MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ハナダイに関する記事

ハナダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
スィ~スィ~ッと誘う竿先がキュキュン! と入る。片貝沖でコマセシャクリによるハナダイ五目釣りが好調だ。いい日は良型主体にトップ30枚ほど釣れる日もあるんだそう。
更新: 2019-03-18 12:00:00
片貝旧港「二三丸」のハナダイ五目船で釣れるハナダイがとにかく良型。取材日は、大量のセグロイワシの襲撃に合い苦戦。それでもトップは24枚。取材をしながら釣りをする取材者の釣果でも18枚という釣れっぷり。
更新: 2019-02-03 12:00:00
ハナダイ釣りというと、小型の数釣りというイメージを持ってはいないだろうか? 成長が遅いハナダイだが、大型になると40㎝を越える。片貝沖はその大型ハナダイが狙える数少ないポイントだ。
更新: 2019-01-08 01:06:04
ハナダイ狙いで出船している片貝旧港「直栄丸」では、このところ25〜40㎝前後の良型主体にトップ30〜40枚前後釣れており、トップ50枚(規定数)の日も多い。ハナダイのシャクリ釣りはウイリー仕掛けや、ここ数年はカラーバリ仕掛けを使い、付けエサなしで行う船も多いが、「直栄丸」ではオキアミエサを付けて釣るのを基本としている。
更新: 2018-12-17 01:03:49
片貝沖のハナダイ五目が好シーズンに突入だ! 片貝旧港「直栄丸」の取材日前の釣果を見ると、ハナダイのトップの釣果が、42枚、38枚、50枚、41枚、50枚と制限尾数に届いているか、あるいは届きそうな勢いだ。
更新: 2018-09-03 01:04:23
江見港「新栄丸」での五目釣りが面白い。新たなポイントを流すたびに、マダイ、イサキ、ハナダイと、それぞれ本命級の魚が船上を賑わせた。
更新: 2018-08-10 01:01:56
動画共有サイトの「You Tube」で「yukoumaru」と入力して、検索してみていただきたい。片貝旧港「勇幸丸」の市東吉雄船長が、シマノ「スポーツカメラ」で撮影した海中の様子を数多くアップしているのだ。その中のハナダイの映像を見れば、きっとそのハナダイの数の多さにビックリするはずだ。
更新: 2018-07-13 00:58:02
真子や白子を抱えた、今が旬のイサキが連日好調だ。片貝旧港「二三丸」ではイサキとハナダイ・アジ五目の欲張りリレーで出船中だ。
更新: 2018-06-19 03:59:55
片貝港「勇幸丸」で出船しているイサキ、ハナダイのリレー船が好期に入った。特にイサキは抱卵時期で、白子、真子を持った良型イサキが釣れ盛っている。
更新: 2018-06-14 01:03:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読