MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ニベに関する記事

ニベに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
平塚港「庄三郎丸」のカサゴ・ヒラメ乗合は、各種の高級根魚が釣れるとあって大人気だ!現在はヒラメ&カサゴが好調!釣行当日は、ほかにマゴチ、ワニゴチ、スズキ、ホウボウなどがまじった。
東京湾のイシモチが好期に突入。手軽な道具で小さな子どもたちも楽しめるが、ベテランも夢中になる奥深さもある。これから春先までが落ちの時期で大型狙いも有望。銀色に輝く魚体は見事なサイズが揃っている。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
内房・館山湾のイワシの泳がせ五目が開幕した。生きたカタクチイワシを使用してヒラメ、マゴチほか各種根魚が手軽に釣れるとあって人気を集める釣りだ。「今年はイワシが獲れるのも遅くてようやく開幕しました。魚は入ってきているようで、これから最盛期になります」とは、館山港「鯨丸」の唐沢進船長だ。
ニベはスズキ目スズキ亜目ニベ科に属する魚である。ホンニベとも呼ばれる。シログチとともに関東では「イシモチ」、関西では「グチ」と呼ばれ混同されることがあるが、別属の魚である。外見上では、鰓蓋上部の黒色斑の有無 や体側の小黒色斑点列の有無で区別が可能である。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読