走水沖に関する釣り記事


早朝出船で潮止まり前後をサクッと釣ろう! 走水の絶品アジ(吉明丸)

早朝出船で潮止まり前後をサクッと釣ろう! 走水の絶品アジ(吉明丸)

手軽に釣れ、食べても旨いことから人気のアジ。中でも速潮で鳴らす東京湾走水沖の根付きアジは、サイズも含めた容姿、激旨の食味でブランド扱いだ。


夏アジの季節がやってきた! 走水の美味しいアジ釣れてます(関義丸)

夏アジの季節がやってきた! 走水の美味しいアジ釣れてます(関義丸)

クククン! と小気味よく竿先を震わすアタリが魅力のアジ釣り。ドッキリするような派手さはないが、優しくホッとするアタリは何度味わっても飽きることがない。言わずと知れた東京湾アジの名ポイント走水沖では、梅雨どきも安定釣果を継続中。クククン! を何度となく楽しめる。


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


中型めちゃうまブランドアジがバンバン釣れる!【東京湾・走水沖】

中型めちゃうまブランドアジがバンバン釣れる!【東京湾・走水沖】

東京湾・走水沖のアジ釣りは、いわゆる「ビシアジ」と呼ばれる釣り方で釣る。130号のビシを用いて、コマセにはイワシのミンチを使う。イワシのミンチは匂いが強く、海中で煙幕状に広がる。これでアジをおびき寄せ、その中にある付けエサを食わせる、というのがこの釣りの要諦だ。


極上の美味アジを手にしよう!!【東京湾・走水沖〜観音崎沖】

極上の美味アジを手にしよう!!【東京湾・走水沖〜観音崎沖】

昨年の夏〜秋は、ずっと絶好調が続いていた東京湾のアジ。冬以降も好調が続いていたが、早春の時期にきて釣果にムラが出てきた。一年のなかでも水温が低く、また海況が激しく変わりやすいことが影響したのだろうか? それでも好調な日には、トップ50匹以上という日も珍しくないのだ。


チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

各地で人気のアジ釣り、初心者からベテランまで楽しめる釣りだが、なかでも固定ファンが多い釣り場といえばここ走水沖だろう。浦賀水道を流れる速潮から付いたとも言われる「走り水」、走水の大アジは九州関アジに優るとも劣らない美味で知られている。その大アジを狙って走水港へと向かった。


狙いは大・中アジ! 釣り味も食味も抜群、走水沖のビシアジ【走水沖】

狙いは大・中アジ! 釣り味も食味も抜群、走水沖のビシアジ【走水沖】

船中で大型のアジが釣れ盛り、バケツの水が跳ねる。40㎝級も姿を見せ、走水に来た意味を実感する。指示ダナでコマセを振り、誘っていくとギュギュっと竿が絞り込まれた! アワセを入れ、電動リールのドラグが滑りながら巻き上げにかかる。


手軽でおいしい! 走水~猿島沖のマアジ【東京湾・走水〜猿島沖】

手軽でおいしい! 走水~猿島沖のマアジ【東京湾・走水〜猿島沖】

知名度が高く、身近な存在のマアジ。お手軽でありながら、やり込んでいくほどに奥は深く、ビギナーからベテランまで幅広い層に楽しまれているターゲット。そのアジ独特の小気味良い引きを楽しもうと3月11日に走水港「政信丸」へと釣行に出た。


手軽に気軽に半日船でアジはいかが!?【東京湾・走水沖】

手軽に気軽に半日船でアジはいかが!?【東京湾・走水沖】

早春とはいうものの名ばかりの寒さが続く。エルニーニョだかなんだか知らないけれど、こうも寒いと釣りに行くのもついついおっくうに。さりとて家にいてもすることはなし…なんてのは私だけ? こんな時には東京湾の半日船がおすすめだ。


