MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

福島に関する記事

福島に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
福島県・小名浜沖”太平洋最北”開拓途中のアカムツフィールドが開幕!シーズン初期は水深140〜170m。50㎝級の超大型アカムツを積極的に狙おう!!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
師走の小名浜沖は昨年同様、大型アカムツフィーバーでにぎわっている。今期は深場にフィールド拡大中で、40㎝オーバーの良型が連日乱舞!超大型のユメカサゴや大型のマゾイもヒット!50㎝級も幻ではないぞ!!
東北エリアNo.1ヒラメポ イント!福島県相馬沖。昨年同様、秋の大ビラメ祭りが開催中だ。60〜70㎝のヒラメが平均で80㎝や90㎝級の特大ビラメが高確率でまじる、というヒラメフリークにとってパラダイスの漁場だ。
福島県・小名浜沖は2シーズン目を迎えるアカムツの高ポテンシャルフィールドだ!ぜひあなたの腕試しの場に!ポイントの状況、小名浜アカムツタックル、仕掛け、エサ付け~釣り方まで完全攻略法を紹介!
福島県小名浜沖の泥地でアカムツが開幕中。アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。と船長が話すので流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、ビンゴ!おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。
福島の海が回復。豊穣な海となって多くの釣り人を楽しませてくれている。釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。おいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産十分。
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
カレイ五目仕掛けは、各メーカーから発売されているアイナメ用などで十分。テンビンより上のジャラジャラ系の集寄は各自オリジナルだ。小型水中ライト、ブレード、タコベイトなどさまざまだが好みでよいだろう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読