内房に関する釣り記事


マゴチメインに五目釣り! 仕掛け&アワセ方(館山沖・鯨丸)

マゴチメインに五目釣り! 仕掛け&アワセ方(館山沖・鯨丸)

初夏から夏に東京湾で盛んになるマゴチ釣り。東京湾奥や神奈川の乗合船が、エビエサやハゼエサなどで狙うのが一般的だが、内房、館山湾では生きたカタクチイワシエサを使い、マゴチ中心の五目釣りで狙う。


獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

富浦周辺では、春から夏にかけてセグロイワシ(=カタクチイワシ)が大量に獲れる。それをエサにした泳がせ釣りが、富浦周辺の船宿(とくに仕立専門船宿)で盛んにおこなわれている。


内房の大場所・横瀬に大ダイ乗っ込み本番中だっ!【内房・富浦沖】

内房の大場所・横瀬に大ダイ乗っ込み本番中だっ!【内房・富浦沖】

富浦沖は、館山湾と東京湾の両方の湾口部にあたり、おもなポイントは、館山湾口の横瀬と富浦沖の象背根。今期は、横瀬水深80mから始まり、水深50〜70mのなだらかな根周りに乗っ込みマダイが集結中だ。連日、3㎏オーバーはあたり前、すでに5㎏オーバーも多数キャッチされている。


富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

今シーズンは各地で遅れ気味でスタートした乗っ込みマダイだが、ここ内房・富浦沖でも例年より若干遅い釣れだしながら、好調な釣果が続いている。


手軽に楽しめ本格釣果! ボート釣りを楽しもう!!【内房・富浦沖】

手軽に楽しめ本格釣果! ボート釣りを楽しもう!!【内房・富浦沖】

ボート釣りは、釣り船にはない自由さがある反面、釣果の責任はポイントを選んだ自分にあるといっていい。本格的にやれば釣り船顔負けの釣果も可能だが、遊び感覚でやってもそこそこの釣果は期待できる。ファミリーやカップルでボートに乗ればそれだけでも楽しいもの。でも、少しのことで楽しさも釣果もグーンとアップする。


生きイワシ餌でアタリ活発! マゴチ筆頭の五目釣り【内房・館山沖】

生きイワシ餌でアタリ活発! マゴチ筆頭の五目釣り【内房・館山沖】

マゴチ釣りというと東京や神奈川の乗合船が、エビエサやハゼエサなどで狙うのが一般的だが、ここ館山湾では生きたカタクチイワシエサで狙うのがおもしろい。


シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

山々に新緑が萌え、太陽がまぶしく感じられるいまは、ボート釣りに最高の季節だ。楽しいだけでなく、釣り船顔負けの釣果だって夢じゃない! そして何より最高の笑顔になれるボート釣りに行こう!


富浦沖乗っ込みマダイ最盛期、記録サイズを狙おう!【内房・富浦沖】

富浦沖乗っ込みマダイ最盛期、記録サイズを狙おう!【内房・富浦沖】

東京湾口部に位置する内房・富浦沖。水深70〜80mの横瀬や水深40〜80mの象背根がマダイの春の乗っ込みポイントだ。ここは、いきなりモンスター級のマダイが釣れることが最大の魅力といっていいだろう。


手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】

手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】

東京湾にマダイが乗っ込んできた。「金谷沖の西根で釣れだしましたからね、潮がよいときなら、もう乗っ込みものの型がいいのを狙えると思いますよ。3㎏クラスも出ていますよ…」とは内房・上総湊港「とう市丸」の吉野泰治朗船長。


   勝山沖のマルイカ、反応バリバリ!【内房・勝山沖】

勝山沖のマルイカ、反応バリバリ!【内房・勝山沖】

年明け早々に開幕し、一部のエリアでは水深50m以浅の浅場でも釣れはじめ、ついにマルイカもシーズン本番に突入だ!


ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・  富津沖】

ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・ 富津沖】

非常に刺激的で面白い伝統釣法・エビスズキ。未体験の方も多いと思われます。ぜひとも一度体験して欲しい。


手軽に挑戦できる大物釣り、富津沖のエビスズキ開幕【内房・富津沖】

手軽に挑戦できる大物釣り、富津沖のエビスズキ開幕【内房・富津沖】

季節は確実に春に移行したことを感じるこの頃。釣りの世界にも春を感じさせてくれる釣り物が数々ある。生きエビをエサに大物と対峙する「エビスズキ釣り」もその1つだ。エサとなる生きエビが入手できたことから、富津港「浜新丸」で乗合船が始まるという情報。さっそく、開幕初日となる3月10日に釣行してきた。


イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

絶景スポットでもある内房・富浦沖で、一風変わったイワシの泳がせ釣りを行なってきた。


内房イカ五目、大型モンゴウイカがズシッ!【内房・上総湊〜金谷沖】

内房イカ五目、大型モンゴウイカがズシッ!【内房・上総湊〜金谷沖】

餌木イカ五目。その名の通り餌木シャクリで狙うイカの五目釣りで、季節によってアオリイカ、スミイカ、モンゴウイカなどが乗ってくるが、今の時期面白いのが「巨大モンゴウイカ」だ。


内房のアオリイカ、ティップランエギングで攻略だ!【内房・富浦沖】

内房のアオリイカ、ティップランエギングで攻略だ!【内房・富浦沖】

一昨年ぐらいから関東にも上陸した「ティップランエギング」。それまで関東でメインの釣法となっていた中オモリを介したシャクリ釣りとは違い、アオリイカが餌木を抱いたときのアタリを感じて掛ける釣りだ。


本命アオリもイイけど大型モンゴウが爆乗り中だ!!【内房・金谷沖]】

本命アオリもイイけど大型モンゴウが爆乗り中だ!!【内房・金谷沖]】

金谷沖は周年多くのイカが集まる場所。そこで40年以上の長い間に渡って遊漁でアオリイカを釣らせている船宿が「さえむ丸」だ。そして、金谷沖にはアオリ以外にも魅力溢れるイカがいる、それが2㎏オーバーにもなるモンゴウイカ。特に冬場はその好期、年の瀬の12月22日、ジャンボモンゴウを狙いに金谷へと車を走らせた。


祝鯛!! 新年はマダイ釣りで始めよう【内房・富浦沖】

祝鯛!! 新年はマダイ釣りで始めよう【内房・富浦沖】

新年は験担ぎでマダイ釣りから始めてはいかがでしょう! 気分爽快の三段引きを味わいに、さあ、大海原に出かけよう!


東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

マダイの一級ポイントで知られる富浦沖。東京湾口の千葉県側に位置し、一年を通して安定した釣果が望めることで、近年人気上昇中のマダイエリアだ。


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖]】

アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖]】

上総湊沖では秋から早春にかけて餌木を使ったイカ釣りのシーズンを迎える。対象となるイカはアオリイカ、スミイカ、モンゴウイカの3種。どれも美味しいイカで、魚屋では滅多に見られない。秋シーズンが始まったばかりの上総湊沖のイカを釣りに行ってきた。


ランキング


>>総合人気ランキング