MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ショウサイフグに関する記事

ショウサイフグに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
外房・大原沖テンヤマダイが好調!釣りやすい浅場はアタリ多くゲストも多彩!水深のある場所を狙えば良型の期待もある!!ビギナーからベテランまで飽きずに楽しめるぞ!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
日立久慈沖のテンヤマダイは、昨年から中小型の数釣りが楽しめている。ハナダイ、ホウボウ、ショウサイフグ、カサゴ、アイナメ、ウスメバル、など多彩なゲストも魅力だ!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾のフグ釣り〝湾フグ〟が好シーズン!!金沢八景「野毛屋」では、ショウサイフグとアカメフグの両狙いで好釣果を連発中!トラもまじって美味フグアラカルトだ!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
外房 大原沖のショウサイフグが右肩上がりで釣果を伸ばしている!大原港「敷嶋丸」では、深場ポイントの良型主体にトップが規定数の80匹に達する釣果も飛び出している!
つり丸ちゃんねる
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸定期購読