内房に関する釣り記事


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


上総湊の伝統釣法”シャクリマダイ”にチャレンジ!(とう市丸)

上総湊の伝統釣法”シャクリマダイ”にチャレンジ!(とう市丸)

今年の内房も大型実績が高く、マダイファンを熱くさせる嬉しいシーズンがやってきた。コマセマダイ、ひとつテンヤ、タイラバなどが人気だが、今回は上総湊の伝統釣法「シャクリマダイ」に挑戦してきた。コマセを使わず、生きたエビとオモリだけの非常にシンプルなもの。まさに「エビでタイを釣る」の原点だ。


難しいことは考えずにの〜んびりマダコを釣ってみよう!(浜新丸)

難しいことは考えずにの〜んびりマダコを釣ってみよう!(浜新丸)

富津のマダコ釣りが盛期を迎えている。富津港の「浜新丸」では、ゴールデンウィークから乗合を開始し、3kg の大型まじりで良い日はトップ5~8杯の釣果が続いている。


手軽に楽しめ大ダイも期待できる! 内房のシャクリマダイ(とう市丸)

手軽に楽しめ大ダイも期待できる! 内房のシャクリマダイ(とう市丸)

内房で代々受け継がれている伝統的な釣法のシャクリマダイ。生きエビをエサに使った釣趣抜群の釣りだ。上総湊港「とう市丸」では周年の看板にしている。


LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)

LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)

内房・館山湾のイワシの泳がせ五目が開幕した。生きたカタクチイワシを使用してヒラメ、マゴチほか各種根魚が手軽に釣れるとあって人気を集める釣りだ。「今年はイワシが獲れるのも遅くてようやく開幕しました。魚は入ってきているようで、これから最盛期になります」とは、館山港「鯨丸」の唐沢進船長だ。


マゴチメインに五目釣り! 仕掛け&アワセ方(館山沖・鯨丸)

マゴチメインに五目釣り! 仕掛け&アワセ方(館山沖・鯨丸)

初夏から夏に東京湾で盛んになるマゴチ釣り。東京湾奥や神奈川の乗合船が、エビエサやハゼエサなどで狙うのが一般的だが、内房、館山湾では生きたカタクチイワシエサを使い、マゴチ中心の五目釣りで狙う。


獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

富浦周辺では、春から夏にかけてセグロイワシ(=カタクチイワシ)が大量に獲れる。それをエサにした泳がせ釣りが、富浦周辺の船宿(とくに仕立専門船宿)で盛んにおこなわれている。


内房の大場所・横瀬に大ダイ乗っ込み本番中だっ!【内房・富浦沖】

内房の大場所・横瀬に大ダイ乗っ込み本番中だっ!【内房・富浦沖】

富浦沖は、館山湾と東京湾の両方の湾口部にあたり、おもなポイントは、館山湾口の横瀬と富浦沖の象背根。今期は、横瀬水深80mから始まり、水深50〜70mのなだらかな根周りに乗っ込みマダイが集結中だ。連日、3㎏オーバーはあたり前、すでに5㎏オーバーも多数キャッチされている。


富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

今シーズンは各地で遅れ気味でスタートした乗っ込みマダイだが、ここ内房・富浦沖でも例年より若干遅い釣れだしながら、好調な釣果が続いている。


手軽に楽しめ本格釣果! ボート釣りを楽しもう!!【内房・富浦沖】

手軽に楽しめ本格釣果! ボート釣りを楽しもう!!【内房・富浦沖】

ボート釣りは、釣り船にはない自由さがある反面、釣果の責任はポイントを選んだ自分にあるといっていい。本格的にやれば釣り船顔負けの釣果も可能だが、遊び感覚でやってもそこそこの釣果は期待できる。ファミリーやカップルでボートに乗ればそれだけでも楽しいもの。でも、少しのことで楽しさも釣果もグーンとアップする。


生きイワシ餌でアタリ活発! マゴチ筆頭の五目釣り【内房・館山沖】

生きイワシ餌でアタリ活発! マゴチ筆頭の五目釣り【内房・館山沖】

マゴチ釣りというと東京や神奈川の乗合船が、エビエサやハゼエサなどで狙うのが一般的だが、ここ館山湾では生きたカタクチイワシエサで狙うのがおもしろい。


シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

山々に新緑が萌え、太陽がまぶしく感じられるいまは、ボート釣りに最高の季節だ。楽しいだけでなく、釣り船顔負けの釣果だって夢じゃない! そして何より最高の笑顔になれるボート釣りに行こう!


富浦沖乗っ込みマダイ最盛期、記録サイズを狙おう!【内房・富浦沖】

富浦沖乗っ込みマダイ最盛期、記録サイズを狙おう!【内房・富浦沖】

東京湾口部に位置する内房・富浦沖。水深70〜80mの横瀬や水深40〜80mの象背根がマダイの春の乗っ込みポイントだ。ここは、いきなりモンスター級のマダイが釣れることが最大の魅力といっていいだろう。


手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】

手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】

東京湾にマダイが乗っ込んできた。「金谷沖の西根で釣れだしましたからね、潮がよいときなら、もう乗っ込みものの型がいいのを狙えると思いますよ。3㎏クラスも出ていますよ…」とは内房・上総湊港「とう市丸」の吉野泰治朗船長。


   勝山沖のマルイカ、反応バリバリ!【内房・勝山沖】

勝山沖のマルイカ、反応バリバリ!【内房・勝山沖】

年明け早々に開幕し、一部のエリアでは水深50m以浅の浅場でも釣れはじめ、ついにマルイカもシーズン本番に突入だ!


ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・  富津沖】

ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・ 富津沖】

非常に刺激的で面白い伝統釣法・エビスズキ。未体験の方も多いと思われます。ぜひとも一度体験して欲しい。


手軽に挑戦できる大物釣り、富津沖のエビスズキ開幕【内房・富津沖】

手軽に挑戦できる大物釣り、富津沖のエビスズキ開幕【内房・富津沖】

季節は確実に春に移行したことを感じるこの頃。釣りの世界にも春を感じさせてくれる釣り物が数々ある。生きエビをエサに大物と対峙する「エビスズキ釣り」もその1つだ。エサとなる生きエビが入手できたことから、富津港「浜新丸」で乗合船が始まるという情報。さっそく、開幕初日となる3月10日に釣行してきた。


イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

絶景スポットでもある内房・富浦沖で、一風変わったイワシの泳がせ釣りを行なってきた。


内房イカ五目、大型モンゴウイカがズシッ!【内房・上総湊〜金谷沖】

内房イカ五目、大型モンゴウイカがズシッ!【内房・上総湊〜金谷沖】

餌木イカ五目。その名の通り餌木シャクリで狙うイカの五目釣りで、季節によってアオリイカ、スミイカ、モンゴウイカなどが乗ってくるが、今の時期面白いのが「巨大モンゴウイカ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング