沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

アマダイに関する釣り記事


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

冬の本格シーズンを迎え、相模湾エリアのアマダイが好調だ。アマダイ狙いで出船している平塚港「庄治郎丸」では、トップ2ケタ釣果も珍しくなく、40㎝オーバーの良型もコンスタントに釣れている。さらに50㎝オーバーの良型もけっこう上がっているのだ。


沖釣り専門誌が取材した【庄三郎丸】の釣り情報5選!

沖釣り専門誌が取材した【庄三郎丸】の釣り情報5選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【平塚港・庄三郎丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。キハダ、カツオ、シイラ、ヒラメ、アマダイなどがターゲット。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


タナと誘いがカギ! 平塚沖アマダイの仕掛けと誘いパターン(豊漁丸)

タナと誘いがカギ! 平塚沖アマダイの仕掛けと誘いパターン(豊漁丸)

アマダイ釣りで使われる竿は、オモリ60〜80号に対応した7対3調子の先調子。ゲームロッドやライト用が人気だ。この手の調子が誘いやすく、アタリもわかりやすい。長さは2〜2.4mぐらいが扱いやすいだろう。


LT&ディギングで楽しさ倍増! アマダイ仕掛け(庄三郎丸)

LT&ディギングで楽しさ倍増! アマダイ仕掛け(庄三郎丸)

ハリスはフロロカーボン3号。全長は2〜2.2m。下バリから80㎝〜1mぐらいのところに小型親子サルカンを介して、そこから枝スを出す。枝スの長さは25〜30㎝ぐらい。ハリはヒネリのないチヌバリの3〜4号。またはイセアマ、マダイなどチヌバリに形状が似たヒネリのないものを使う。


アマダイが開幕から釣れて好調! 仕掛けと釣り方(山天丸釣船店)

アマダイが開幕から釣れて好調! 仕掛けと釣り方(山天丸釣船店)

道糸の先にオモリを装着したテンビンをつなぎ、その先に仕掛けをつなぐ。アマダイ仕掛けはハリス3号、全長2〜2.2mの2本バリが標準仕様。ハリはチヌバリの3〜4号。


早くも特大50cmオーバーも出現! 相模湾のアマダイ(豊漁丸)

早くも特大50cmオーバーも出現! 相模湾のアマダイ(豊漁丸)

9月中旬ごろからアマダイをスタートさせる船宿が見られるようになった相模湾。平塚港「豊漁丸」もそのうちの一つで、9月17日からアマダイ乗合をスタートさせた。


潮具合を見極めてタナを調整! 絶品アマダイの釣り方(巳之助丸)

潮具合を見極めてタナを調整! 絶品アマダイの釣り方(巳之助丸)

どのエリアよりも早く開幕する東京湾口のアマダイ釣り! 今期も8月の終わりから船が出るようになり、滑り出しも好調とのことで、この釣りに詳しい久比里「巳之助丸」へ出撃。様子を伺ってきた。


平塚冲のアマダイが好調! 仕掛けからタナの合わせ方(豊漁丸)

平塚冲のアマダイが好調! 仕掛けからタナの合わせ方(豊漁丸)

相模湾では平塚港「豊漁丸」が9月の最初の週末からアマダイ船を開始している。いきなり9月5日には、24〜44㎝までを一人2〜5匹という好釣果を記録。その後も、トップ5匹前後を記録する日が多い。


相模湾のアマダイ開幕! 50cm級の大型チャンス(冲右ヱ門丸)

相模湾のアマダイ開幕! 50cm級の大型チャンス(冲右ヱ門丸)

おっとり顔の海の貴婦人アマダイ釣りが各地で始まった。いち早く9月に乗合い出船を開始した茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」では、のっけからトップ2桁に迫る好釣果を連発している。


早くもシーズン開幕! 東京湾口の絶品アマダイ(山天丸釣船店)

早くもシーズン開幕! 東京湾口の絶品アマダイ(山天丸釣船店)

久比里出船のアマダイ釣りが早くも開幕した! 久比里「山天丸釣船店」のアマダイ船は、8月23日の開幕初日にトップが7匹。16名中15名が本命を釣る好釣果を叩き出した。またそのサイズも中型が主体で、48㎝、43㎝というビッグサイズも飛び出した。これが、悪天候による長い中断があっての釣果だというからビックリだ!


まだまだチャンスあり! 大型好調! 東京湾のアマダイ【東京湾】

まだまだチャンスあり! 大型好調! 東京湾のアマダイ【東京湾】

この寒さもあってか、なかなか元気のある釣り物が少ない現在の東京湾にあって、ファンの間で盛り上がっているのがアマダイだ。良型主体にときに50㎝オーバーも。終盤戦ながら依然衰え知らず。そこで、2月8日、久比里「巳之助丸」から狙ってきた。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


釣る前に、食べる前に、アマダイという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、アマダイという魚を知ろう!

アマダイは、スズキ目キツネアマダイ科アマダイ属に分類される魚の総称。おもにインド太平洋の大陸棚を中心に生息する底生肉食魚である。日本では南日本近海で5種が見られ、このうちアカアマダイ、シロアマダイ、キアマダイの3種が重要な食用種となっている。


相模湾のアマダイ、今シーズンは良型が多いぞ!【相模湾】

相模湾のアマダイ、今シーズンは良型が多いぞ!【相模湾】

穂先を「ツツッ」と引き込まれアワセを入れると、これまでのゲストとは明らかに違う引き味。ドラグを締めすぎないよう注意しながら巻き上げると、澄んだ冬の海に泡を吹きながらピンク色の魚体が浮いてきた。


今シーズンはチャンス、高級魚アマダイが絶好調【相模湾・江の島沖】

今シーズンはチャンス、高級魚アマダイが絶好調【相模湾・江の島沖】

今回の取材釣行は、湘南片瀬港「島きち丸」のアマダイだ。「今年の相模湾は異常だよね」という会話が、アマダイ釣りを好む釣り人たちの間では、もはや挨拶がわりとなっている。それほどまでに釣れている相模湾のアマダイ。取材日のような好ましくない潮流でさえも凌駕してしまうのだろうか?


富山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

富山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

日本海は大荒れの季節だ。だが、富山湾内はちょっと様子が違う。季節風である西風を能登半島がさえぎり、なんと寒さはともかくとして、高出船率で冬絶品ターゲットが狙える。まさに、北陸の救世主的な釣り場なのだ。


マダイ・イシダイ・アマダイ、3魚種を一日で満喫【相模湾・葉山沖】

マダイ・イシダイ・アマダイ、3魚種を一日で満喫【相模湾・葉山沖】

葉山あぶずり港「秀吉丸」のタイ五目&アマダイリレーは、マダイ、イシダイ、アマダイの高級3魚種が狙える。年末年始にあるとウレシイ魚たちがバラエティー豊富に狙える贅沢な釣りだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読