MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ワームに関する記事

ワームに関連する記事一覧です。

表示順:
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
今期も好釣果の茨城平潟港「第十五隆栄丸」オキメバル。最大1㎏超のウスメバル、グラマラス&美味な「パンダ」ことウケグチメバルをメインに、幻の「アンポン」ことヤナギメバル、ゲストも豪華で多彩だ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
茨城エリアのテンヤマダイは、年内がベストシーズン!この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でもアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読