MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

第二海堡沖に関する記事

第二海堡沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
東京湾タチウオが、好調キープ。富津沖〜第二海堡沖〜観音崎沖がメインで、110㎝をこえる大型まじり。トップ釣果が40本以上を記録する日が何日も!9月以降はトップシーズン!さらなる好釣果が期待できる。
好調が続いている東京湾のタチウオ。観音崎沖~走水沖と第二海堡沖がメインポイントとなっている。観音崎沖のタチウオは大型がまじるのが魅力!アワセまでのカケヒキと強い引き味を楽しもう!!
夏の好シーズン突入中!東京湾のタチウオ。猿島沖~観音崎沖~第二海堡沖周辺の浅いタナで狙える!誘いとアワセを工夫してアタってからのタチウオとのかけひきを楽しもう!基本を押さえて、お土産バッチリだ!!
ひと昔前までは冬の釣り物だった東京湾タチウオ。夏に浅場で釣れることが分かると大人気に!ドラゴン級がアタッた!でも掛からない~!誘いのテクニックを駆使して夏の好敵手を攻略しよう!
残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣舟店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。
午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。
鴨居大室港「福よし丸」では、東京湾の二大人気ターゲットがリレー船で同時に楽しめる。タチウオは活性の高い早朝を狙って、太陽が高くなると名物ブランドアジにリレーする嬉しいシステムだ。
今シーズンの夏タチは6月初旬にスタートとかなり早く釣れだした。その後は多少はムラがあるものの、概ね好調と言えるだろう。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読