MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マアジに関する記事

マアジに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
前半はコマセ五目でお土産を確保し、後半のんびりアマダイを狙う。そんなゼイタクなプランが楽しめるのが内房・富浦港の仕立船だ。真冬の一日を仕立てで各種リレー釣りなど楽しんでみよう!
関東アカムツ釣り先端情報発信地のポジションを確立したとして過言ではない「カンネコ根」。そんなアカムツ釣りに鉄板ギミックでのゼロテン釣法で挑む!的確なタックル&釣法で臨めば連発、二桁釣果も期待大だ!
極上美味アラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
東京湾・鴨居沖〜久里浜沖では、水温が下がるこの時期でもかなりいいサイズのアジが釣れる。いつが旬だかわからないぐらいに脂の乗りは最高だ。さらに、40㎝オーバーのマサバも多く、こちらもまた脂が乗り乗りだ。
横浜磯子をベースに独自のルアーゲームを展開している「釣福丸」。季節ごとに細かく看板ゲームが変わるが、秋から冬にかけてはとくにおすすめの釣り物がある、という。
美味しいターゲットがいっぱいの秋本番の沖釣りだが、手軽に楽しむなら東京湾のLTアジ&イシモチのリレー船でキマリ! なんたって、同じタックルで両魚種が狙えるし、釣り方もイージー。そして何よりただいま絶好調で、ビギナーや子供でもお土産が確実に釣れ、楽しまれているのだ。
「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。
東京湾のマアジ。もうすっかりブランド化されている。湾内のアジは、金アジ・黄金アジとも呼ばれ、その魚体は金色もしくは薄く紫かかっている。脂ののりはもちろん、そのうまみを一度味わってしまうと、誰もが虜になってしまう。
相模湾で安定してアジの好釣果が記録されているのが相模湾東部一帯。なかでも城ヶ島沖周辺では連日、トップで40匹台から50匹台の釣果が出ている。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読