MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

東伊豆に関する記事

東伊豆に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「緊急事態宣言」解除後の初夏から夏におすすめするのは東伊豆・富戸沖のベニアコウ&アブラボウズ!いずれ劣らず魅力的な「紅」と「黒」を紹介する!
東伊豆川奈沖のイサキ釣りが始まった!狙っているのは伊東港「村正丸」半日船でトップ20匹前後の釣果!今年はこれにシマアジが加わり最強タッグを形成中だ!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東伊豆のオニカサゴが、好調キープ!数釣りも楽しめるエリア、伊東港「三好丸」へ釣行。オニカサゴ釣りとしては水深が浅いのでビギナーでも楽しめる。メチャうまの高級魚をイージーに釣るチャンス到来です!!
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
11月末から東伊豆のイカブリが開幕。一時は船中100本以上の釣果も報告され、食いが良いときは船中数十本の釣果もあり、3〜4㎏級のワラサが多いが8㎏級のブリも期待できる。
東伊豆、初島周りの夜イカブリが好調なスタートを切った。開幕から釣れたのは3~4㎏級のワラサ主体だが、ブリ級の姿も確認されている。今後はヤリイカが釣れ出すので、大型ブリのチャンスだ!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
この時期の人気ターゲット!ワラサ。一級ポイントとして名を馳せる初島沖~宇佐美沖にかけての東伊豆。釣行日の10月27日は朝イチと沖揚がり前にアタリが集中。3㎏前後の良型のワラサの強烈な引きを楽しんだ。
東伊豆・宇佐美南沖の遠征夜アカイカ釣りが開幕だ!アカイカの標準和名はケンサキイカ。伊豆半島や伊豆諸島周辺で釣れる大型のケンサキイカを地元でアカイカと呼んでいる。高級ブランドイカとして出回っているぞ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読