MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ソイに関する記事

ソイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
ひとつテンヤでマダイを狙うなら、茨城海域の会瀬沖が熱い。この冬は水温が高く、好シーズンが続いている。初釣りはテンヤマダイという人には会瀬沖がオススメ。1月中も大ダイ狙いでまだまだイケそうだ!
12月1日、今期も待望のヒラメ茨城海域全面解禁となった。鹿島港の「大久丸」では2㎏前後の良型ヒラメが船上のあちこちで入れ食い状態!4㎏の大判も浮上している。ヒラメたちが待っている鹿島沖に是非!
スーパーライトジギング!ライトなタックルとライトなライン、軽量小型のジグを使い、いろんな魚を狙って釣る!スタイル。関東にも本格上陸!茨城・波崎港の「征海丸」がスーパーライトジギング船を開始。
常磐、日立会瀬沖は夏秋のマダイシーズンに突入。これからの時期は5㎏オーバーの大ダイチャンス!テンヤ、タイラバ、タイジグもOK!マゾイ、クロソイ、ホウボウ、オキメバル、イナダなど豪華ゲストも豊富だ。
極上美味アラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
港の目の前一帯が好漁場。日立久慈港。究極のライト釣法「ひとつテンヤマダイ」で狙うターゲットは「3段引き」とも呼ばれ強烈に引くマダイ!夏はゲストが多彩でアタリ多く一日楽しめる!
ゾロゾロ釣れ上がるのはオキメバルの魅力だが、それだけじゃない、食味が最大の魅力!秋田・飛島沖のウスメバルは首の付け根がグッと盛り上がった幅広肉厚のグラマラスボディが主体。この夏、極上美味を是非!
勝浦港「初栄丸」の浅場のカサゴ、メバル乗合は、サビキで釣ったカタクチイワシを泳がせて30㎝前後の大型カサゴ、メバルを狙い、それにマハタ、アカハタ、ソイ、ヒラメなどがまじる根魚五目釣りだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読