MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

剣崎松輪港に関する記事

剣崎松輪港に関連する記事一覧です。

表示順:
相模湾のキハダ・カツオが本格化!今年の魚は仕掛けを避けていく!合図があったら即投入が絶対!!前アタリのメカニズム!剣崎松輪港「一義丸」立川船長の最新攻略法を紹介!
ゼロから学ぶコマセマダイ!タックル、二段テーパ&2本バリ仕掛け、釣り方、付けエサとコマセの同調、誘い方まで完全解説!「つり丸」レポーター!金澤美穂ちゃんの剣崎沖釣行レポートも紹介!
関東屈指の乗っ込みポイント剣崎沖!本番はマダイが浮き、タナが高くなるのが特徴。シーズンによっては水深の半分ぐらいのタナが指示されることもある。多彩なゲストもまじり、五目釣り感覚で楽しめる。
東京湾口・剣崎沖のマダイが早くも乗っ込み最盛期突入!剣崎松輪港「一義丸」では、数もサイズも絶好調だ!魚探反応がとにかく凄い!この時期特有の習性を理解して攻略しよう!
「乗っ込み本番の場所で釣れだしたましたよ」と、剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長。いよいよ本番!「価値ある一枚」をアナタの手で! 
初 釣りは、魚の王様・マダイからスタート!今、一番ホットなエリア・城ケ島~剣崎沖のコマセマダイ攻略法を紹介。おめでタイ〝マダイ〟を釣って、2020年のスタートダッシュをキメちゃいましょう!!
剣崎沖の広範囲のポイントでマダイ、イナダ、ワラサが好調に釣れている。どの魚種が掛かるかわからないので、仕掛けのセレクトがカギ!今回はそれぞれの仕掛け、釣り方を紹介する。秋の剣崎沖を存分に楽しもう!!
剣崎松輪港の「大松丸」では、マダイにまじってワラサが上がっている。釣れているのは2.5㎏前後の「イナワラ」と呼ばれるサイズ。ワラサになる一歩前。強烈な引きの青物相手に、ひと汗かきに行ってみよう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読