MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

大原沖に関する記事

大原沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
厳冬期はヒラメの最盛期!肉厚で引きが強烈!脂乗り最高! イワシ回遊でホントの本番!大判のチャンス!!大原で大型連発との情報を聞き釣行を決めた。
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
大原沖のマハタが今シーズン絶好調!マハタを狙うなら、今が絶好のチャンス!!希少な超高級魚を高確率で楽しもう!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
外房 大原沖のショウサイフグが右肩上がりで釣果を伸ばしている!大原港「敷嶋丸」では、深場ポイントの良型主体にトップが規定数の80匹に達する釣果も飛び出している!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
ライトタックルで臨む!外房・大原沖のイサキ&シマアジリレー船!ポイントの水深は大原沖10〜20mと超浅場!誘い方の違いで釣り分けけよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読