沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

内房に関する釣り情報


マダイの初釣りにオススメ! 数釣りOK、マダイ仕掛け(共栄丸)

マダイの初釣りにオススメ! 数釣りOK、マダイ仕掛け(共栄丸)

「共栄丸」の船長がすすめる仕掛けは2段テーパーハリス。上ハリス(クッション側)6号4〜5m。下ハリス(ハリ側)は4号5〜6m。サルカンを介して上ハリスと下ハリスをつないで全長10mにする。


スミ&モンゴウまじりで楽しい!シャクリアオリイカ仕掛け(さえむ丸)

スミ&モンゴウまじりで楽しい!シャクリアオリイカ仕掛け(さえむ丸)

タックルは、シャクれるライト系の竿なら何でもOK。昔はシャクリアオリ専用ロッドも発売されていたが、現在は1.4~1.6mの軟らかめのマルイカロッドや、LTゲーム用のロッドを使用する。


LT新釣法! ”ティップランプラス”(庄三郎丸・さえむ丸・ゆたか丸)

LT新釣法! ”ティップランプラス”(庄三郎丸・さえむ丸・ゆたか丸)

関東圏で話題になりつつある2つの餌木を付けて釣るアオリイカの新釣法〝ティップランプラス〟。この釣りを開発した張本人たちが関東の海で新釣法を披露した。


状況次第では数釣りも…富浦沖のコマセマダイ仕掛け(第三共栄丸)

状況次第では数釣りも…富浦沖のコマセマダイ仕掛け(第三共栄丸)

「第三共栄丸」での使用ビシは80号。そのため、竿は80号のビシを使用できるコマセマダイ用がベスト。竿は2.5〜3.6m。リールは小型電動がオススメ。これからの時期は、水深60m以上のポイントがほとんど。手返しという点でも電動リール使用が楽だ。道糸はPEラインの3〜6号を200m以上巻いておこう。


東京湾の伝統釣法”手バネのシャクリマダイ”只今絶好調!(とう市丸)

東京湾の伝統釣法”手バネのシャクリマダイ”只今絶好調!(とう市丸)

掛ける醍醐味はもちろん、手でファイトするエキサイティングなやりとりでファンを魅了! 釣った感が全身で味わえる東京湾内房のシャクリマダイが、秋の最盛期を迎え、今、まさに盛り上がっている。


手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

天羽のシャクリマダイが面白い。天羽とは、富津市の一部をそう呼んだ、かつての郡名らしいが、内房総・上総湊「とう市丸」の船上には「天羽 とう市丸」と書かれているプレートが貼られている。そんなところにもこの釣りの歴史を感じるが、なにより手バネ竿でマダイを釣るのは、マダイ釣りの歴史に触れたような味わいがある。


好乗り好発進! 餌木シャクリのアオリイカの仕掛け(さえむ丸)

好乗り好発進! 餌木シャクリのアオリイカの仕掛け(さえむ丸)

「さえむ丸」のアオリイカはオーソドックスなショートロッドを用いたスタイルが主流だ。タックルは1.3〜1.5mほどのアオリイカ専用竿ほか、軟らかめのマルイカ竿やライトゲーム用のロッドなども流用できる。もちろんロングロッドでもOKだ。


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


上総湊の伝統釣法”シャクリマダイ”にチャレンジ!(とう市丸)

上総湊の伝統釣法”シャクリマダイ”にチャレンジ!(とう市丸)

今年の内房も大型実績が高く、マダイファンを熱くさせる嬉しいシーズンがやってきた。コマセマダイ、ひとつテンヤ、タイラバなどが人気だが、今回は上総湊の伝統釣法「シャクリマダイ」に挑戦してきた。コマセを使わず、生きたエビとオモリだけの非常にシンプルなもの。まさに「エビでタイを釣る」の原点だ。


難しいことは考えずにの〜んびりマダコを釣ってみよう!(浜新丸)

難しいことは考えずにの〜んびりマダコを釣ってみよう!(浜新丸)

富津のマダコ釣りが盛期を迎えている。富津港の「浜新丸」では、ゴールデンウィークから乗合を開始し、3kg の大型まじりで良い日はトップ5~8杯の釣果が続いている。


手軽に楽しめ大ダイも期待できる! 内房のシャクリマダイ(とう市丸)

手軽に楽しめ大ダイも期待できる! 内房のシャクリマダイ(とう市丸)

内房で代々受け継がれている伝統的な釣法のシャクリマダイ。生きエビをエサに使った釣趣抜群の釣りだ。上総湊港「とう市丸」では周年の看板にしている。


LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)

LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)

内房・館山湾のイワシの泳がせ五目が開幕した。生きたカタクチイワシを使用してヒラメ、マゴチほか各種根魚が手軽に釣れるとあって人気を集める釣りだ。「今年はイワシが獲れるのも遅くてようやく開幕しました。魚は入ってきているようで、これから最盛期になります」とは、館山港「鯨丸」の唐沢進船長だ。


マゴチメインに五目釣り! 仕掛け&アワセ方(館山沖・鯨丸)

マゴチメインに五目釣り! 仕掛け&アワセ方(館山沖・鯨丸)

初夏から夏に東京湾で盛んになるマゴチ釣り。東京湾奥や神奈川の乗合船が、エビエサやハゼエサなどで狙うのが一般的だが、内房、館山湾では生きたカタクチイワシエサを使い、マゴチ中心の五目釣りで狙う。


獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

富浦周辺では、春から夏にかけてセグロイワシ(=カタクチイワシ)が大量に獲れる。それをエサにした泳がせ釣りが、富浦周辺の船宿(とくに仕立専門船宿)で盛んにおこなわれている。


内房の大場所・横瀬に大ダイ乗っ込み本番中だっ!【内房・富浦沖】

内房の大場所・横瀬に大ダイ乗っ込み本番中だっ!【内房・富浦沖】

富浦沖は、館山湾と東京湾の両方の湾口部にあたり、おもなポイントは、館山湾口の横瀬と富浦沖の象背根。今期は、横瀬水深80mから始まり、水深50〜70mのなだらかな根周りに乗っ込みマダイが集結中だ。連日、3㎏オーバーはあたり前、すでに5㎏オーバーも多数キャッチされている。


富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

今シーズンは各地で遅れ気味でスタートした乗っ込みマダイだが、ここ内房・富浦沖でも例年より若干遅い釣れだしながら、好調な釣果が続いている。


手軽に楽しめ本格釣果! ボート釣りを楽しもう!!【内房・富浦沖】

手軽に楽しめ本格釣果! ボート釣りを楽しもう!!【内房・富浦沖】

ボート釣りは、釣り船にはない自由さがある反面、釣果の責任はポイントを選んだ自分にあるといっていい。本格的にやれば釣り船顔負けの釣果も可能だが、遊び感覚でやってもそこそこの釣果は期待できる。ファミリーやカップルでボートに乗ればそれだけでも楽しいもの。でも、少しのことで楽しさも釣果もグーンとアップする。


生きイワシ餌でアタリ活発! マゴチ筆頭の五目釣り【内房・館山沖】

生きイワシ餌でアタリ活発! マゴチ筆頭の五目釣り【内房・館山沖】

マゴチ釣りというと東京や神奈川の乗合船が、エビエサやハゼエサなどで狙うのが一般的だが、ここ館山湾では生きたカタクチイワシエサで狙うのがおもしろい。


シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

山々に新緑が萌え、太陽がまぶしく感じられるいまは、ボート釣りに最高の季節だ。楽しいだけでなく、釣り船顔負けの釣果だって夢じゃない! そして何より最高の笑顔になれるボート釣りに行こう!


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読