MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ビシアジに関する記事

ビシアジに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
今回は東京湾のアジ釣り。タックルはビシアジ専用竿やシマノ「ライトゲーム」シリーズの7対調子で、130号のオモリに対応したロッドを使用。リールは小型電動がオススメ!道糸はPEライン3〜4号が基準。仕掛けはハリス2号の2〜3本バリ。
更新: 2019-08-13 01:05:02
旬のアジを釣るのなら、専用竿に 小型電動リールで釣るビシアジ釣り。代表的なポイントが猿島周りで、ほぼ周年アジ釣りができる。40㎝に迫る大型もまじり、美味しい旬のアジが大漁まちがいなしだ!
更新: 2019-07-21 07:00:00
東京湾・久里浜沖のアジがいま好調だ。このところ東京湾のアジは一年を通して釣れる優良株だが、この時季はさらにギアを上げて絶好調。このまま夏アジへ爆走だ!
更新: 2019-07-10 07:00:00
春から夏にかけてが旬と言われるマアジ。今まさに脂が乗って美味しい時期だ。東京湾・走水沖は言わずと知れたアジ釣りのメッカ。速い潮が大型で美味しいアジを育んでくれるため、周年大型アジ釣りが楽しめるぞ!
更新: 2019-06-21 07:00:00
東京湾・猿島沖にアジが入ってきた。ここで釣れるアジは「金アジ」と呼ばれ、黄金色に輝いているのが特徴。栄養豊富な海域で育ったアジは体高があり、脂の乗りも申し分なし。釣り方も簡単!ビギナーにもオススメだ!
更新: 2019-05-23 07:00:00
神奈川・久比里「やまてん丸」のアジ船である「第二山天丸」。その船上は半数以上がビギナーだった。沖釣りの入門にうってつけとされるビシアジ。沖釣り入門にオススメで奥が深く、楽しめるのがアジ釣りだ!
更新: 2019-04-05 12:00:00
東京湾・鴨居沖〜久里浜沖では、水温が下がるこの時期でもかなりいいサイズのアジが釣れる。いつが旬だかわからないぐらいに脂の乗りは最高だ。さらに、40㎝オーバーのマサバも多く、こちらもまた脂が乗り乗りだ。
更新: 2019-03-28 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
ゲストを釣ることも視野に入れて「洋征丸」では色々な仕掛けを準備。アジ専門の場合はハリス1.7〜2号、ハリ数2〜3本の標準的なビシアジ用。冬場は潮が澄む日が多いので、ハリスが太すぎると食いが悪くなる。
更新: 2019-03-02 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読