MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

内房に関する記事

内房に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「共栄丸」の船長がすすめる仕掛けは2段テーパーハリス。上ハリス(クッション側)6号4〜5m。下ハリス(ハリ側)は4号5〜6m。サルカンを介して上ハリスと下ハリスをつないで全長10mにする。
更新: 2019-01-16 00:55:02
タックルは、シャクれるライト系の竿なら何でもOK。昔はシャクリアオリ専用ロッドも発売されていたが、現在は1.4~1.6mの軟らかめのマルイカロッドや、LTゲーム用のロッドを使用する。
更新: 2019-01-08 01:08:16
関東圏で話題になりつつある2つの餌木を付けて釣るアオリイカの新釣法〝ティップランプラス〟。この釣りを開発した張本人たちが関東の海で新釣法を披露した。
更新: 2019-01-07 00:57:38
「第三共栄丸」での使用ビシは80号。そのため、竿は80号のビシを使用できるコマセマダイ用がベスト。竿は2.5〜3.6m。リールは小型電動がオススメ。これからの時期は、水深60m以上のポイントがほとんど。手返しという点でも電動リール使用が楽だ。道糸はPEラインの3〜6号を200m以上巻いておこう。
更新: 2019-01-07 00:57:28
掛ける醍醐味はもちろん、手でファイトするエキサイティングなやりとりでファンを魅了! 釣った感が全身で味わえる東京湾内房のシャクリマダイが、秋の最盛期を迎え、今、まさに盛り上がっている。
更新: 2018-12-03 01:10:42
天羽のシャクリマダイが面白い。天羽とは、富津市の一部をそう呼んだ、かつての郡名らしいが、内房総・上総湊「とう市丸」の船上には「天羽 とう市丸」と書かれているプレートが貼られている。そんなところにもこの釣りの歴史を感じるが、なにより手バネ竿でマダイを釣るのは、マダイ釣りの歴史に触れたような味わいがある。
更新: 2018-11-06 00:56:36
「さえむ丸」のアオリイカはオーソドックスなショートロッドを用いたスタイルが主流だ。タックルは1.3〜1.5mほどのアオリイカ専用竿ほか、軟らかめのマルイカ竿やライトゲーム用のロッドなども流用できる。もちろんロングロッドでもOKだ。
更新: 2018-10-25 01:03:54
内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。
更新: 2018-08-20 01:03:21
夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。
更新: 2018-07-26 00:59:37
今年の内房も大型実績が高く、マダイファンを熱くさせる嬉しいシーズンがやってきた。コマセマダイ、ひとつテンヤ、タイラバなどが人気だが、今回は上総湊の伝統釣法「シャクリマダイ」に挑戦してきた。コマセを使わず、生きたエビとオモリだけの非常にシンプルなもの。まさに「エビでタイを釣る」の原点だ。
更新: 2018-07-02 01:07:55

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読