MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

信栄丸(乙浜)に関する記事

信栄丸(乙浜)に関連する記事一覧です。

表示順:
今期も南房・乙浜~白浜沖で半夜のクロムツ釣りが爆釣スタート! 乙浜港「信栄丸」でも激ウマの高級魚がワンサカ釣れている!高級魚の多点掛けを楽しもう!!
南房エリアは秋から春までロングランでヤリイカ釣りが楽しめるエリア。ヤリイカを狙って出船中の乙浜「信栄丸」では大型まじりで好調をキープ。大型ヤリイカシーズン本番。パラソル級の多点掛けを体感しよう!
信栄丸(乙浜)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
「信栄丸」ではオモリ60号程度でLTタックルで狙うのが基本。「水深が浅いのと、ターゲットが2㎏前後のカンパチが主体ということを考えると、ライトで十分狙えます。このサイズの魚をライトでやるから面白いんです」と北本さん。
南房・白浜沖のスルメイカが今シーズンも好調だ。このエリアは水深150〜200m程度のゆるやかな根が広大に広がり、スルメイカの一大漁場となっている。群れが広範囲に出ることが多く、一度投入したら、何度も何度も繰り返し乗せることができる「流しっぱなし」の釣りが楽しめる。
いよいよ真夏のスルメイカ戦線に突入した。シーズン初期のイカはサイズが小さく、潮は濁り気味で、比較的どんなツノでも簡単に乗ってきたが、これからの時期はそう簡単にはいかない。
冬の釣りの花形のひとつ、ヤリイカが南房エリアで好調に釣れている。「今シーズンは全体的にサイズがいいですね。本当はもっと小型もまじったほうがいいんだけどね」とは、乙浜港「信栄丸」の安田仁船長。
南房乙浜港「信栄丸」の常連ならこのような釣果は当たり前なのかもしれないが、普通の釣り人ならきっと「オニカサゴってこんなに釣れる魚だっけ? しかも、こんな型のいいのばかり!」と思うに違いない。
今回の取材でお世話になったのは、千葉・乙浜港「信栄丸」。日に50杯以上。ときに3ケタに迫ろうかという釣果も珍しくないスルメイカの好漁場・南房より釣り方編をお届けだ。こりゃー、いますぐ釣りにイカなくちゃだわ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読