MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ひとつテンヤに関する記事

ひとつテンヤに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
テンヤにジグを組み合わせて「もっと簡単にビギナーにも釣って欲しい」と「テン巻き」を提唱する鹿島港「植田丸」。手軽に楽しく多彩な魚種と遊ぶスタイルに挑戦してみよう。
感度と操作性にこだわった次世代ひとつテンヤロッド「がま船 ひとつテンヤ真鯛3」
茨城・大洗沖ではひとつテンヤ釣法を少し応用した「テンヤ五目」がオススメ!マダイ、ハナダイ、メバル、ホウボウなど非常に多種の魚を一挙に、しかもクーラー満タンで楽しめる!
昭和の時代から変わらぬ姿で続いている、エビエサのマダイ釣り。内房地区では手バネ竿を使うのが昔ながらのスタイル。その伝統を現代に受け継いでいるのが上総湊港の「とう市丸」だ。
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
ひとつテンヤでマダイを狙うなら、大型マダイの気配が濃厚な茨城海域・鹿島沖だ。12月中旬の鹿島新港「第五悌栄丸」では、午前船で4.8kgと2.8kg、午後船では6.7kgと5.1kgという大型、良型が取り込まれた。
福島の海が回復。豊穣な海となって多くの釣り人を楽しませてくれている。釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。おいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産十分。
西伊豆・戸田沖ではアカハタ&カサゴなどのロックフィッシュが熱い!胴付き仕掛け、テンヤ、ルアーのどれでも狙えるので、いろいろな釣り方で根魚を楽しもう!
去年、鹿島沖で爆釣につぐ激釣を記録し、アッと言う間に大ブレイクしたマゴチ釣りの新提案・ひとつテンヤマゴチが、今年も満を持して開幕。その初日に鹿島港「長岡丸」にお邪魔して様子を伺ってきた。
飯岡沖でひとつテンヤ乗合が本格的に始まったのは2009年ごろ。マダイ釣りでは比較的新しいエリアだが、近年は乗合船も多くなり、大ダイの実績も高い。ひとつテンヤ乗合を出している飯岡港「清勝丸」では、水温の上昇にともない好釣果が多くなっている。
つり丸ちゃんねる
つり丸船宿一覧
メンズジェニー

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸定期購読