MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

泳がせ釣りに関する記事

泳がせ釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
相模湾の二宮沖で絶品”寒ブリ”を釣らせてくれるのが、茅ヶ崎港の「ちがさき丸」だ!釣り方は、エサのサバの釣れ具合によって落とし込みまたは泳がせで!今年のしめくくりにぜひ!
泳がせ、キハダのマストアイテム電動リールがさらにパワーアップ 「フォースマスター6000」
友人、カップル、親子で楽しめるボート釣り!シロギスメインで思わぬ大物も期待!アジの数釣りも!内房・富浦と横須賀・大津沖をメインにボート釣りの基本を紹介!
欲張り派アングラーに超オススメ!良型のマアジと大ダイをメインに、クロムツ、青物、ヒラメなども狙える小坪港「洋征丸」のアジ&マダイ五目が釣果急上昇中!相模湾を釣りまくろう!!
小 坪港「洋征丸」では、アジ&マダイ&クロムツを狙う五目で出船。初冬までは食わせサビキ仕掛けでの青物狙いも加わっている。新年の初釣りは、アジ、出世魚で縁起がいいワラサ、ブリもゲットしよう!
相模湾のブリ釣りは、今期も11月に開幕。ポイントは茅ヶ崎沖〜二宮沖水深160〜200m。例年、この深場にベイトを求めて回遊してくるブリを狙う。今期の模様を茅ヶ崎港「湘南海成丸」の鈴木敦船長に聞く。
今年の八丈島は、ムロアジの泳がせ釣りでカンパチが絶好調に釣れている!大型カンパチはヒット直後のトルクが強烈だ。年内はカンパチの豊漁が望める。スタンディングファイトで豪快やり取りを満喫しよう!
大物聖地 銭洲同様、金になる瀬という意味の御前崎 金洲。青物の泳がせ釣りと同時にコマセ釣りで五目釣りができるのが魅力。今後は状況に応じて近場の御前崎沖も五目&泳がせスタイルで狙っていくという。
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地 銭洲。いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからだ!
つり丸ちゃんねる
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸定期購読