MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ショウサイフグに関する記事

ショウサイフグに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ショウサイフグ仕掛けはカットウ仕掛け25〜30号。オレンジ系、グロー系に実績がある。掛けバリは長短2つ付けるといい。根周り主体なので、予備の仕掛け、予備の掛けバリを準備しておこう。
更新: 2019-01-20 22:00:00
福(フグ)を釣って、めでたい(タイ)! そんな縁起の良いリレー船がある。飯岡港「龍鳳丸」のショウサイフグ&テンヤマダイのリレー船だ。
更新: 2019-01-11 00:55:19
ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。
更新: 2018-12-25 00:49:28
鹿島沖のショウサイフグが依然好調を維持している。寒い冬といったら鍋。身体じゅうが暖まり、家族だんらんで楽しく味わうことができる鍋のネタには最高の食材だ。「鹿島北沖のフグを狙ってます。フグの反応を見つけて釣るからね。底に仕掛けを落としたらすぐアタリが出るから、軽くシャクるだけで掛かるよ」とは、鹿島「豊丸」の出頭豊一船長。
更新: 2018-12-25 00:48:55
80、76、80…。これは、大原「敷嶋丸」のショウサイフグ船の、このところのトップの数だ。台風三連発の影響を受けた日を除けば、軒並みこんな好釣果がアップされている。古くから、ショウサイフグ釣りで名を馳せる大原沖。好釣果が続くのは、ショウサイフグが集まる好条件が整っているということだ。
更新: 2018-11-26 04:11:36
タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。
更新: 2018-11-09 00:52:08
ショウサイフグの一級ポイントとして名を馳せる外房・大原沖が9月1日に解禁した。
更新: 2018-10-25 01:03:51
ほぼ周年楽しめる東京湾のショウサイフグ釣り、いわゆる「湾フグ」だが、とくに人気が高いのは初夏と秋のシーズン。初夏には産卵で浅場に集まる良型、秋には当歳魚などの中、小型主体に群れが固まり数釣りができる季節だ。
更新: 2018-09-05 00:57:39
周年狙え、すっかり人気の釣り物になった常磐のショウサイフグ。特に手軽な道具で釣ることができ、ジャンボサイズが多くまじるのが鹿島沖の特徴だ。今回は夏フグシーズンに突入した鹿島港の「豊丸」へとお邪魔した。
更新: 2018-08-27 01:04:05
ショウサイフグの凄まじい爆釣だった。大貫沖で群れを探していた金沢八景「野毛屋」の黒川健太郎船長から「これは絶対にすぐ食うよ」のアナウンスが出る。。沖揚がりまでフグの食いは衰えず、トップは120匹、2番手112匹と束越えの釣果となった。
更新: 2018-08-23 01:06:16

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読