MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

茨城海域に関する記事

茨城海域に関連する記事一覧です。

表示順:
12月1日に茨城海域の生きイワシエサのヒラメ釣りが全面解禁!直後から1〜2㎏サイズのヒラメが高活性!連日、良型まじりで規定数10枚に達する釣り人が続出中だ。
11月1日、鹿島沖で待望の生きイワシエサのヒラメ釣りが解禁!今年もまずまずの群れの濃さ!横流し釣りを覚えて大ビラメを狙おう!!
常磐エリア春のメインターゲットヤリイカ!最近では、もっとも人気のある釣り物だ。それもそのハズ、水深100m前後から浅場でパラソル級の爆乗りを体感できるから。そんなヤリイカの攻略法&釣果を紹介!
12月から茨城海域は生きイワシエサによるヒラメ釣りが県内全面解禁!ポイントの状況と船の流し方&イワシ回遊のパターンのを理解して、鹿島沖の美味ヒラメを楽しんでもらいたい。
ひとつテンヤでマダイを狙うなら、大型マダイの気配が濃厚な茨城海域・鹿島沖だ。12月中旬の鹿島新港「第五悌栄丸」では、午前船で4.8kgと2.8kg、午後船では6.7kgと5.1kgという大型、良型が取り込まれた。
12月1日、今期も待望のヒラメ茨城海域全面解禁となった。鹿島港の「大久丸」では2㎏前後の良型ヒラメが船上のあちこちで入れ食い状態!4㎏の大判も浮上している。ヒラメたちが待っている鹿島沖に是非!
今期の部分解禁も好釣果でスタートダッシュを決めた茨城海域のヒラメ釣り!ちなみに当地は、横流しの釣りが主流。今後も数釣りに期待が持てる茨城海域だが、数を伸ばすには、中小型を確実に獲ることも重要。
12月1日茨城海域ヒラメ全面解禁日!ということで、すでに開幕している部分解禁エリアの状況を徹底分析し、さらに例年のパターンを融合させた攻略法をお届け!今後の釣りが有利になり、爆釣間違いなし!
鹿島灘漁業共同組合・鹿島灘遊漁船部会主催(後援:鹿島市、茨城県遊漁船協議会、一般社団法人アントラーズホームタウンDMO)「第5回鹿島灘ヒラメ釣り大会」が11月3日、鹿島沖を舞台に開催された。
つり丸船宿一覧
つり丸ちゃんねる

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸定期購読