金沢漁港に関する釣り記事


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


短い時間でがっつり釣る! シロギス釣りの仕掛け&釣り方(鴨下丸)

短い時間でがっつり釣る! シロギス釣りの仕掛け&釣り方(鴨下丸)

東京湾奥の釣り物のうち、釣果が安定し、未経験者やビギナーでも手軽に楽しめる釣り物といえば、シロギスがその筆頭だろう。初夏から釣果は安定し、通常の一日船でトップが束釣りすることも珍しくなく、まずオデコで帰る釣り人もいない。トップが束釣りをするような日は、船中での最低釣果でも20〜30匹ということが多い。


アタってからの駆け引きが最高! タチウオ釣りの仕掛け(忠彦丸)

アタってからの駆け引きが最高! タチウオ釣りの仕掛け(忠彦丸)

今シーズンは6月に入ると、まとまって釣れるようになった東京湾のタチウオ。金谷沖、久里浜沖で釣れ始め、その後は大貫沖、第2海堡沖に釣り場が移動…。このように釣り場がコロコロ変わり、それにともなってタナも変わってくるのが東京湾のタチウオ釣りの特徴。


永井名人が釣る! 幅広で美味しい東京湾シロギス釣り(鴨下丸)

永井名人が釣る! 幅広で美味しい東京湾シロギス釣り(鴨下丸)

東京湾で安定して数釣りが楽しめるのがシロギス釣り。今回、永井は2年ぶりになるという東京湾のシロギス釣りに出かけた。


手軽だけど奥が深い! 東京湾シロギス釣りの仕掛け&釣り方(鴨下丸)

手軽だけど奥が深い! 東京湾シロギス釣りの仕掛け&釣り方(鴨下丸)

東京湾のシロギスは数釣りシーズン真っ只中。安定してまずまずの好釣果が記録されている。「今日のポイントは中ノ瀬です。まだやっていない富津沖のポイントもあるので、しばらくは数釣りが楽しめそうですよ」と話すのは、今回取材した金沢漁港「鴨下丸」の鴨下芳徳船長。


根掛かりなんて怖くない! 東京湾のカサゴの仕掛け&釣り方(忠彦丸)

根掛かりなんて怖くない! 東京湾のカサゴの仕掛け&釣り方(忠彦丸)

カサゴ釣りというと、「根掛かり覚悟で難しいーっ!」なんて思ってる人はいませんか?? 食べておいしい東京湾のカサゴ。なんとシロギス感覚で浅場で超カンタンに釣れているんです。


浅いタナから深いタナまで神出鬼没! タチウオの釣り方(忠彦丸)

浅いタナから深いタナまで神出鬼没! タチウオの釣り方(忠彦丸)

今シーズンの東京湾のタチウオは、5月後半ぐらいからルアーで釣れ始めた。6月に入るとエサ釣り船が続々とスタートした。6月中旬の時点では、釣果にムラがあるが、トップ10本前後という船が多い。いい日にはトップ15本以上、または20本台もある。


仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

夏が旬のアジ。これからの時期は身に脂が乗り、最も美味しくなる季節。手軽に狙えるので、とても人気があるターゲットだが、LTで狙えば道具も軽く気軽に楽しめる。


25㎝オーバーのジャンボギス連発!シロギス釣り大会【金沢漁港】

25㎝オーバーのジャンボギス連発!シロギス釣り大会【金沢漁港】

各地で盛んに開催されている釣り大会。ここ金沢漁港のシロギス釣り大会は優勝者にペアでハワイ旅行というとりわけ夢のある大会だ。編集部からの取材指令は、「選手として出場せよ、遠慮せずに優勝してもいいよ」という内容。ハワイなんて行ったことない、英語も苦手だしパスポートも持っていない、と運転中なのに余計な心配が頭を巡る。


ランキング


>>総合人気ランキング