MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

南房総に関する

表示順:
南房の「梅雨イサキ」がいよいよ最盛期突入。洲崎港「佐衛美丸」HPの釣果報告を見ると「50〜50」との表記が。協定規則により上限を50匹にセットしているので、つまり全員が50匹釣れていることを意味する。一部の腕利きだけでなく、全員が50匹釣れるなら楽しいことは間違いない!
今年の南房総エリアのスルメイカは、6月から好釣果が安定して続いている。多くの船がトップ50杯以上を記録する日が続き、束釣りをする船も珍しくない。もちろん、船酔いをしない限りは、オデコになる確率も低く、お土産も堅い。
取材先の南房総・乙浜港「真寿海丸」の釣果は、取材前日には0.8〜2㎏のオニカサゴが2〜9匹。取材日は1〜2㎏が2〜7匹で、7名が乗船して船中30匹。市場にあまり出回ることがない超高級魚の釣果とは、とても思えない爆釣だ!
南房総では4月に入ってから、広範囲でイサキが好調だ。トップ50匹以上を記録する日も珍しくないほど。好調に釣れる日はサイズも良く、30㎝前後の良型が主体になることもしばしばだ。
房総では周年狙えるオニカサゴ。潮の流れがキーポイントとなり、適度に流れれば季節に関係なく好釣果が期待できるターゲットだ。そのオニカサゴを柱に、フラッシャーサビキやシーズン真っ盛りのヤリイカとのリレー釣りを楽しませてくれるのだ。
相浜港・安田丸の「深場五目釣り」。深場と聞いて、場所柄もあり、オニカサゴやキンメダイといった魚が、パッと頭の中に浮かんだ。しかし、よく話を聞いていくと、イサキ、メバルをメインに水深100m前後を攻めると、キントキダイ、ヒメダイ、クロムツetc…、食べて美味しい魚たちが沢山釣れてくる。なんともおもしろそうな釣りだ。
シーズンの南房総のヤリイカは、例年になく早い時期からスタートした。昨年の11月ぐらいからポツポツと顔をだしはじめ、12月に入ると本格化。トップ20杯台から30杯台をコンスタントに記録しはじめた。
南房総海域は大型マダイの実績が高い場所ではあるのだが、今年は特に絶好釣。梅雨明けからシーズンに入るのが例年のパターンだが、今年は春から釣れ続けているという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読