MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

上越沖に関する記事

上越沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
日本海はケンサキイカの季節に突入中。今回は、石川・金沢港の「北龍丸」&新潟・直江津港「第二八坂丸」の釣果情報とともに、釣り方の主流「メタルスッテ」基本タックル&基本釣法を詳しく解説する。
上越沖のオキメバルのポイントには1月から、オキメバルの主食であるプランクトン、通称「アミエビ」が大量に湧き、例年5月の連休から「アミエビ」が去り上越沖のオキメバル釣りのシーズンが始まる。
上越沖は2月から4月のプレ乗っ込み、5月〜7月の乗っ込みマダイ釣りが有名。真夏の高水温期はひと段落し、9月半ば以降から年末まで秋マダイ釣りが本格化するのが例年のパターン。ところが、今秋は高水温が続いたためか、海のなかの夏は継続。10月までそのような状況だった。つまり、海の秋の到来が約1ヵ月遅れている。
新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。
上越界隈のカレイフリークにとっては待ちに待ったシーズン到来だ。狙いはヒラメと見間違う40㎝オーバーの個体。時に50㎝サイズも飛び出す。
今年の上越沖のマダイは、例年とはちょっと様子が違う。2月末よりゴールデンウイークまで名立沖でプレ乗っ込みマダイが釣れ続け、途切れることなく名立沖〜直江津沖の広範囲で本乗っ込みが開始。例年に比べれば、乗っ込みは半月ほど早いという。マダイの乗っ込みと同時期に開幕するのが、直江津沖の夜ヒラメ釣りだ。
待望の上越・直江津沖のプレ乗っ込みマダイシーズンが到来した。魅力は、なんといってもマダイのサイズがよいことと味のよさ。
脂のりのりの極上寒ブリをエサで釣ることができる貴重な釣り場が上越・有間川沖だ。夜釣りで狙う。「今年はブリが釣れれば、すべてブリ。ワラサイナダはまじりません。こんな年はめったにありません」とは、この釣りを得意とする直江津港「第二八坂丸」の竹内敏幸船長の弁。
上越沖では、毎年、11月半ばからブリが回遊する。全国的にもブリは年々増加しているが、ここのブリはちょっと違う。あの有名な高級ブリ、富山の氷見の寒ブリと同じなのだ。丸々とした魚体、そして、身にはたっぷりと脂を蓄え、最高級ブリの名のとおり、食せば誰もが舌鼓を打つこと間違いなしの魚だ。
日本海のブリジギングシーズンがいよいよ開幕した。上越沖は11月末より待望のブリが回遊。12㎏という大型もキャッチされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読