MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

銭洲に関する記事

銭洲に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
4月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”!今期のカンパチの状態はすこぶるよく、下田「龍正丸」ではイカorムロ泳がせで良型カンパチが絶好調だ!
銭洲のシマアジが好調!大物釣りの聖地と呼ばれるこの釣り場は、4月1日に解禁。水温が低めの今期は、シマアジの食いがよく、泳がせカンパチシーズン前の五目釣りシーズンがロングランの気配がムンムンだ。
銭洲解禁!初日、竿入れと同時に、小型のカンパチがジギングでヒット連発!ルアーマンは全員がカンパチキャッチを達成。エサ釣り師もマダイ、イサキ、ウメイロなどなど、銭洲ならではの賑やかな釣果となった。
銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
限定近海の許可船だけが遊漁で釣りを楽しむことができる大物釣りの聖地“銭洲”。これからシーズンを迎える銭洲遠征。シマアジ、マダイ、ウメイロ、アオダイ、メジナ、イサキなどの高級魚五目釣りが確実に味わえる。
4月を迎えると、春の訪れとともに釣り人に朗報がもたらされる。銭洲の解禁だ。今年も例年通り、4月1日に禁漁が解かれた。
4月1日、待望の銭洲が解禁した。解禁直後は黒潮の流路内にあり、例年より早く20度以上の高水温下に銭洲はあった。そのため、解禁日は銭洲遠征船各船、のっけから10㎏を超える大型ヒラマサやカンパチヒットに盛り上がった。
大物釣りの聖地“銭洲”が本格始動した。アカイカの泳がせで良型カンパチばかり怒涛の入れ食いだ。
ネープルス周りを漂いながら午前7時を待つ。舵を握る船長から投入開始の合図が出た。「水深32m。どうぞ」、期待とともにルアーマンはメタルジグを、五目釣り師は仕掛けを投じる。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読