沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

波崎沖に関する釣り情報


波崎沖は釣り初めの候補地筆頭! おすすめジギングゲーム(征海丸)

波崎沖は釣り初めの候補地筆頭! おすすめジギングゲーム(征海丸)

水温が17度を下回ってからは、ちょっとヒラマサが厳しくなってきましたね。今後はワラサ、ブリを中心に狙っていくと思いますよ」12月中旬に行った取材時、波崎港「征海丸」須之内哲也船長の言葉だ。


全面解禁で、ますます盛り上がる”横流しヒラメ釣り”(庄栄丸)

全面解禁で、ますます盛り上がる”横流しヒラメ釣り”(庄栄丸)

12月1日、茨城海域のヒラメ釣りが全面解禁した。一足早く、鹿島から神栖沖が11月1日に部分解禁。今期も昨年同様絶好調開幕。つ抜けも珍しくなく、ヒラメパラダイスを誰もが味わえる状況だった。


キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

常磐沖にいよいよ青物ルアーゲームのシーズン到来だ! メインターゲットは、写真のワラサ・イナダの他に、ブリ、そして9月上旬の取材日は強烈なアタリがあったもののフックアウトしてしまったが、ヒラマサ。ブリは正真正銘の8㎏オーバー、ヒラマサは10㎏オーバーの実績もあるので、油断は大敵だ。


10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)

10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)

シルバーウイーク前から波崎沖でキハダやキメジの回遊情報が飛び交っていた。すこぶる沖での回遊かと思いきや、なんと利根川河口沖7〜10マイル沖でイワシを捕食しているというのだ。


波崎沖カンネコ根のアカムツの仕掛け&釣り方をご紹介!(仁徳丸)

波崎沖カンネコ根のアカムツの仕掛け&釣り方をご紹介!(仁徳丸)

今年は6月後半に開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。その後の様子はというと、日ムラもあるが中小型を中心に五目釣りが楽しめている。


波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

今年は当たり年! と言われ、関東近郊各エリアではヒラマサが好調にヒットしている。もちろんここ波崎沖・大根周辺も例外ではない。 “一日やって1本獲れるか獲れないか”といわれるほど難しいとされるヒラマサだが、ここ大根周辺では6月中旬頃より一人複数キャッチは当たり前というほど絶好調だ。


カツオゲーム! 脂が乗ったうまいカツオをGETしよう(波崎・信栄丸)

カツオゲーム! 脂が乗ったうまいカツオをGETしよう(波崎・信栄丸)

「カツオを狙うのは久しぶりだよ。東日本大震災以来かな。出船し始めたのは5月のGWから。今年のカツオは昇りなのに脂がのっていてすごく美味しいよ」 弾んだ声で答えてくれたのは、波崎港「信栄丸」の浮島和雄船長。


ワラサ・ヒラマサ・ブリ、青物ジギング初夏の陣開幕中!【波崎沖】

ワラサ・ヒラマサ・ブリ、青物ジギング初夏の陣開幕中!【波崎沖】

常磐沖にスプリンター集結中! ジギングで狙うワラサ、ブリ、ヒラマサが好気配だという。ガツンッと大物を釣り上げるべく、取材地に向かった。


今後は大ダイ高確率、ゲスト多彩でクーラー満タン 【波崎沖・大根】

今後は大ダイ高確率、ゲスト多彩でクーラー満タン 【波崎沖・大根】

波崎沖・大根のひとつテンヤマダイが好調だ。4月中旬現在、春の海は海況が安定しないので多少ムラはあるものの、サイズは1㎏前後主体ながらいい日はトップ30~50枚と爆釣だ。断っておくが、これはその日の乗船者全員の釣果を合わせた船中で…というものではない。ひとりの釣果だ。


波崎沖のメヌケ釣りは深海釣りの真骨頂を体感できる【茨城・波崎沖】

波崎沖のメヌケ釣りは深海釣りの真骨頂を体感できる【茨城・波崎沖】

TEAM OKAMOTOが咲かせる大輪の緋花! アブラボウズまじりで今後も期待十分だ!!


波崎沖の新メニューデビュー! “ライトルアーマダイ”【波崎沖】

波崎沖の新メニューデビュー! “ライトルアーマダイ”【波崎沖】

茨城県の南端、波崎をベースに営業している「sea★master征海丸」。これまでも多彩なルアーゲームを展開してきた同船が、このほど新たなチャレンジとして提案しているのが「ライトルアーマダイ」だ。


テクニカル&超美味! 波崎沖のホウボウジギング【波崎沖】

テクニカル&超美味! 波崎沖のホウボウジギング【波崎沖】

釣って超オモシロく食べて激オイシイ波崎沖のホウボウジギング。絶好調の今がチャンスだ。いますぐ釣行せよ!


特大ヤリイカが乱舞中だぁ!【常磐波崎沖カンネコ根周辺】

特大ヤリイカが乱舞中だぁ!【常磐波崎沖カンネコ根周辺】

茨城海域のヤリイカは、外房や南房のイカとは回遊ルートが異なるといわれている。外房や南房のイカは一般的に黒潮の流路にそって西もしくは南から北上するといわれているが、犬吠埼沖を境に茨城海域のイカは北から南下、もしくは沖の深場から浅場に移動してくるようだ。つまり、親潮などの寒流系のヤリイカといえる。


波崎沖はコウナゴパターンで爆釣テンヤマダイ!!【波崎沖大根】

波崎沖はコウナゴパターンで爆釣テンヤマダイ!!【波崎沖大根】

マダイ爆釣! まさにこの言葉通りの派手な釣れっぷりが波崎大根でおこった。釣り方はひとつテンヤだ。


常磐の春は生きエビエサで大型クロメバルを狙え!【茨城・波崎沖】

常磐の春は生きエビエサで大型クロメバルを狙え!【茨城・波崎沖】

春告魚“メバル”。茨城の海もシーズンを迎えている。「キュン、キュン、キューン!」と竿先に明確にアタリが出るこの魚。愛くるしい姿形からは想像できないほど、パワフルである。


ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】

ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】

「水温がまだ高く、潮も澄んでいる影響はあるとは思いますが、本来であれば今まさに最盛期を迎えているはずのワラサやブリが、今期は北からまだ本格的に降りて来ていないんです」と話すのは、波崎港「征海丸」の須之内哲也船長だ。


茨城海域ヒラメ全面解禁中! 良型を確実にキャッチせよ!【波崎沖】

茨城海域ヒラメ全面解禁中! 良型を確実にキャッチせよ!【波崎沖】

解禁した後、12月に茨城県内全域(一部を除き)でヒラメ釣りができるようになった。波崎沖いわゆる神栖沖〜波崎沖も12月からの解禁エリアで、波崎を基地とする遊漁船は地先でのヒラメ釣りが可能になった。


食味抜群な波崎沖のアカムツ、盛期を迎え絶好調!【茨城・波崎沖】

食味抜群な波崎沖のアカムツ、盛期を迎え絶好調!【茨城・波崎沖】

いよいよ好釣の兆しを見せてきた波崎沖のアカムツ釣り。美味なる魚は数あれど、アカムツが一番美味いと言うグルメな釣り人も多い。この超絶美味なる魚を求め、好漁場「カンネコ根」へ、いざ行かん!


絶品グルメターゲット・アカムツを狙え!!【常磐・波崎沖】

絶品グルメターゲット・アカムツを狙え!!【常磐・波崎沖】

置き竿厳禁。積極的な誘いが釣果に比例。付けエサはサバ&ホタルイカゲソ。さぁ、絶品の味を誇るアカムツを釣りに行こう。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読