東伊豆に関する釣り記事


型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

川奈沖のイサキは型と味の良さがウリだ! 半日船、それも大抵マダイとのリレーで出船ということもあって「数ではトップ20〜30匹と他地区と比較して見劣りするかもしれないけど、型と味の良さでは絶対負けませんよ」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長。


ジャンボイサキの多点掛け! 高級ゲストも!【東伊豆・宇佐美南沖】

ジャンボイサキの多点掛け! 高級ゲストも!【東伊豆・宇佐美南沖】

春から夏にかけて東伊豆エリアで盛んになるのが、東伊豆南エリアへの遠征釣りだ。航程2時間ほどのポイントは、魚影が濃く、大型イサキ中心にシマアジやマダイ、イシダイ、ときにはヒラマサもまじる高級五目釣りが楽しめる。


6.5㎏も浮上! 究極の深海メニュー・ベニアコウ【東伊豆・富戸沖】

6.5㎏も浮上! 究極の深海メニュー・ベニアコウ【東伊豆・富戸沖】

「食った!」エキストラと一線を画すシャープなアタリに思わずポンッ! と掌を打つ。着底後ほどなく千尋の海底から届いた「魔性の紅」の微笑にすっかり有頂天だが、好事魔多し。その姿を海面に浮かべるまで決して気の抜けない綱渡りの恋。はやる気持ちを抑えつつ、逢瀬の瞬間を待ちわびる…。


乗っ込み大チャンス、大型マダイの確率大幅UP中【東伊豆・初島沖】

乗っ込み大チャンス、大型マダイの確率大幅UP中【東伊豆・初島沖】

伊豆半島の東側の海域でもっとも盛り上がりを見せる乗っ込みポイントは初島周りだろう。この周辺は、春から初夏のマダイ、イサキはじめ、秋のワラサとさまざまな魚を育む根が多く存在し、ファンを楽しませてくれる。


5月後半が本番! 初島周りの乗っ込みマダイ【東伊豆・初島周り】

5月後半が本番! 初島周りの乗っ込みマダイ【東伊豆・初島周り】

各地からマダイの乗っ込みの報が聞こえてきた。大型のマダイが浅場で狙える時期とあって、私が一番楽しみにしている季節だ。中でも初島周りは毎年通っているポイントで、今年も宇佐美の「富八丸」へと向かった。


ジャンボイサキまじりで多点掛けの期待大!!【東伊豆・初島周り】

ジャンボイサキまじりで多点掛けの期待大!!【東伊豆・初島周り】

毎年東伊豆のイサキ釣りは伊豆の玄関口熱海沖に浮かぶ初島周りから始まる。今年も3月15日に静岡船籍の船が解禁となり、4月に入ると神奈川の船でも初島でのイサキ釣りが始まる。


東伊豆のベニアコウ、水深1000mから久々に真紅の花が浮上【東伊豆】

東伊豆のベニアコウ、水深1000mから久々に真紅の花が浮上【東伊豆】

陽が大きく傾き、伊豆の山陰に姿を消そうとする午後5時。船の引き波に紛れて「確信」までには至らなかったアタリに一縷の望みを託したラスイチの巻き上げも残りわずか。残り10mであえて巻き上げを停止すれば、ラインの角度は見る間に浅くなってくる。程なく海面下に見えて来たのは白い影。「ウォォォォー」富戸沖に勝利の雄叫びがひびいた。


釣り方色々、選べて楽しい夜釣りのヤリイカ【東伊豆・初島周り】

釣り方色々、選べて楽しい夜釣りのヤリイカ【東伊豆・初島周り】

今期のヤリイカはどの場所も好調で、どこへ出掛けようか悩むウレシイ状況が続いている。そんな中、東伊豆・初島周りの夜釣りでは、そのサイズが大型化。パラソル級の確率がアップしているという。


みんなこのときを待っていた! マルイカ開幕! 【東伊豆・伊東沖】

みんなこのときを待っていた! マルイカ開幕! 【東伊豆・伊東沖】

さあ、ついにマルイカが開幕したぞ! 相模湾西部の小田原沖や伊東沖を皮切りに、1月中旬には相模湾東部や東京湾でもマルイカ乗合船が次々と出船。関東の海は、早くもマルイカで大盛り上がりとなっている。


