MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ライトタックルに関する記事

ライトタックルに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
10月から開幕している大原沖のヒラメは、今シーズンも好スタートを切った。その後も、まずまずの好調をキープしている。これからの時期は、イワシの群れがやってくると本格シーズンに突入!大原沖が楽しみだ。
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲット。現在、安の好釣果が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣り。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
東京湾のLTアジは、気軽な数釣りターゲットとしてビギナーからベテランまで楽しめる。現在の八景沖は気温以上にアツい釣りが展開。ファミリーフィッシングにも最適!暑さ対策を万全にして楽しもう!
ゴールデンウイークに仲間や家族と気軽にできる釣りをお探しのあなたには、相模湾のライトタックルウイリー五目がおすすめだ。ライトロッドに小型両軸リールという軽量なタックルはビギナーでも扱いやすく、釣りやすい。さらにライトタックルなら魚の引き味もダイレクトで、1匹の魚を釣るヨロコビも大きい。
100m近い深場から始まった相模湾のマルイカだが、開幕から1カ月ほどで40〜50mで釣れるまでになった。こうなったらライトタックルの出番だ。
春先からずぅーと好調続きの東京湾のアジ、中でもライトタックルで狙う半日船なら安・近・短でビギナーや家族連れにも最適だ。
キンメ釣りというと、「道具がいろいろと大変で」というイメージがあって、ビギナーには遠慮されることも多い。しかし、ライトタックルキンメは、PE6号を300m巻ける電動リールに、ビシアジやイカ竿などがあれば楽しめる、ビギナーにもやさしい中深場の釣りなのだ。
秋の訪れと共に釣果が上がり出すマダイ。「ちょっと前まではワラサやイナダが多くまじっていたけど、最近はマダイがメインになりつつあるよね。秋は数釣りのイメージがあるけど、大物も出るから侮らないようにね」とは、この道具を使ったマダイ釣りを約10年前から導入している「棒面丸」の鈴木俊一船長だ。
「今やっている場所は、数日前に型のいいのが上がったところなんです。昨日は50㎝が上がりました。そして今日はどうしちゃったのか、特大が3本立て続けに上がりました」と話すのは、平塚「庄治郎丸」の世古勇次郎船長。
東京湾ではアジの好調が続いている。しかも、その釣れっぷりがスゴイ! 束釣りすることもしばしばで、今ならビギナーの人でも高確率で、まとまったお土産が期待できる。さらに東京湾のアジは食べても美味なのも魅力。ここでは東京湾でおこなわれているライトタックルを使うLTアジを解説する。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読