MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

金アジに関する記事

金アジに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾のアジが絶好調。連日数釣りモードの束(100匹)超え!35㎝超えサイズも普通に出現!この日は終日入れ食い状態!トップは圧巻の111匹。束を超える人が2人出るほどの爆釣ぶりで納竿となった。
東京湾でピカイチのうまさを誇る猿島周りのブランドアジ。20~23㎝クラス主体に、30㎝前後の中型、さらに35㎝オーバーの大アジもまじる。タックル、仕掛け、基本の釣り方などを徹底解説!最高の味覚を楽しもう!
鴨居沖でビシアジが好調に釣れている。25〜30㎝がレギュラーサイズで40㎝級も顔を出す。釣れるアジは、幅広、肉厚で、黄金色に輝く。上品な脂を身にまとい絶品な美味さで、東京湾の「金アジ」として扱われている。
東京湾の釣りで圧倒的な人気を誇るタチウオとアジ! 釣趣バツグンで、食べればどちらも絶品。単体で狙う船宿が多いが、実は、一度に両方楽しむことができるリレー船もあり、その釣果が上昇ムードとのこと。
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
八景沖に浮かぶ船の上は、春休み最終日とあって、お父さん、お母さんに連れられた子供たちがあちらこちらで楽しそうに歓声を上げている。半日アジ船は、短時間であること、ポイントまでが港からすぐであること、そしてビシが30号と軽いことなどからも、家族連れに人気の高い釣り物だ。
シャープで小気味良い引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がボディ表面まで浮かび上がり、その身を黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・金沢八景沖の〝金アジ〟が型揃いで楽しく釣れている。
超早朝、いや、もはや深夜に出船し、朝の涼しいうちにすべての釣りを終えて10時頃には帰港する! 暑さ対策にもってこいの究極の夏向けフィッシングを行う2つの船宿を大紹介する。まずは「聡丸編」をどんぞ!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読