MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

銭洲に関する記事

銭洲に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
限定近海の許可船だけが遊漁で釣りを楽しむことができる大物釣りの聖地“銭洲”。これからシーズンを迎える銭洲遠征。シマアジ、マダイ、ウメイロ、アオダイ、メジナ、イサキなどの高級魚五目釣りが確実に味わえる。
更新: 2018-05-07 20:34:28
4月を迎えると、春の訪れとともに釣り人に朗報がもたらされる。銭洲の解禁だ。今年も例年通り、4月1日に禁漁が解かれた。
更新: 2018-04-29 16:34:18
4月1日、待望の銭洲が解禁した。解禁直後は黒潮の流路内にあり、例年より早く20度以上の高水温下に銭洲はあった。そのため、解禁日は銭洲遠征船各船、のっけから10㎏を超える大型ヒラマサやカンパチヒットに盛り上がった。
更新: 2018-04-24 06:06:05
大物釣りの聖地“銭洲”が本格始動した。アカイカの泳がせで良型カンパチばかり怒涛の入れ食いだ。
更新: 2018-04-19 04:24:15
ネープルス周りを漂いながら午前7時を待つ。舵を握る船長から投入開始の合図が出た。「水深32m。どうぞ」、期待とともにルアーマンはメタルジグを、五目釣り師は仕掛けを投じる。
更新: 2018-04-16 02:56:08
関東近県に在住する釣り人たちに春の訪れを実感させる、恒例行事のひとつが銭洲の解禁だ。開幕当初は小型カンパチがメインターゲットになることが多く、結果的にルアーアングラーの釣果がエサのそれを圧倒するのが定番パターン。カンパチに関しては、アカイカの回遊が始まれば形勢逆転ともなるのだが…。
更新: 2018-04-12 01:41:28
去る4月1日、今年も銭洲が待望の解禁を迎えた。例年の解禁日を含む初期の銭洲に関しては、1〜3㎏クラスのカンパチが多く、4〜6㎏がポツポツ、これに10㎏前後もまじる、というイメージがあてはまる。水温はここ数年15〜18度、ときには13度台ということもあった。これが今年は21度台。この高水温が吉と出るか? 凶と出るか? 
更新: 2018-04-01 18:04:32
8月26日27日と1泊2日で下田からの遠征船『龍正丸』さんにお世話になりました。初宿さんでしたので勝手がわからず緊張しておりましたら、豊船長と仲乗りのカズさんがとても親切に教えてくださり安心して釣りに集中出来ました。 遠征釣りで初心者の方でも安心して乗船できる船宿さんです。
更新: 2017-12-20 06:47:57
キハダ・ワラサ・ヒラマサ・カンパチと晩夏から秋は青物の季節。近年シーズンがロングランで楽しめるムロアジ泳がせカンパチへ行こう!!
更新: 2017-09-15 05:39:57
遠征大物釣りの聖地「銭洲」。ムロアジの泳がせ釣りがハイシーズンを迎えているいま、この海域の状況は誰もが気になるところ。やはり銭洲でもエサのムロアジの釣れっぷりが釣果を大きく左右している。
更新: 2017-12-20 06:47:57

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読