MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

走水沖に関する記事

走水沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾のビシアジが絶好調!近年、大アジの魚影は抜群。半日もあれば、レンタルタックルのビギナーでもお土産十分の釣果を期待できる。今後はマダイやクロダイがゲストにまじる。ベテランも大注目の走水沖だ。
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝超の瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港「吉明丸」11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
東京湾のアジ釣り一級ポイント走水沖は早くも絶好調!アジの数釣りが、例年より早く連日爆釣モードに突入した。走水沖のアジはサイズも魅力。40㎝を超える特大アジも夢ではなく、多くのアジフリークが訪れる。
好調が続いている東京湾のタチウオ。観音崎沖~走水沖と第二海堡沖がメインポイントとなっている。観音崎沖のタチウオは大型がまじるのが魅力!アワセまでのカケヒキと強い引き味を楽しもう!!
ロングランで人気の高い東京湾タチウオジギング。長浦港「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといった一級ポイントを中心に転戦。F7=指7本の大型が連日キャッチされている。
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者やファミリーにもオススメだ。
夏のタチウオシーズンが開幕した。夏には夏の釣り方があるのでその釣り方で楽しむ。小型のエサを追っているのでエサは小さめ。ハリも小さくして、スピーディにシャクって掛けていく。本格的な数釣りはこれから!
春から夏にかけてが旬と言われるマアジ。今まさに脂が乗って美味しい時期だ。東京湾・走水沖は言わずと知れたアジ釣りのメッカ。速い潮が大型で美味しいアジを育んでくれるため、周年大型アジ釣りが楽しめるぞ!
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
東京湾の美味しいターゲットといえば、アジが代表的だ。なかでも走水沖のアジは以前から食味がいいという評判だ。速い潮が流れる環境下で育つ影響なのか、幅が広く見るからに美味しそうなアジが釣れるのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読