MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

泳がせ釣りに関する記事

泳がせ釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
今年の八丈島は、ムロアジの泳がせ釣りでカンパチが絶好調に釣れている!大型カンパチはヒット直後のトルクが強烈だ。年内はカンパチの豊漁が望める。スタンディングファイトで豪快やり取りを満喫しよう!
大物聖地 銭洲同様、金になる瀬という意味の御前崎 金洲。青物の泳がせ釣りと同時にコマセ釣りで五目釣りができるのが魅力。今後は状況に応じて近場の御前崎沖も五目&泳がせスタイルで狙っていくという。
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地 銭洲。いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからだ!
外房・小湊沖カンパチ五目。カッタクリ仕掛けや小アジの泳がせで高級魚がザックザク!そんな釣りがこれから最盛期。驚くような近場で驚きの高級魚たちがいっぱい!ライトで誰でもスリリングな釣りが楽しめる!
大物&高級魚たちがひしめく大物釣りの聖地・銭洲が、今期も好調持続中。チビムロの泳がせで 良型カンパチが爆裂中!開幕から例年以上の釣果。高級五目も好調キープ。爆釣ワンダーランドの銭洲へGOだ!!
大物の聖地、銭洲がおもしろい! 4月に解禁したシマアジ五目好調からスタートし現在は例年通りカンパチが楽しめている。 昨シーズンのカンパチは絶好調だったことは記憶に新しいが、今期も同様の気配がしている。
真夏の日本海。暑いのはしょうがないが昼の釣り物が意外と少ない。「うちは昼の釣りもメインにしてます。夜もやってますけど、ショート便のみ。これから秋までは、ライト泳がせが看板釣り物です」と話す、金沢「北龍丸」の安藤岳志船長。
富浦周辺では、春から夏にかけてセグロイワシ(=カタクチイワシ)が大量に獲れる。それをエサにした泳がせ釣りが、富浦周辺の船宿(とくに仕立専門船宿)で盛んにおこなわれている。
平塚「庄三郎丸」では、4月中旬に、それまで出船していたカサゴ船がヒラメ&カサゴ船に変わった。このカサゴ&ヒラメ船、サビキ仕掛けでカタクチイワシを釣り、それをエサにした泳がせ釣りでヒラメとカサゴを狙うのだ。
勝浦港「初栄丸」の浅場のカサゴ、メバル乗合は、サビキで釣ったカタクチイワシを泳がせて30㎝前後の大型カサゴ、メバルを狙い、それにマハタ、アカハタ、ソイ、ヒラメなどがまじる根魚五目釣りだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読