MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

リレー釣りに関する記事

リレー釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
完全に乗っ込み!コンスタントに大型が上がっている剣崎沖のマダイ。剣崎間口港の仕立船「孫武丸」では、出船の度に3~5㎏前後の大型を上げている。剣崎沖から目が離せない!
新潟県上越・直江津沖の初夏の2大乗っ込み魚であるヒラメとマダイ。早くもヒラメが乗っ込み中だ。全国的に珍しい夜のヒラメ釣り。直江津沖の水深20〜30mでアンカーをうってのカカリ釣りで狙う。
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾のタチウオとアジ。鴨居大室港「福よし丸」では前半はタチウオ、後半はアジのリレー船で出船。。タチウオは数釣りが楽しめ、アジも安定の釣果が続いている。大きめのクーラー持参で遊びに行こう。
外房で釣れる寒サバの味は絶品!勝浦沖〜川津沖では、同時期にベストシーズンを迎えるヤリイカも狙える!贅沢なリレー釣りは、この時期限定の楽しみだ!
葉山あぶずり港「秀吉丸」冬場はリレー釣りがメイン。ヒラメ&アマダイのほか、コマセのタイ五目&アマダイのリレー釣りも出船中で、ターゲットは10目以上!それぞれの仕掛け、釣り方も紹介!
房総では周年狙えるオニカサゴ。潮の流れがキーポイントとなり、適度に流れれば季節に関係なく好釣果が期待できるターゲットだ。そのオニカサゴを柱に、フラッシャーサビキやシーズン真っ盛りのヤリイカとのリレー釣りを楽しませてくれるのだ。
外房・豊浜港の船宿では、イカ、ムツ、オニカサゴ、メダイのなかから、最初に予約をした人のリクエストによって組み合わせたリレー船で出船する。ヤリイカが十分すぎるほど釣れている最近の状況で、このリレー船はおもしろい。
一日を前、後半に分けて複数の魚種を狙うリレー釣り。片貝港「二三丸」のリレー釣りでは、一風変わった釣り物を狙うと聞く。ヤリイカとキンメダイを狙う通称「ヤリキン」リレーだ。
東京湾・剣崎沖の船宿では「マダイとヤリイカ」、そんな豪華ターゲットのリレー釣りもできてしまう。それだけでも嬉しいが、さらに釣ったヤリイカをエサにする「ヤリイカの泳がせ」も同時にできてしまうのだから、欲深い釣り人には持って来いだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読