マアジに関する釣り記事


乗っ込み本格化! 究極絶品のマアジを釣るなら今だ!(小金丸)

乗っ込み本格化! 究極絶品のマアジを釣るなら今だ!(小金丸)

東京湾のマアジ。もうすっかりブランド化されている。湾内のアジは、金アジ・黄金アジとも呼ばれ、その魚体は金色もしくは薄く紫かかっている。脂ののりはもちろん、そのうまみを一度味わってしまうと、誰もが虜になってしまう。


クーラーボックスを脂の乗った良型アジで埋めよう!【相模湾東部】

クーラーボックスを脂の乗った良型アジで埋めよう!【相模湾東部】

相模湾で安定してアジの好釣果が記録されているのが相模湾東部一帯。なかでも城ヶ島沖周辺では連日、トップで40匹台から50匹台の釣果が出ている。


夏ビシアジ絶好調、ここなら数釣れる!【東京湾・猿島沖〜久里浜沖】

夏ビシアジ絶好調、ここなら数釣れる!【東京湾・猿島沖〜久里浜沖】

東京湾内のマアジがいま絶好調だ。各船宿のホームページを見れば、数釣れているのが一目瞭然。まさに今年はマアジ当たり年。マアジは初夏から夏に産卵期を迎えるので、いまが旬。当たり年に加え乗っ込み期が重なるので、確実釣果も〝お約束〟である。


春パターン突入! 金沢八景沖のLTアジ【金沢八景沖】

春パターン突入! 金沢八景沖のLTアジ【金沢八景沖】

入門者はもちろん、女性や子供でもラクに扱えると、看板にあげる船宿が増え続けているLT(ライトタックル)での釣りだ。


「マアジ」の寿司…殊更に脂が乗っているわけではないが味が濃い

「マアジ」の寿司…殊更に脂が乗っているわけではないが味が濃い

三月が別れの季節なら四月は出会いの季節である。『市場寿司』の常連さんが新入社員の若い女性を連れてきて、たかさんがニコニコとうれしそう。ボクだって浮き浮き、楽しい気分になる。夕暮れどき釣り名人お手製のアジの開き干しで、ハワイのビールをやる。ちょっと贅沢で、ちょっと華やかな味が別れの痛手を癒やしてくれる。


チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

各地で人気のアジ釣り、初心者からベテランまで楽しめる釣りだが、なかでも固定ファンが多い釣り場といえばここ走水沖だろう。浦賀水道を流れる速潮から付いたとも言われる「走り水」、走水の大アジは九州関アジに優るとも劣らない美味で知られている。その大アジを狙って走水港へと向かった。


好調続きの東京湾のマアジ、半日船で楽しめる【東京湾・猿島沖周辺】

好調続きの東京湾のマアジ、半日船で楽しめる【東京湾・猿島沖周辺】

ゴールデンウイークの釣行にオススメの釣りとして紹介するのが、新安浦港出船の猿島沖周辺を狙うアジ。猿島沖のアジは、早春の時期から好調が続いている。「絶好調のピークは過ぎたと思います」と、今回取材した新安浦「長谷川丸」の岩瀬正紀船長は言うが、それでも半日でトップ50匹前後の日が続き、時にはトップ60匹以上の日もあるのだ。


手軽でおいしい! 走水~猿島沖のマアジ【東京湾・走水〜猿島沖】

手軽でおいしい! 走水~猿島沖のマアジ【東京湾・走水〜猿島沖】

知名度が高く、身近な存在のマアジ。お手軽でありながら、やり込んでいくほどに奥は深く、ビギナーからベテランまで幅広い層に楽しまれているターゲット。そのアジ独特の小気味良い引きを楽しもうと3月11日に走水港「政信丸」へと釣行に出た。


安定感抜群! これから春の絶好機、瀬ノ海のマアジ【相模湾・瀬ノ海】

安定感抜群! これから春の絶好機、瀬ノ海のマアジ【相模湾・瀬ノ海】

厳しい寒さが徐々に和らいだ2月、春の釣りが待ち遠しい時期だ。沖釣りの定番魚種である相模湾のアジ釣りもこれからいい時期を迎える。越冬したアジが産卵準備のために活発な食いを見せる、春アジのシーズンだ。ひと足早い春を感じに、大磯港に向かった。


相模湾・瀬ノ海のマアジはこれからが最もいい! 【相模湾・瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のマアジはこれからが最もいい! 【相模湾・瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のアジが今年も堅調だ。海況さえよければスソでも二ケタ釣果はカタく、トップは30〜50匹台と順調に推移している。取材日の翌日は、トップが70匹を超えたほど。サイズは30㎝台後半が多く、ときには40㎝クラスも顔を出すという。


片貝沖のハナダイ五目、ハナダイのほか大型アジも好調!!【片貝沖】

片貝沖のハナダイ五目、ハナダイのほか大型アジも好調!!【片貝沖】

アミコマセを使うハナダイ五目。この釣りのいいところは、コマセで魚を寄せるので手軽に数が釣れ、いろいろな魚が釣れること。しかも、狙う水深が浅く手返しも楽。また水温が低いこの時期に釣れる魚は、食べてもとても美味しいのだ。


水温低下も元気いっぱい、東京湾の大型激うまアジ【東京湾】

水温低下も元気いっぱい、東京湾の大型激うまアジ【東京湾】

いや〜今年の冬は寒いですね〜。たまの休みに釣行を予定していても季節風がビュンビュンと吹くし…。でもこんな時にも出船率抜群で、釣果が安定している頼もしい味方が東京湾のアジ釣りだ。湾内だけに多少の風なら出船できるし、寒い季節でも比較的数釣りが期待できる。


 城ヶ島沖のマアジは超安定かつ絶好調だっ!【城ヶ島沖】

城ヶ島沖のマアジは超安定かつ絶好調だっ!【城ヶ島沖】

寒いのをガマンして釣りに行くんだから、かなりカタイ釣りで釣り納めにしたい、もしくは初釣りにしたいですよね。でも、少し夢があるって言うか、一発に賭けたい気持ちもあって、結局何を釣りに行こうか迷っちゃう。カタイのを取るか、夢を取るか。そんな欲張りな人にオススメなのが、小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目だ。


寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒い季節は釣りに行くのもつい、おっくうになりがちだが、寒いからこそ美味しい魚が釣れる季節でもある。その一つが都心から近くの東京湾口で釣れる冬のマアジである。


只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

冬の到来と共に、その身に良質な脂を蓄えて美味しくなっていく魚たち。とりわけ東京湾のマアジは、そのうまさが倍増する! と評判で、こぞって太公望たちが仕留めに出掛けている。


美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】

美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】

マアジがべらぼーに美味いのはもちろんのこと、それに加えて、卓越した観察眼、緻密な戦略、確かなテクニックなどが要求されるアジ釣りは、ゲームとして、レベルが高く攻略のしがいがある。だから面白い。


ランキング


>>総合人気ランキング