MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

川津沖に関する記事

川津沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
「源泉丸」では、クロムツ、アラともに200号のオモリを使用する。そのため、竿は200号のオモリに対応した先調子がオススメだ。
更新: 2018-12-18 01:03:49
晩秋にさしかかり、外房のひとつテンヤマダイが好調になってきた。「このところ中ダイ、大ダイまじりで、いい感じに釣れています」と取材時に話していたのは川津「とみ丸」の吉清紘生・若船長。
更新: 2018-10-18 01:19:42
外房・川津沖のひとつテンヤマダイは、秋口からたびたび好釣果を記録している。アタリが多いときは2〜5㎏の大ダイ、中ダイが取り込まれているほか、ヒラマサやワラサなどの青物もまじっている。
更新: 2018-10-01 01:12:32
陸上は残暑が厳しくまだ夏のようだが、海の中は少しずつ秋へと季節が移り変わりはじめたようだ。千葉・外房で、マダイが好調に釣れ始めたのだ。
更新: 2018-08-03 01:04:53
年明け早々にはイワシに付いた大ダイフィーバーに沸いた外房・川津沖の一つテンヤマダイ。6月初旬の時点では、青物や根魚といった嬉しいゲストまじりで楽しめている。
更新: 2018-05-23 03:58:11
早春の時期から開幕している外房のヤリイカ。4月に入ると絶好調。パラソル級の大型主体に数釣れている。
更新: 2018-04-24 06:06:38
外房・川津沖のマダイが早くも乗っ込みの様相を呈している。3月中旬の取材では6.2㎏、取材後も5㎏や特大8㎏クラスなど大型が続々とキャッチされ、2~3㎏級の中ダイも多数取り込まれている。
更新: 2018-03-25 19:53:52

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読