MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

広布号に関する記事

広布号に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
広布号の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
外房の青物ルアーゲームが絶好調!メインターゲットはヒラマサとワラサ。この時期のヒラマサは“春マサ”と呼ばれ、秋と並んで2大シーズンのひとつだ。夢の外房ヒラマサ10㎏オーバーをキャッチするチャンス!!
大原港のテンヤマダイ船の多くがイワシの群れを追うマダイを狙っている。イワシの反応に付いたマダイは型がよく、ほとんどが3kgを超すサイズ。例年5月頃までイワシの群れが回遊しており、今が大型狙いのチャンス!
これから水温が最も低下する厳寒期に突入する。多くのエリアではマダイを釣るには厳しい時期になるが、外房・大原沖のテンヤマダイはまさにこの厳寒期こそ、大型に期待ができるおもしろい時期なのだ!
「今後は水深40〜60mの場所か、イワシが来ればイワシに付いたマダイ狙い。水深のある場所は比較的型のいいマダイがアタりますし、イワシの反応に付いたマダイは大型が多い」と「LT広布号」の野島船長は話す。
秋の大原沖は例に漏れず、浅場で中小型の数釣りが期待できる時期。水深20m前後のポイントで、条件がそろえばキロ前後ぐらいまでのサイズをトップ2桁釣果も珍しくない。中小型がメインになるが、状況次第では大型のヒットもあるのだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読