MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

第二海堡沖に関する記事

第二海堡沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣舟店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。
更新: 2018-10-26 04:45:20
午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。
更新: 2018-07-23 01:04:23
鴨居大室港「福よし丸」では、東京湾の二大人気ターゲットがリレー船で同時に楽しめる。タチウオは活性の高い早朝を狙って、太陽が高くなると名物ブランドアジにリレーする嬉しいシステムだ。
更新: 2018-07-17 01:04:43
今シーズンの夏タチは6月初旬にスタートとかなり早く釣れだした。その後は多少はムラがあるものの、概ね好調と言えるだろう。
更新: 2018-07-17 01:04:18
今季の東京湾タチウオゲーム、どうも爆発力に欠ける、というイメージを持つ人も少なくないだろう。これまでのところトップで20本弱、というのが平均的な釣果だが、ときにはとんでもなく苦戦したりもする。トップ50本、60本は当たり前、という好シーズに比較すると寂しさはある。しかし、良型が目立っているのが救いだ。
更新: 2018-07-09 08:02:15
釣り方カンタン、引きが強いから子供は大喜び。そして何より食べて最高に美味しい!! そんな釣りが、この「トロサバ」だ。大津港「小川丸」では、このトロサバ釣りを午後船で楽しませてくれる。
更新: 2018-07-09 01:04:03
東京湾のマゴチが早くも開幕している。新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月1日からマゴチ船を開始。初日は手探り状態ながらもトップ5本、最大58㎝も飛び出す好スタートを切っている。
更新: 2018-06-21 01:53:40
新子安恵比須橋「だてまき丸」では、3月3日からマゴチ乗合をスタート。今回、本誌の取材は、その初日に敢行。トップは4本だったが、いきなり初日から62㎝、59㎝、55㎝という大型が取り込まれ盛り上がった。取材後もトップは4、5本をキープ。59㎝や57㎝の大型も取り込まれている。
更新: 2018-06-21 01:52:34
現在、房総から茨城にかけてのテンヤマダイ&タイラバはすでに定番として広く親しまれているが、東京湾ではようやくここ最近に定着してきた感がある。
更新: 2018-06-21 01:54:29
7月中旬すぎ、関東地方が梅雨明けした。暑い日が続くが、東京湾のタチウオがおもしろくなる。今回取材で乗船したのは久里浜港「平作丸」。当宿ではタチウオ専門船のほか、好調なアジとのリレー船もある。リレーで2魚種を狙うもよし、タチウオ専門で狙うもよし! 東京湾はタチウオもアジもオススメだ!
更新: 2017-12-20 06:47:57

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読