MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ひとつテンヤに関する記事

ひとつテンヤに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ひとつテンヤでマダイを狙うなら、大型マダイの気配が濃厚な茨城海域・鹿島沖だ。12月中旬の鹿島新港「第五悌栄丸」では、午前船で4.8kgと2.8kg、午後船では6.7kgと5.1kgという大型、良型が取り込まれた。
福島の海が回復。豊穣な海となって多くの釣り人を楽しませてくれている。釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。おいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産十分。
西伊豆・戸田沖ではアカハタ&カサゴなどのロックフィッシュが熱い!胴付き仕掛け、テンヤ、ルアーのどれでも狙えるので、いろいろな釣り方で根魚を楽しもう!
去年、鹿島沖で爆釣につぐ激釣を記録し、アッと言う間に大ブレイクしたマゴチ釣りの新提案・ひとつテンヤマゴチが、今年も満を持して開幕。その初日に鹿島港「長岡丸」にお邪魔して様子を伺ってきた。
飯岡沖でひとつテンヤ乗合が本格的に始まったのは2009年ごろ。マダイ釣りでは比較的新しいエリアだが、近年は乗合船も多くなり、大ダイの実績も高い。ひとつテンヤ乗合を出している飯岡港「清勝丸」では、水温の上昇にともない好釣果が多くなっている。
ここ数年、東京湾では真冬でもエビタイが釣れ続いている。横須賀から鴨居沖までのコマセ禁止エリアで釣れるマダイの体色は紅を差したように赤く、特に冬場は惚れ惚れするくらい深みのある色になる。このマダイをターゲットにしているのが金沢八景の「野毛屋」だ。
ひとつテンヤマダイ釣り発祥の海、外房。この釣り方は全国に飛び火したが、最近はブームも去り、落ち着いた感も。だが、再び人気上昇傾向にある。その理由は、茨城のほぼ全エリアで春から秋までひとつテンヤでマダイが釣れていたことと、千葉海域も外房から飯岡沖までマダイが安定してあがっていたから。広範囲で楽しめたことが最大の理由だ。
年末年始に狙うターゲットの代表格がマダイ。そのマダイをひとつテンヤやタイラバで狙うなら、茨城エリアがオススメ。この時期の茨城エリアは、まだまだベストシーズン。この冬も好釣果が記録されている。
ドスン!! とくる手応えがたまらない。寒くなってますます熱くなるテンヤのスミイカ釣り。東京湾のカリスマ船長こと「鴨下丸」の望月亮英船長が、厳しくも優しくテンヤのスミイカ釣りをレクチャーしてくれるのだ。
外房の大原沖、飯岡沖、そして茨城海域。ここ数年で外房〜茨城では、ひとつテンヤマダイがブレイクした地区が多い。そして、この冬、またまたブレイクしそうなのが外房・片貝沖だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読