釣り味、食味共に春仕様へと様変わりする走水沖のビシアジ【走水沖】

釣り味、食味共に春仕様へと様変わりする走水沖のビシアジ【走水沖】

春風を感じるようになると、マアジも寒アジから春アジに変わっていく。


冬でも好調! のんびり楽しむブランド大アジ釣り【東京湾・走水沖]】

冬でも好調! のんびり楽しむブランド大アジ釣り【東京湾・走水沖]】

東京湾のアジ釣りは近年、気温が下がる真冬でも好調に釣れるターゲットとして定着している。走水沖のブランド大アジを同様でこの冬も好調だ。


狙って行きます特大アジ、価値ある1匹を狙え!!【東京湾・走水沖】

狙って行きます特大アジ、価値ある1匹を狙え!!【東京湾・走水沖】

沖釣りはアジに始まりアジに終わる、と思っている私が選んだ2012年の竿納めはやっぱりアジ。正月の祝い膳にも胸を張って供することが出来る東京湾走水沖の大アジを狙って、走水港「広川丸」から出船した。


サイズアップ! 冬の良型タチウオゲーム再開だ!【東京湾・走水沖】

サイズアップ! 冬の良型タチウオゲーム再開だ!【東京湾・走水沖】

「昨日は底から4〜5mまでの反応が多くてね。その少し上までゆっくりチョンチョン見せて、フォールさせるのが良かったですよ。でも、毎日パターンは変わるのでいろいろ試してくださいね」。船上にはやる気を煽る?丁寧なアナウンスが響き渡る。声の主は金沢八景「太田屋」のルアー船担当、佐野一也船長だ。


走水沖のアジは厳冬期を迎えさらにウマイ!【東京湾・走水沖】

走水沖のアジは厳冬期を迎えさらにウマイ!【東京湾・走水沖】

水温が低下する厳寒期は、多くの魚が体に脂を蓄え、美味しくなる。それがブランド魚ともなれば、よりいっそう美味しくなるはずだ。都心から近い東京湾におけるブランド魚の代表といえばアジ。そこで走水沖のブランドアジを狙って、12月19日に走水港「海福丸」へと釣行してきた。


寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒い季節は釣りに行くのもつい、おっくうになりがちだが、寒いからこそ美味しい魚が釣れる季節でもある。その一つが都心から近くの東京湾口で釣れる冬のマアジである。


良型幅広超絶美味アジ、釣るなら今しかないぞ!!【東京湾・走水沖】

良型幅広超絶美味アジ、釣るなら今しかないぞ!!【東京湾・走水沖】

9下旬の取材頃はぷっくりまん丸体型の良型アジが、トップで50〜60匹と絶好調。帰宅してさばいてみると、お腹の中には白い脂の塊がたっぷり入っていて、身は甘みが強く、刺身やタタキ、塩焼きなど、どんな料理にしても超絶美味。そんな美味しいアジが、今ならよりサイズ良く、より数釣れて、より釣り易いとなれば、これは行くしかないぜ!


走水沖のビシアジ、秋の好シーズン突入! 良型多く美味!!【走水沖】

走水沖のビシアジ、秋の好シーズン突入! 良型多く美味!!【走水沖】

東京湾のアジのメッカである走水沖。三浦半島と房総半島に挟まれた浦賀水道に位置する。ちょうど狭まった場所にあるために、水流も速いので「走水」という名が付く。この速い水流に鍛えられた引き締まった筋肉と東京湾の豊富なエサとの相乗効果が、「走水」の代名詞ともなった「大アジ」を育てる。


秋を迎えて安定釣果、走水沖の中・大アジ【東京湾・走水沖】

秋を迎えて安定釣果、走水沖の中・大アジ【東京湾・走水沖】

向かったのは東京湾横須賀の走水港。『秋鯵』を狙っての釣行だ。ただでさえ美味で名高い走水のアジに加え、ここに来て脂がビンビンに乗ったマサバもまじり出したと聞いてのこと。食いしん坊アングラーとしては見逃せないエリア、そして時期の釣行なのである。


ランキング


>>総合人気ランキング