ライトタックル)もすっかり定着し、こちらも大人気。


走水沖のアジならサイズの自己ベストも狙えそうだ!(関義丸)

走水沖のアジならサイズの自己ベストも狙えそうだ!(関義丸)

神奈川が誇るブランド、走水の大アジ!「ここのアジは特別旨いんだよ!」と釣り人みんな口を揃えます。市場でも他のアジより高値がつくそうで、築地で買うよりも美味しいからと仕入れで釣りにくる料理屋さんがいるほど。


型がいいから楽しさ倍増! 絶好調走水沖のビシアジ(政信丸)

型がいいから楽しさ倍増! 絶好調走水沖のビシアジ(政信丸)

走水の激旨アジが堅調だ! 9月13日に走水港の「政信丸」を取材したが、竿頭の釣果が41匹、次頭が34匹だった。


秋に向けて視界良好の大アジ! 追い食いさせて数を伸ばそう(広川港)

秋に向けて視界良好の大アジ! 追い食いさせて数を伸ばそう(広川港)

ブランド魚として名高い走水のアジが、秋口のポイントとなる真沖の40〜50mダチで大型主体に釣れ出した!


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


走水沖の幅広アジの釣り方&仕掛けをご紹介します(広川丸)

走水沖の幅広アジの釣り方&仕掛けをご紹介します(広川丸)

走水沖の大アジが好調に釣れている。同地のアジは東京湾の中でも特別速い潮の中でもまれ、抜群のプロポーションと絶品の味を誇るブランド魚だ。そんなアジを専門に狙い続けているのが走水港「広川丸」だ。同宿では40㎝以上のアジを「特大アジ」と呼んでいる。


走水沖の絶品ブランドアジが夏の好シーズンに突入だ!(吉明丸)

走水沖の絶品ブランドアジが夏の好シーズンに突入だ!(吉明丸)

東京湾のアジ釣りが夏の好シーズンを迎えている。6月26日に取材した、走水港「吉明丸」の釣果をさかのぼって見てみると、トップの釣果が、39匹、55匹、43匹…。この数を多くないと思った人がもしいるとしたら、ぜひ走水のビシアジ釣りを体験してみてほしい。


早朝出船で潮止まり前後をサクッと釣ろう! 走水の絶品アジ(吉明丸)

早朝出船で潮止まり前後をサクッと釣ろう! 走水の絶品アジ(吉明丸)

手軽に釣れ、食べても旨いことから人気のアジ。中でも速潮で鳴らす東京湾走水沖の根付きアジは、サイズも含めた容姿、激旨の食味でブランド扱いだ。


夏アジの季節がやってきた! 走水の美味しいアジ釣れてます(関義丸)

夏アジの季節がやってきた! 走水の美味しいアジ釣れてます(関義丸)

クククン! と小気味よく竿先を震わすアタリが魅力のアジ釣り。ドッキリするような派手さはないが、優しくホッとするアタリは何度味わっても飽きることがない。言わずと知れた東京湾アジの名ポイント走水沖では、梅雨どきも安定釣果を継続中。クククン! を何度となく楽しめる。


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


中型めちゃうまブランドアジがバンバン釣れる!【東京湾・走水沖】

中型めちゃうまブランドアジがバンバン釣れる!【東京湾・走水沖】

東京湾・走水沖のアジ釣りは、いわゆる「ビシアジ」と呼ばれる釣り方で釣る。130号のビシを用いて、コマセにはイワシのミンチを使う。イワシのミンチは匂いが強く、海中で煙幕状に広がる。これでアジをおびき寄せ、その中にある付けエサを食わせる、というのがこの釣りの要諦だ。


極上の美味アジを手にしよう!!【東京湾・走水沖〜観音崎沖】

極上の美味アジを手にしよう!!【東京湾・走水沖〜観音崎沖】

昨年の夏〜秋は、ずっと絶好調が続いていた東京湾のアジ。冬以降も好調が続いていたが、早春の時期にきて釣果にムラが出てきた。一年のなかでも水温が低く、また海況が激しく変わりやすいことが影響したのだろうか? それでも好調な日には、トップ50匹以上という日も珍しくないのだ。


チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

各地で人気のアジ釣り、初心者からベテランまで楽しめる釣りだが、なかでも固定ファンが多い釣り場といえばここ走水沖だろう。浦賀水道を流れる速潮から付いたとも言われる「走り水」、走水の大アジは九州関アジに優るとも劣らない美味で知られている。その大アジを狙って走水港へと向かった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読