沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

アマダイに関する釣り情報


大型の強烈な引きと上品な食味を味わう!アマダイ仕掛け(たいぞう丸)

大型の強烈な引きと上品な食味を味わう!アマダイ仕掛け(たいぞう丸)

「たいぞう丸」では、ノーマルタックルとライトタックルの選択が可能だ。使用する道糸がPE3号以上の場合はノーマルタックルに分類。その場合はオモリ80号を使用する。道糸1~2号はライトタックルに分類し、その場合はオモリ60号を使用する。


相模湾のアマダイをシンプル仕掛けで誘って掛けよう!(浅八丸)

相模湾のアマダイをシンプル仕掛けで誘って掛けよう!(浅八丸)

仕掛けはテンビン吹き流し、ハリス長は約2m。ハリは2本。ボトム釣りなのでいたってシンプルな釣りだが、この単純さゆえにテクニックで釣果に差がはっきりと出てしまう、奥の深い釣りだ。


中深場に潜む高級魚”アマダイ”の仕掛けとタナの誘い(たいぞう丸)

中深場に潜む高級魚”アマダイ”の仕掛けとタナの誘い(たいぞう丸)

「たいぞう丸」の「デカアマダイ船」の狙いは、50㎝オーバーの大型アマダイだ。だからといって、ゴツいタックルと太く頑丈な仕掛けで狙うわけではない。相模湾のアマダイ釣りで使われているごく標準的なタックルと仕掛けで狙っているのだ。


大型アマダイをLTで狙う!目指せ50cm超のアマダイ仕掛け(庄治郎丸)

大型アマダイをLTで狙う!目指せ50cm超のアマダイ仕掛け(庄治郎丸)

竿はライトタックル用の汎用竿が人気だ。7対3〜8対2の先調子がオススメ。これよりも軟らかい調子の竿は、仕掛けの操作が難しくなり、また小さなアタリがわかりにくくなるのでオススメではない。長さは1.7〜2.2mぐらいが扱いやすいだろう。


2桁釣果も夢じゃない!今が激アツ! アマダイ仕掛け(巳之助丸)

2桁釣果も夢じゃない!今が激アツ! アマダイ仕掛け(巳之助丸)

剣崎沖は潮が速いので、タックルはライントラブルなども考慮しLTではなくノーマルで、オモリは80号を使用する。竿はオモリ80号を背負って7対3から8対2調子ぐらいになる専用竿やゲームロッドなど。小型電動リールにPE3号前後。仕掛けはハリス3号前後、全長2~2.5mの2本バリ。ハリはチヌ4号前後が標準だ。


LTだから楽しさ倍増! 好調が続く相模湾のアマダイ(浅八丸)

LTだから楽しさ倍増! 好調が続く相模湾のアマダイ(浅八丸)

朝晩肌寒くなってきた今日この頃。夏の魚もいつの間にか終わり、秋冬の釣り物が始まりましたね。これからの時期は脂の乗った美味しい魚がいっぱい。何を釣りに行くか考えるだけでもワクワクしますが、今回はそのなかでも、とくに好きなお魚アマダイ!


極上アマダイを優しい誘いで釣り上げる!仕掛け&誘い方(沖右ヱ門丸)

極上アマダイを優しい誘いで釣り上げる!仕掛け&誘い方(沖右ヱ門丸)

本格シーズンを迎えたとは言え水温はまだ温かい。いくらコマセを使わないといってもエサ取りの動きは活発だ。そこで重要となってくるのがタックル選びとなる。 「エサ取りの微妙なアタリを捉えることができる穂先感度の良いロッドが有利になるよね。付けエサが食われているのがわからないまま誘っていても本命には出会えないから」と船長。


置き竿釣法で数釣り狙い! 間瀬沖アマダイ仕掛け(光海丸)

置き竿釣法で数釣り狙い! 間瀬沖アマダイ仕掛け(光海丸)

