MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マダコに関する記事

マダコに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
初夏から夏にかけて、東京湾ではマダコ釣りのシーズンを迎える。今年も当たり年の期待大!盛期を迎える富津沖のマダコ釣りを紹介!
葉山芝崎港「正一丸」は、今年も5月からマダコを開始予定!試釣では、3時間ちょっとでトップ5杯!5人中4人が型を見る結果!テンヤ&餌木でも狙えるので好みのスタイルで!
今年も葉山沖のマダコシーズンが到来。葉山芝崎港「正一丸」は、東京湾の伝統的な手釣りスタイルでマダコがバタバタと釣れている!手軽に楽しめ、貸し道具も揃っているので、仲間を誘って出かけてみよう。
久比里「山下丸」のカサゴ乗合が3月23日に開幕!トップ30匹前後と順調な釣果が上がっている。アタリが多く老若男女楽しめるのが東京湾のカサゴ釣り!ゴールデンウィークにぜひおすすめしたい釣りだ。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
今シーズン好調な東京湾のマダコ。年末が近づいても数、型ともに好調維持。本牧の「長崎屋」は、毎年師走になると正月用のマダコを求める釣り人で賑わう。そのマダコ釣りスタイルの特徴を紹介しよう。
お正月用の食材として、欠かせないマダコ!東京湾では夏場から子ダコの湧きが良く、爆釣が継続!現在も2〜3㎏の良型まじりで、トップ6、7杯~ツ抜けすることも。東京湾のマダコ釣りは今がチャンスだ!
常磐エリア鹿島北沖のブランドタコが早くも解禁&絶好調!根掛かり少なく1kg前後良型安定釣果をキープしている。開幕初日に約10人のマダコフリークが集まり、いま流行りの2個餌木仕掛けでマダコを狙った!!
東京湾のエギタコゲームが絶好調!マダコといえば、2〜3杯釣れれば御の字だが、今年は連日ひとり10杯やそれ以上の好釣果を記録。ルアー船らしくタックルも自由。まずは手持ちのタックルでチャレンジしてみよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読