ショウサイフグに関する釣り記事


「ショウサイフグ」の寿司…小才フグじゃない。大才フグだ!

「ショウサイフグ」の寿司…小才フグじゃない。大才フグだ!

都心のお庭が立派なホテルに数日泊まった。サザンカがキレイだった。優雅だなと思われそうだが、仕事がらみで楽しくもなんともない。ボクにはなかなか春はやって来ない。こんな寒々しい時はなんといってもフグを食べるに限る。特に、安くておいしいショウサイフグがいい。いただきものの超新鮮なものならもっといい。


あなたはショウサイフグ狙い? それともマダコ狙い?【常磐鹿島沖】

あなたはショウサイフグ狙い? それともマダコ狙い?【常磐鹿島沖】

テクニカル、そして美味なことで人気のショウサイフグ釣り。鹿島沖のフグはとくに良型ばかり釣れることで知られる。そこに、今期から突如サイドメニューが加わった。それはマダコだ。フグポイントでフグを釣りたい人はカットウ仕掛けでそれを。マダコがほしい人はタコ餌木を使って釣る。どちらを釣るかは釣り人の好み。


味もピカイチ!  大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

味もピカイチ! 大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

さむーい冬には、体がぽかぽかになる料理、鍋はいかが! その代表魚と言えば、フグ。カワハギと同じくエサ取り名人のフグ。食わせで釣れなきゃ、引っかけろ!そこまでしても、この時期、釣って食べたい大原沖の絶品ショウサイフグ。さあ、みんなでぽかぽかになりましょう!!


大型ショウサイフグを数釣りたいならココだっ!【常磐・鹿島沖】

大型ショウサイフグを数釣りたいならココだっ!【常磐・鹿島沖】

食べておいしいフグ。一度味わえば、その絶品さで幸せになること間違いなし。沖釣り師は、そんなフグをたくさん釣って食べることができる! この機会にぜひ、フグ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。


これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

ヒラメとショウサイフグ、ここではリレー釣りで絶好調の2魚種をぜいたくにゲットできるぞ。さぁ、大原沖へ行こう。


大原沖のショウサイフグ、良型主体に数釣れてます!【大原沖】

大原沖のショウサイフグ、良型主体に数釣れてます!【大原沖】

10月から解禁した大原沖のショウサイフグが好調だ。このところトップ50〜70匹前後の数釣りが続いているが、今シーズンの大原沖の魅力は数だけでなく、その型の良さがあげられる。


鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

冬が近づきつつある今日この頃、いよいよ鍋が旨い季節がやって参りました。魚が主役の旨い鍋は色々とありますが、ショウサイフグの鍋は特に激ウマです。さぁ、調達だ。大海へ出よう!


大原沖のショウサイフグ、開幕ダッシュ!【外房・大原〜太東沖】

大原沖のショウサイフグ、開幕ダッシュ!【外房・大原〜太東沖】

今期も大原沖のショウサイフグがスタート! まずまずの滑り出しを見せたとのことで、当地におけるこの釣りのパイオニア的な船宿「敷嶋丸」へおじゃまして様子を伺ってきた。


東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】

東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】

いまや各地で人気上昇中のフグ釣りだが、そのルーツは東京湾だ。エビエサを付けたカットウ仕掛けで丁寧に誘ってフグを寄せ、微妙なアタリを取ってアワせる東京湾のカットウ釣りはゲーム性が高く、根強い人気がある。そのフグ乗合に周年出船しているのが金沢八景の「野毛屋」だ。久しぶりの湾フグ釣り。楽しみだ!


ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

外房大原沖のショウサイフグが10月に解禁になった。約5カ月間禁漁でポイントを休めたおかげで、初期は特に良型が数釣れる時期だ。制限匹数である80匹に到達するのも珍しくなく、初心者でも30匹、40匹とまとまった数を釣るのが可能なのも、このショウサイフグ釣りなのである。


実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

捕らぬ狸は重々承知だが、今回ばかりは釣行後の計算をした。人にあげても喜ばれるし、冷凍保存も利くから自家消費もよし、の狙いは飯岡沖のショウサイフグ。ほぼ連日制限尾数の80匹をクリアしている。モチベーション激高で、向かった先は飯岡港の「龍鳳丸」だ。


四季を問わず楽しめる東京湾のショウサイフグ【東京湾】

四季を問わず楽しめる東京湾のショウサイフグ【東京湾】

ほぼ周年楽しめる東京湾のショウサイフグだが、人気が高いのは春と秋だ。春には産卵で浅場に来た良型、秋には当歳魚の群れが固まり数釣りができる。夏場はちょうど端境期になるが、10m足らずの浅場で横走りするフグの小気味良い引きを楽しもうと向かったのは、金沢八景「野毛屋」のフグ乗合だ。


良型多く釣りごたえ抜群! 手軽に楽しめるショウサイフグ【飯岡沖】

良型多く釣りごたえ抜群! 手軽に楽しめるショウサイフグ【飯岡沖】

大型船が並ぶ飯岡港より出船した。初めて挑戦するカットウ釣りで、アオヤギをエサに、2本のカットウバリでエサ取り名人のフグを迎え撃つ。ズシッと手応えを感じさせるフグは水を吸い込み、プッ、プク、プーと膨らんだ。フグの姿を見ると、思わず頬が緩み、福々しい顔になる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読