MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

東伊豆に関する記事

東伊豆に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
11月末から東伊豆のイカブリが開幕。一時は船中100本以上の釣果も報告され、食いが良いときは船中数十本の釣果もあり、3〜4㎏級のワラサが多いが8㎏級のブリも期待できる。
東伊豆、初島周りの夜イカブリが好調なスタートを切った。開幕から釣れたのは3~4㎏級のワラサ主体だが、ブリ級の姿も確認されている。今後はヤリイカが釣れ出すので、大型ブリのチャンスだ!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
この時期の人気ターゲット!ワラサ。一級ポイントとして名を馳せる初島沖~宇佐美沖にかけての東伊豆。釣行日の10月27日は朝イチと沖揚がり前にアタリが集中。3㎏前後の良型のワラサの強烈な引きを楽しんだ。
東伊豆・宇佐美南沖の遠征夜アカイカ釣りが開幕だ!アカイカの標準和名はケンサキイカ。伊豆半島や伊豆諸島周辺で釣れる大型のケンサキイカを地元でアカイカと呼んでいる。高級ブランドイカとして出回っているぞ!
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
東伊豆・稲取沖のアカムツはアベレージは1.5㎏以上!港から航程10分の至近ポイントで大型が釣れるのが魅力だ。4月中旬以降がベストシーズン!大型ルビーの宝庫のようなアカムツ!料理にしても絶品だ!
初島周りのイサキが開幕している。仕掛けはハリス3号、6mの6〜6本バリ。チモトにはケイムラビーズを装着したものがオススメ。エサ取りが多くなるので、手返しよく仕掛けをと投入して極上の激ウマイサキを狙おう!
冬将軍がやってくるこの時期、芯から温まるには鍋! そんな考えがちょいちょい脳裏を横切るが、それにもってこいの高級魚・オニカサゴが好調に釣れている場所がある。ズバリ、東伊豆の伊東沖だ。
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読