三浦半島に関する釣り記事


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


速潮のなか良型ビシアジ主体の釣りを楽しむ!【三浦半島】

速潮のなか良型ビシアジ主体の釣りを楽しむ!【三浦半島】

観音崎沖へ走ると、次第に船団が見えてきた。あちこちでサバが激しく胴震いする。こちらも投入するとサバの嵐だが、次第にアジが口を使い始めた。釣れ上がるのはいずれも25㎝以上で、幅広の黄色味がかった魚体! じつに美味しそう。


乗っ込み気配濃厚だ! 大ダイに備えて挑もう!【三浦半島・剣崎沖】

乗っ込み気配濃厚だ! 大ダイに備えて挑もう!【三浦半島・剣崎沖】

近郊のコマセマダイの一大ポイントである剣崎沖・松輪瀬。毎年4〜6月は大型マダイが乱舞することで人気のエリアだ。早い年は3月中旬ごろから乗っ込みの気配を見せていたが、今年は遅れ気味。冬場の厳冬期でも食い続いていたのが影響したのか、今年はなかなか兆候を見せなかったが、3月終わりになってようやく気配が出てきた。


剣崎沖でカサゴが、どえらいことになっとるよ!【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖でカサゴが、どえらいことになっとるよ!【三浦半島・剣崎沖】

剣崎と言えば、松輪瀬の乗っ込みマダイが最盛期に突入し大型マダイ狙いでにぎわっているが、その一方で静かにアツイ釣りが展開されている。それがこのカサゴ釣りだ。


大型シーズン到来! 今のマダイは激ウマだぜ!!【三浦半島・剣崎沖】

大型シーズン到来! 今のマダイは激ウマだぜ!!【三浦半島・剣崎沖】

三浦半島・剣崎沖のマダイはこの冬から春の低水温下でも順調な食いを見せていた。


超大型マルイカの群れが期待できる!【三浦半島・久里浜~剣崎沖】

超大型マルイカの群れが期待できる!【三浦半島・久里浜~剣崎沖】

3月中旬に開幕した久里浜〜剣崎エリアは例年にないほどの大型マルイカで盛り上がっている。


剣崎沖のワラサは良型主体でアタリ活発!【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のワラサは良型主体でアタリ活発!【三浦半島・剣崎沖】

今季のワラサはサイズがいい。釣れるのは3㎏以上の本物のワラサばかり。5㎏クラスのもいる。ワラサが開幕して少しすると、イナダの群れも入ってきて、ワラサ、イナダ混成で釣れることも。さらに、青物シーズンはマダイの活性も上がり、太いハリスでも食ってくることも多い。こちらも楽しみだ。


秋カワハギはこう楽しめ! 小網代沖編【三浦半島・小網代沖】

秋カワハギはこう楽しめ! 小網代沖編【三浦半島・小網代沖】

カワハギの人気エリア、三浦半島先端部でも順調なスタートを切った。小網代港「丸十丸」では、トップ20枚前後、いい日で40枚前後と、安定感のある釣りを展開している。


正真正銘のワラサだ! 引き味、食味共に◎【三浦半島・剣崎沖】

正真正銘のワラサだ! 引き味、食味共に◎【三浦半島・剣崎沖】

ここ数年は7月初旬に開幕を迎えることが多かった剣崎沖のワラサだが、今年は7月末にスタートを切った。これでも十分早い釣れ出しだが、今年の特徴はとにかくサイズがいいことがあげられる。3㎏オーバーがレギュラー。4㎏以上、もっと大きいのもいる。まさに正真正銘のワラサが、絶好の食いを見せているのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング