MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マダコに関する記事

マダコに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
常磐エリア鹿島北沖のブランドタコが早くも解禁&絶好調!根掛かり少なく1kg前後良型安定釣果をキープしている。開幕初日に約10人のマダコフリークが集まり、いま流行りの2個餌木仕掛けでマダコを狙った!!
東京湾のエギタコゲームが絶好調!マダコといえば、2〜3杯釣れれば御の字だが、今年は連日ひとり10杯やそれ以上の好釣果を記録。ルアー船らしくタックルも自由。まずは手持ちのタックルでチャレンジしてみよう!!
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
東京湾でも一気に盛り上がってきている餌木タコ。取材した川崎「つり幸」では、釣り人のほとんどが竿釣りという日も。餌木タコ仕掛けは専用竿&餌木2個付け!ビギナーも大漁で竿独特の釣趣もバツグンだ!
アタリというアタリはない。引き味なんてのも全くないが、タコ釣りは楽しい。ユーモラスな姿態、食味だけでなく、アタリも引きもない釣趣もまたやってみると存外にオモシロイのだ!
6月から開幕している「長崎屋」のマダコ釣り。開幕から好釣果を記録しその後も好釣果を記録している。取材は開幕初日。コンスタントにアタるマダコを見て長崎船長は「しばらくは楽しめそうですよ」と話した。
葉山芝崎「正一丸」は5月1日からマダコ船を開始。シーズン開幕前の試釣を取材してきた。サイズはまちまち、キロ級の良型〜小型まじり!小型がまじっているのは今年も沸きがいい証拠!今シーズンも期待できるぞ!
相模湾・葉山沖のマダコ仕掛けは、手釣りのスタイルで狙う。道糸は渋糸の25号前後。テンヤはオモリとテンヤのボディが分離したタイプか一体化したタイプ。オモリの号数は50号。とにかく小突くことが釣り上げるコツ!
カレイ五目仕掛けは、各メーカーから発売されているアイナメ用などで十分。テンビンより上のジャラジャラ系の集寄は各自オリジナルだ。小型水中ライト、ブレード、タコベイトなどさまざまだが好みでよいだろう。
東京湾のマダコは初夏に開幕し、年末までがシーズンだ。本牧「長崎屋」は、途中で中断することなくシーズン中は狙い続ける、マダコにこだわりを持つ船宿だ。「ここ最近は2㎏前後の良型が多いですね。富岡沖はまだ500g前後の小型がいて、これは来年のシーズン初めに大型になって釣れるはずです」と、長崎昭船長は話す。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読