MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

キャスティングに関する記事

キャスティングに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
茨城・鹿島港「幸栄丸」のルアー船では、丸々と太ったワラサを中心に狙っている。サイズは6㎏オーバーも珍しくはなく、正にブリ級!この大ワラサを狙うなら、とにもかくにもスグの釣行がオススメだ。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
イナダやワラサ、ヒラマサ、サワラといった青物たちが回遊中の鹿島沖で青物ジギングが好調だ!1セットだけの持参であれば、大型に備えてPE3号を巻いたスピニングリールをセットしたタックルをオススメする。
早くも相模湾に夏到来! 真夏のオフショアキャスティングゲームの定番であり、大人気ターゲット「シイラ」がついに開幕したのだ。シイラのキャスティングゲームはとってもテクニカル&エキサイティング!
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
ヒラマサ狙いで人気を集める外房沖。近年では夏場のわずかな期間をのぞき、ほぼ周年楽しめる、身近な存在になっている。
「どんなテクニックを使っているかって? 普通に落として巻いているだけだよ」 川崎「つり幸」のシーバス乗合、その船上で入れ食いを演じていた釣り人の言葉だ。その言葉に嘘偽りはない。
東京湾のシーバスが活況だ。「8割方は産卵を終えたんじゃないかな? 昨日はサワラの帰りにちょっとやって60㎝オーバーばかりが入れ食い。トリヤマがすごくて、ずっとトップで遊んでいましたよ」声の主は東京湾のルアーゲーム全般を得意とする「フレンドシップ」、田岡要司船長。景気のよい話に誘われて同船取材に出掛けてみた。
「サゴシは去年から青物やタチウオ釣りでまじっていたんですけど、サワラが出だしたのは年明けすぐですね。平均3㎏半が水面でボコボコ、なんて日もありましたけど…」とは、磯子八幡橋「鴨下丸」でルアー船を担当する萩原敏広船長。
さあ、待望のシーズン開幕だ! 青物まじりで絶好調!! 激アツイぜ東京湾!!! 爆オモロイぜシーバスゲーム!!!!
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読