MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

大ビラメに関する記事

大ビラメに関連する記事一覧です。

表示順:
飯岡沖の夏ビラメが好調!今年は良型主体で大判ビラメも続出中だ!取材日は6.6kgが浮上!梅雨明け後の“夏ビラメ”シーズンも大いに楽しみだ!
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
魚影がすこぶる濃く、マダイ釣り場として有名な上越エリアは例年より遅れ気味の乗っ込み開始!ほぼ同時にこの海域に乗っ込むのがヒラメ!昼は大ダイ、夜は大ビラメを狙う!!
新潟県上越・直江津沖の初夏の2大乗っ込み魚であるヒラメとマダイ。早くもヒラメが乗っ込み中だ。全国的に珍しい夜のヒラメ釣り。直江津沖の水深20〜30mでアンカーをうってのカカリ釣りで狙う。
平塚港「庄三郎丸」のカサゴ・ヒラメ乗合は、各種の高級根魚が釣れるとあって大人気だ!現在はヒラメ&カサゴが好調!釣行当日は、ほかにマゴチ、ワニゴチ、スズキ、ホウボウなどがまじった。
外房にイワシの群れが回遊してきてヒラメ釣りが熱い季節に突入!大型まじりの数釣りチャンス到来だ!おなじみ鈴木新太郎さん推奨LTで狙う大ビラメ!釣行レポートを紹介。
例年大判ビラメのラッシュに沸く日立久慈沖。「明進丸」では大判サイズに狙いを定め、根回りを中心に攻め連日4~5㎏級を釣り上げている。イワシの回遊があるうちが大チャンス!早めの釣行がおすすめだ。
外房御宿沖にヒラメ釣りの好機がやってきた。取材当日も終了間際に5㎏オーバーの大ビラメがヒット!1月から2月にかけて、御宿沖ヒラメ釣りは最盛期を迎える。超浅場、根周りで一発大ビラメを狙ってみよう。
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読