MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

三浦半島に関する記事

三浦半島に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
春に開幕するメバル釣りはいろいろな釣り方で楽しめるのが魅力!短時間で数釣りも可能。三浦半島・浦賀〜久里浜沖では、コマセメバル&アジで欲張りリレー釣りを楽しめる。違いは仕掛けとエサ、道具は共通!
更新: 2019-02-11 12:00:00
シャクった竿先にズシン! 餌木イカ釣りの面白さはこの瞬間。釣り人の竿は大きく曲げられている。ときおりグイグイと引っ張るのがアオリイカの特徴。オレンジの餌木を抱いて取り込まれたイカは800gの良型!
更新: 2019-02-05 12:00:00
仕掛けはL‌Tマダイ用のテンビンにビシ40号、1.5~2㎜のクッションゴムを1‌mつける。ビシはプラビシ、アンドン、ステン缶など。ロッド、リール、キーパーほか、テンビン、ビシまで無料でレンタル可能
更新: 2019-01-19 03:00:00
ックルは2m前後の6対4から7対3調子のロッドに、小型両軸または小型電動を組み合わせる。ロッドは慣れた人は軟らかいものでもいいが、慣れない人は7対3調子ぐらいが使いやすい。
更新: 2019-01-07 00:57:29
竿は1.5~1.8mほどのヤリイカ専用竿が基本。ヤリイカは繊細な乗りの感触を竿先を見て掛けていくので、先調子で穂先感度が優れたものがいい。アタリを取ってしっかりと竿先を見ることも重要だが、穂先感度がよければ乗りをより確信できるようになる。
更新: 2018-11-26 04:08:59
カツオは慣れない人でも遅れずに投入さえすれば誰でも何本か釣ることができる。ただし、細かく考えると色々と差が付いてくる。今回はカツオ釣りの細かいポイントをまとめてみよう。
更新: 2018-10-22 01:04:55
ロッドはビシ80号に適合したマダイ、ワラサ用ほか、遠征五目用などを用いる。今シーズンのワラサは大型が多いので、マダイ竿を使用する場合も、腰の強い硬めの竿を選ぶといいだろう。リールは中小型電動リール。道糸はPE4号以上で。PEは傷がついていたり、ほころんでいるようなものはやり取り中に切れることもある。
更新: 2018-10-15 00:58:09
ヤリイカの季節っていつだっけ? と思うことが多くなった。例年、秋の声を聞くころから釣れだすが、今シーズンは8月から好調に乗っている。そしてそのシーズンも4月ごろまでと、実に長い期間釣れるターゲットとなった。
更新: 2018-09-11 01:00:05

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読