MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ムシガレイに関する記事

ムシガレイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ビッグワンが期待できる乗っ込み期のマダイ!日立久慈沖では、これからひとつテンヤ釣法での乗っ込み本番を迎えようとしている。当地ならではのテンヤマダイの攻略法を紹介しよう。
ようやく気配が出始めた、マダイの乗っ込み。「マダイ釣りならお任せ!」の葉山柴崎港「福栄丸」でも、食べ頃の1㎏級を中心に釣り頃の2~3㎏級がまじり、トップ二桁に迫る釣果も出ている。
開幕から順調な日立沖のマコガレイ。40~50㎝級のいわゆるザブトンサイズが釣れるとあって、同エリア、春の人気ターゲットだ。魚体は超肉厚!旬は春から夏。日立沖のマコガレイは、最高の食味が楽しめるのだ。
外房・飯岡のホウボウジギングはコレからが面白い!今後は良型が連発する時期!極太の飯岡サイズとのテクニカルゲームを楽しもう!
相模湾の恵みをワンサカGET! 定番の良型アジにイサキ、ハナダイ、イシダイ、アマダイ、イナダなど、欲張り派の釣り人も目を見張る五目釣り!相模湾・茅ヶ崎沖で展開中だ!
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
3月いっぱいをもって、釣りの仕事から引退するコジレイこと児島玲子さん。そんな彼女がつり丸最後の取材の釣り物に選んだのが、相模湾の「LTウイリー五目」!楽しいに決まっている!
春のターゲットとして定着した外房・飯岡沖のホウボウ。今年も2月後半から開幕した。当地は良型主体の数釣りが楽しめるのが最大の魅力!食いがいい日にはダブル&トリプル、トップ30匹以上を記録することも。
東伊豆のオニカサゴが、好調キープ!数釣りも楽しめるエリア、伊東港「三好丸」へ釣行。オニカサゴ釣りとしては水深が浅いのでビギナーでも楽しめる。メチャうまの高級魚をイージーに釣るチャンス到来です!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読