沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

金沢漁港に関する釣り情報


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


餌木もテンヤもじっくり攻めて良型を!スミイカ攻略法を伝授(忠彦丸)

餌木もテンヤもじっくり攻めて良型を!スミイカ攻略法を伝授(忠彦丸)

東京湾のご当地ダーゲット”スミイカ”。釣り方はテンヤと餌木を使った2通りがある。伝統的なスタイルで、根強い人気を誇っているのが、生きたシャコを付けてテンヤで狙うスミイカ釣り。逆にエサを使わない手軽さと、あたりを取って掛ける釣り方が面白いと、近年ファンが急増しているのが、餌木によるスミイカ釣り。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


今年も盛大に開催! 第17回金沢漁港シロギス釣り大会(黒一丸)

今年も盛大に開催! 第17回金沢漁港シロギス釣り大会(黒一丸)

今年も横浜・金沢漁港で第17回金沢漁港シロギス釣り大会が開催された。すっかり夏のビッグイベントとして定着した本大会は、数年前から1匹の全長(以前は3匹の総重量)で競うようになり、誰にでもより優勝のチャンスが広がった。


依然好釣継続中! 誘いがカギのタチウオ釣り(鴨下丸)

依然好釣継続中! 誘いがカギのタチウオ釣り(鴨下丸)

東京湾・観音崎沖から走水沖のタチウオがロングランで釣れている。初夏に大貫沖〜金谷沖で開幕したタチウオ釣りだが、8月には第二海堡〜観音崎沖の水深60〜80mにタチウオの群れが移動。現在もほぼ同じポイントで釣れ続いている。下浦沖でも釣れ始めた。


近場の浅場で数釣りも! 東京湾LTアジの仕掛け&タナ取り(忠彦丸)

近場の浅場で数釣りも! 東京湾LTアジの仕掛け&タナ取り(忠彦丸)

今回の取材では金沢漁港「忠彦丸」の半日LTアジに乗船。取材当日は横須賀寄りの水深20m前後と野島沖の水深20m前後を狙った。この日は野島沖で好調にアタって、トップは33匹。35㎝を超える大アジや小型ながらマダイもまじった。


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショート船でちょうどよく釣る! 東京湾のシロギス釣り(鴨下丸)

ショート船でちょうどよく釣る! 東京湾のシロギス釣り(鴨下丸)

東京湾のシロギスは今季も好調。金沢漁港の「鴨下丸」では13時沖揚がりのショート船で出船、トップ30~50匹台と安定した釣果を出している。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


短い時間でがっつり釣る! シロギス釣りの仕掛け&釣り方(鴨下丸)

短い時間でがっつり釣る! シロギス釣りの仕掛け&釣り方(鴨下丸)

東京湾奥の釣り物のうち、釣果が安定し、未経験者やビギナーでも手軽に楽しめる釣り物といえば、シロギスがその筆頭だろう。初夏から釣果は安定し、通常の一日船でトップが束釣りすることも珍しくなく、まずオデコで帰る釣り人もいない。トップが束釣りをするような日は、船中での最低釣果でも20〜30匹ということが多い。


アタってからの駆け引きが最高! タチウオ釣りの仕掛け(忠彦丸)

アタってからの駆け引きが最高! タチウオ釣りの仕掛け(忠彦丸)

今シーズンは6月に入ると、まとまって釣れるようになった東京湾のタチウオ。金谷沖、久里浜沖で釣れ始め、その後は大貫沖、第2海堡沖に釣り場が移動…。このように釣り場がコロコロ変わり、それにともなってタナも変わってくるのが東京湾のタチウオ釣りの特徴。


永井名人が釣る! 幅広で美味しい東京湾シロギス釣り(鴨下丸)

永井名人が釣る! 幅広で美味しい東京湾シロギス釣り(鴨下丸)

東京湾で安定して数釣りが楽しめるのがシロギス釣り。今回、永井は2年ぶりになるという東京湾のシロギス釣りに出かけた。


手軽だけど奥が深い! 東京湾シロギス釣りの仕掛け&釣り方(鴨下丸)

手軽だけど奥が深い! 東京湾シロギス釣りの仕掛け&釣り方(鴨下丸)

東京湾のシロギスは数釣りシーズン真っ只中。安定してまずまずの好釣果が記録されている。「今日のポイントは中ノ瀬です。まだやっていない富津沖のポイントもあるので、しばらくは数釣りが楽しめそうですよ」と話すのは、今回取材した金沢漁港「鴨下丸」の鴨下芳徳船長。


根掛かりなんて怖くない! 東京湾のカサゴの仕掛け&釣り方(忠彦丸)

根掛かりなんて怖くない! 東京湾のカサゴの仕掛け&釣り方(忠彦丸)

カサゴ釣りというと、「根掛かり覚悟で難しいーっ!」なんて思ってる人はいませんか?? 食べておいしい東京湾のカサゴ。なんとシロギス感覚で浅場で超カンタンに釣れているんです。


浅いタナから深いタナまで神出鬼没! タチウオの釣り方(忠彦丸)

浅いタナから深いタナまで神出鬼没! タチウオの釣り方(忠彦丸)

今シーズンの東京湾のタチウオは、5月後半ぐらいからルアーで釣れ始めた。6月に入るとエサ釣り船が続々とスタートした。6月中旬の時点では、釣果にムラがあるが、トップ10本前後という船が多い。いい日にはトップ15本以上、または20本台もある。


仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

夏が旬のアジ。これからの時期は身に脂が乗り、最も美味しくなる季節。手軽に狙えるので、とても人気があるターゲットだが、LTで狙えば道具も軽く気軽に楽しめる。


25㎝オーバーのジャンボギス連発!シロギス釣り大会【金沢漁港】

25㎝オーバーのジャンボギス連発!シロギス釣り大会【金沢漁港】

各地で盛んに開催されている釣り大会。ここ金沢漁港のシロギス釣り大会は優勝者にペアでハワイ旅行というとりわけ夢のある大会だ。編集部からの取材指令は、「選手として出場せよ、遠慮せずに優勝してもいいよ」という内容。ハワイなんて行ったことない、英語も苦手だしパスポートも持っていない、と運転中なのに余計な心配が頭を巡る。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読