キンメダイのハイシーズンがキターッ!【東伊豆・網代沖 初島周り】

キンメダイのハイシーズンがキターッ!【東伊豆・網代沖 初島周り】

今期最大の寒波が日本を包み込み、寒さが本当に厳しくなってきた。こうなると身体の芯から温まる鍋料理が食べたくなり、釣り人たちはこぞって鍋ネタ魚の確保に勤しみ出すが、ここに朗報が入った! その代名詞とも言える鍋ネタ魚・キンメダイが網代沖でコンスタントに釣れているとの情報をキャッチしたぞ。


ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】

ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】

東伊豆・初島沖のキャスティングゲームがベストシーズンを迎えている。メインターゲットはベイトを飽食し丸々と太ったブリやワラサで、攻略は主にトリヤマを見つけて始まる“ナブラ撃ち”。それゆえ、この海域でのこのゲームは “ブリトップ”とも呼ばれている。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


実はカンタン!! だれでも釣れるキンメダイ【東伊豆・初島沖】

実はカンタン!! だれでも釣れるキンメダイ【東伊豆・初島沖】

これからの季節、無性に釣りたくて食べたくなる魚の筆頭といえばキンメダイだろう。深場の釣りでちょっぴりマニアックな感があるけれど、実は釣り方もさまざまで気軽にエントリーできる釣りもあるのだ。


狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

この年末に激うま大型アカムツを釣るなら伊藤沖、ココしかないぞ! さまざな工夫を凝らして深海のルビーをキャッチせよ!!


稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

言わずと知れた高級魚アカムツ。今回の取材の釣果により本格シーズン突入を実感。年末年始に向け、更なる期待が膨らむ。


初島沖のキンメダイは手軽なLTで予想以上の釣果も【東伊豆・初島沖】

初島沖のキンメダイは手軽なLTで予想以上の釣果も【東伊豆・初島沖】

キンメ釣りというと、「道具がいろいろと大変で」というイメージがあって、ビギナーには遠慮されることも多い。しかし、ライトタックルキンメは、PE6号を300m巻ける電動リールに、ビシアジやイカ竿などがあれば楽しめる、ビギナーにもやさしい中深場の釣りなのだ。


ワラサシーズン開幕! クーラー満タンもある!!【東伊豆・初島沖】

ワラサシーズン開幕! クーラー満タンもある!!【東伊豆・初島沖】

今年のワラサは伊豆半島の玄関口、東伊豆の初島沖から始まった。「まだ始まったばかりで群れの移動も早く、日によって釣果がバラついていますが、もう少しすればコマセに慣れて群れも固まり出すはず。反応自体は結構デカイから今年のワラサは楽しめるんじゃないかな?」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長だ。


大アカムツ確実釣果宣言・東伊豆根編【東伊豆】

大アカムツ確実釣果宣言・東伊豆根編【東伊豆】

東伊豆伊東港「たか丸」は、ほぼ周年、中深場の根魚釣りで伊東沖周辺に出船している。そのメインターゲットはアカムツ、しかも〝大アカムツ〟だ。とにかくおいしい超高級魚だけに、30㎝級でも釣れれば大喜びだが、「たか丸」では40〜50㎝クラスがアベレージ、50㎝オーバーが上がることも珍しくない。大きな期待を胸に、いざ釣行だ。


良型多く引き味&食味抜群、秋のワラサ祭りだ!【東伊豆・初島周り】

良型多く引き味&食味抜群、秋のワラサ祭りだ!【東伊豆・初島周り】

ここ近年、ワラサといえば三浦半島・剣崎沖で早い年には7月末ごろに幕を開けることが多かったが、今年は模様が中々出ない状況が続いた。そんな中、台風15号が北上した翌日、9月3日から東伊豆・熱海沖にある初島周りで急きょ食いだした。


これから本格シーズン! ワラサ&イナダ絶好調【東伊豆・初島周り】

これから本格シーズン! ワラサ&イナダ絶好調【東伊豆・初島周り】

今年はどこの地区でもワラサの釣れ始めが早い。東伊豆・初島周りでも例年より早く、7月の終わりぐらいからワラサ、イナダがオキアミで釣れ始めていた。剣崎沖の好調で影に隠れていたが、8月の末に数、サイズともに爆発したぞっ。


ランキング


>>総合人気ランキング