新潟県中越・間瀬港に遊漁船「光海丸」を開業したばかりの小林聡船長。彼は、真沖のアマダイの状況についてこう話す。「間瀬の魚市場に水揚げされているアマダイがいまピークなんです。しかも、高値で取引きされてます。だから、いまがアマダイ釣りの絶好機なんですよ」


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

冬の本格シーズンを迎え、相模湾エリアのアマダイが好調だ。アマダイ狙いで出船している平塚港「庄治郎丸」では、トップ2ケタ釣果も珍しくなく、40㎝オーバーの良型もコンスタントに釣れている。さらに50㎝オーバーの良型もけっこう上がっているのだ。


【庄三郎丸】詳細情報-沖釣り専門誌が現場で徹底取材

【庄三郎丸】詳細情報-沖釣り専門誌が現場で徹底取材

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【平塚港・庄三郎丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。キハダ、カツオ、シイラ、ヒラメ、アマダイなどが主なターゲット。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


タナと誘いがカギ! 平塚沖アマダイの仕掛けと誘いパターン(豊漁丸)

タナと誘いがカギ! 平塚沖アマダイの仕掛けと誘いパターン(豊漁丸)

アマダイ釣りで使われる竿は、オモリ60〜80号に対応した7対3調子の先調子。ゲームロッドやライト用が人気だ。この手の調子が誘いやすく、アタリもわかりやすい。長さは2〜2.4mぐらいが扱いやすいだろう。


LT&ディギングで楽しさ倍増! アマダイ仕掛け(庄三郎丸)

LT&ディギングで楽しさ倍増! アマダイ仕掛け(庄三郎丸)

ハリスはフロロカーボン3号。全長は2〜2.2m。下バリから80㎝〜1mぐらいのところに小型親子サルカンを介して、そこから枝スを出す。枝スの長さは25〜30㎝ぐらい。ハリはヒネリのないチヌバリの3〜4号。またはイセアマ、マダイなどチヌバリに形状が似たヒネリのないものを使う。


アマダイが開幕から釣れて好調! 仕掛けと釣り方(山天丸釣船店)

アマダイが開幕から釣れて好調! 仕掛けと釣り方(山天丸釣船店)

道糸の先にオモリを装着したテンビンをつなぎ、その先に仕掛けをつなぐ。アマダイ仕掛けはハリス3号、全長2〜2.2mの2本バリが標準仕様。ハリはチヌバリの3〜4号。


早くも特大50cmオーバーも出現! 相模湾のアマダイ(豊漁丸)

早くも特大50cmオーバーも出現! 相模湾のアマダイ(豊漁丸)

9月中旬ごろからアマダイをスタートさせる船宿が見られるようになった相模湾。平塚港「豊漁丸」もそのうちの一つで、9月17日からアマダイ乗合をスタートさせた。


潮具合を見極めてタナを調整! 絶品アマダイの釣り方(巳之助丸)

潮具合を見極めてタナを調整! 絶品アマダイの釣り方(巳之助丸)

どのエリアよりも早く開幕する東京湾口のアマダイ釣り! 今期も8月の終わりから船が出るようになり、滑り出しも好調とのことで、この釣りに詳しい久比里「巳之助丸」へ出撃。様子を伺ってきた。


平塚冲のアマダイが好調! 仕掛けからタナの合わせ方(豊漁丸)

平塚冲のアマダイが好調! 仕掛けからタナの合わせ方(豊漁丸)

相模湾では平塚港「豊漁丸」が9月の最初の週末からアマダイ船を開始している。いきなり9月5日には、24〜44㎝までを一人2〜5匹という好釣果を記録。その後も、トップ5匹前後を記録する日が多い。


相模湾のアマダイ開幕! 50cm級の大型チャンス(冲右ヱ門丸)

相模湾のアマダイ開幕! 50cm級の大型チャンス(冲右ヱ門丸)

おっとり顔の海の貴婦人アマダイ釣りが各地で始まった。いち早く9月に乗合い出船を開始した茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」では、のっけからトップ2桁に迫る好釣果を連発している。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読